377件中 71 - 80件表示
  • 集団墓地

    集団墓地から見たコレラコレラ

    伝染病でも、極めて感染性が高く死亡率も高いもの(ペストやコレラなど)などでは、都市部を中心に爆発的な感染を見せ、都市周辺部の墓所は飽和する。加えて、遺体処置が不十分であった場合には、更にそこから病原体が撒き散らされるなど、被害を拡大させる要因ともなった。集団墓地 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールト

    ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールトから見たコレラコレラ

    ポンペは文久2年11月1日(1862年12月21日)に日本を離れるまでの5年間、科学の基礎知識もない学生達に一人で医学全般を教え、61名に対して修了証書を出している。また教育の傍ら治療も行い、その数は14,530人といわれている。特に安政5年(1858年)に長崎市中で蔓延したコレラの治療と予防には多大な功績を挙げた。さらに天然痘の予防にも尽力し、牛痘苗を大量に作成して、全国に流布した。安政6年(1859年)には人体解剖を行い、このときにはシーボルトの娘・楠本イネら46名の学生が参加した。ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールト フレッシュアイペディアより)

  • コレラ菌

    コレラ菌から見たコレラコレラ

    。好アルカリ性で比較的好塩性の細菌である。1854年、イタリア人医師フィリッポ・パチーニ(Filippo Pacini、1812年 - 1883年)によって発見された後、1884年にロベルト・コッホがこれとは独立にコレラの病原体として発見した。しばしば誤解されるが、コレラ菌のすべてがコレラの原因ではなく、200種類以上の血清型に分類された中の「コレラ毒素を産生するO1型もしくはO139型のコレラ菌」が、ヒトに感染してコレラの原因になる。O1型は古典型とエルトール型に分類される。また、これ以外のコレラ菌もヒトに感染して食中毒の原因になる。いずれも主に河川や海などの水中に存在する生きた菌が、その水や付着した魚介類を介してヒトに経口的に感染し、その腸内で増殖して、糞便とともに再び河川等に排出されるという生活環で生息している。コレラ菌 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン万国博覧会

    ウィーン万国博覧会から見たコレラコレラ

    会期中の観客は725万人が見込まれていたが、開幕直後に発生したウィーン証券取引所の暴落に端を発する大不況とコレラの流行で観客数はこれに届かなかった。しかし展覧会はウィーンの都市インフラ整備を大いに進めた。プラーター公園に残されていた大パビリオンは1937年に焼失し、現在は跡地にウィーン見本市会場(メッセ)が建つ。ウィーン万国博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ラン

    ウィリアム・ランから見たコレラコレラ

    1869年3月3日、コレラと赤痢により死去。ウィリアム・ラン フレッシュアイペディアより)

  • 金子安次

    金子安次から見たコレラコレラ

    山東省臨清県の臨清には第59師団隷下の独立歩兵第44大隊が駐留していた。1943年9月に運河にコレラを撒いて堤防を決壊させたと証言している。「44大隊長広瀬利中佐から、衛河堤防を破壊し解放区を埋没させてコレラ菌を散布せよ、との命令を受けた。当時、重機関銃小隊長小島少尉ら8名は破壊を行い、ほかの者は堤防を守っているかのように装っていた。当時、私は重機関銃分隊上等兵で、その破壊活動に参加し、円匙で50センチ堤防を切り崩した。」金子安次 フレッシュアイペディアより)

  • 肥沼信次

    肥沼信次から見たコレラコレラ

    第二次世界大戦後、占領中のソ連軍が創設したドイツのウリーツェン(Wriezen)の伝染病医療センター初代所長となり、チフス・コレラなどの疾病対策に力を尽くす。だが自身もチフスに罹ってしまい、1946年3月8日、37歳で死去。死の直前、看護師に「桜が見たい」と言い残し、戦後ウリーツェンには日本から桜の木が贈られた。肥沼信次 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田正方

    藤田正方から見たコレラコレラ

    藤田 正方(ふじた まさかた、1846年(弘化3年)9月12日 -1886年(明治19年)9月9日)は明治期の医師。旧丸岡藩医。1880年(明治13年)東京薬科大学の前身である「私立東京薬舗学校」を創設し校長に就任したが、数年後コレラに冒され40歳で急逝した 。藤田正方 フレッシュアイペディアより)

  • 河村豊州

    河村豊州から見たコレラコレラ

    豊後国臼杵藩に仕える藩医・河村三達の次男。宮川家に養子入りしてはじめ宮川玄水と名乗り、日田の咸宜園に学んだのち鹿児島の開成所などで洋学と最新の医学を学ぶ。明治維新後、上京して海軍病院の軍医となるが、海軍に入った頃に河村姓に戻って名も豊州と改めている。その後、西南戦争や コレラの流行などに際して医師として活躍、順調に階級を上げて、日清戦争では連合艦隊軍医長として旗艦松島に乗艦して戦傷を負う。明治30年(1897年)には軍医として最高の地位にあたる軍医総監に昇進するが、同34年(1901年)には「後進の為進路を開く」として職を辞した。その後、あらゆる公職を断り続けて昭和8年(1933年)に85歳で死去した。死に際して、全ての財産の寄付を命じ、遺族もそれに従って財産のほとんどを医学界や博物館に寄贈したという。河村豊州 フレッシュアイペディアより)

  • サムエル・コッキング

    サムエル・コッキングから見たコレラコレラ

    1877年(明治10年)この年に流行したコレラの消毒薬として石炭酸を大量に輸入し、利益を得るサムエル・コッキング フレッシュアイペディアより)

377件中 71 - 80件表示

「コレラ」のニューストピックワード