573件中 71 - 80件表示
  • ヘンリエッテ・ゾンターク

    ヘンリエッテ・ゾンタークから見たコレラコレラ

    ゾンタークは1854年5月17日にメキシコシティーのイタリアオペラに雇われ、作詞のメキシコ国歌に初めて歌を付けた。1か月後、彼女はコレラに感染し、48歳でこの世を去った。彼女の最後の公演は死の14日前、ロッシーニの「」のデズデモーナ役であった。彼女はドイツの聖マリエンタール寺院に眠っている。ヘンリエッテ・ゾンターク フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ラン

    ウィリアム・ランから見たコレラコレラ

    1869年3月3日、コレラと赤痢により死去。ウィリアム・ラン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンチェンツ・フランツ・コステレツキー

    ヴィンチェンツ・フランツ・コステレツキーから見たコレラコレラ

    医師としては1830年のプラハでのコレラの流行時に貧しい患者のために働いた。子供がいなかったので資産を慈善活動に寄付した。ヴィンチェンツ・フランツ・コステレツキー フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・テオドール・フレデリック・コラドン

    ルイ・テオドール・フレデリック・コラドンから見たコレラコレラ

    ジュネーヴで生まれた。父親はアマチュア植物学者のジャン=アントワーヌ・コラドン(Jean-Antoine Colladon)である。モンペリエ大学で医学を学び、学んだ教師にはオーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールがいる。パリで医師を開業し、1822年にコレラが流行した時には治療に務めた.。ルイ・テオドール・フレデリック・コラドン フレッシュアイペディアより)

  • サルモー

    サルモーから見たコレラコレラ

    1885年にはコレラの流行によって大打撃を受け、ブドウ栽培を事実上壊滅させたブドウネアブラムシによって引き起こされた危機が追い打ちをかけ、これらのことはサルモーを経済的に追い込むこととなった。サルモー フレッシュアイペディアより)

  • 豚コレラ

    豚コレラから見たコレラコレラ

    豚コレラ(とんコレラ、)は、フラビウイルス科ペスチウイルス属豚コレラウイルスによる豚のウイルス性疾病であり、症状はコレラとは異なる。発熱し食欲減退、急性結膜炎を起こす。初期に便秘になったのち下痢に移行。全身リンパ節や各臓器の充出血、点状出血などが認められる。日本では家畜伝染病予防法において法定伝染病に指定されており、対象動物は豚、猪。アフリカ豚コレラ、トキソプラズマ症、急性敗血症型豚丹毒、オーエスキー病、豚繁殖・呼吸障害症候群との鑑別が必要である。日本では生ワクチンの使用が限定的に認められていたが、2006年3月にワクチン接種を完全に中止して摘発淘汰を基本とした防疫体制となり、2007年4月1日より国際獣疫事務局(OIE)の規約に基づき、日本は豚コレラ清浄国となった。豚コレラ フレッシュアイペディアより)

  • エウク

    エウクから見たコレラコレラ

    1709年から1710年に流行した疫病では、1300人が亡くなった。1831年にはコレラが蔓延し、人口の約1割にあたる300人が犠牲となった。1837年に約80人、1852年にも333人が命を落とした。エウク フレッシュアイペディアより)

  • ナターリア・プーシキナ

    ナターリア・プーシキナから見たコレラコレラ

    多くの躊躇の後、母ナターリアは1830年4月にプーシキンからの求婚を承諾したが、彼女は政府が自由思想の詩人を迫害するつもりはないことを知る前であった。ナターリアとプーシキンは1830年5月6日に公式に婚約し、結婚式の招待状を送った。コレラの流行のために結婚式は一年延期されたが、翌1831年2月に2人は結婚した。ナターリア・プーシキナ フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木中沢

    佐々木中沢から見たコレラコレラ

    著書には、女囚の生殖器を解剖した際に記述した『存真図腋』(ぞんしんずえき)、コレラの症状や予防法を記した『壬午天行病説』などがある。佐々木中沢 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雀巣庵

    吉田雀巣庵から見たコレラコレラ

    安政6年(1859年)8月24日コレラにて死去。家督相続の都合で、藩には27日没として届け出た。万延元年(1860年)3月25日、追薦のため七ツ寺で博物会が開催された。吉田雀巣庵 フレッシュアイペディアより)

573件中 71 - 80件表示

「コレラ」のニューストピックワード