377件中 81 - 90件表示
  • カール・シュミット (化学者)

    カール・シュミット (化学者)から見たコレラコレラ

    カール・シュミット(Carl Schmidt, 1822年 - 1894年)は、ドイツの化学者、医師。尿酸、蓚酸及びその塩、乳酸、コレステロール、ステアリンなどを含む多くの重要な生化学物質の晶癖を決定したことで知られる。筋繊維やキチンの分析も行った。また、動物と植物の細胞成分が化学的に似ていることを示し、カルシウム・アルブミネートの反応を研究した。さらに、アルコール発酵や代謝・消化の化学を研究した。シュミットは胃液中に塩酸を発見し、塩酸とペプシンの化学的相互作用を発見した。胆液と膵液の研究も行った。また、コレラ、赤痢、糖尿病、砒素中毒によって齎される血液中の化学変化について研究した。カール・シュミット (化学者) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・セジウィック

    ジョン・セジウィックから見たコレラコレラ

    南北戦争が始まると、セジウィックはワシントン方面軍の大佐および監察長官補として仕えた。初期の戦闘である第一次ブルランの戦いは、コレラに罹った後の快復期だったために参戦できなかった。1861年8月31日に准将に昇進し、ポトマック軍でサミュエル・P・ハインツェルマン少将師団の第2旅団指揮官となり、その後の半島方面作戦では第2軍団の第2師団を率いた。バージニア州では、ヨークタウンの包囲戦とセブンパインズの戦いに参戦し、グレンデイルの戦いで腕と足に負傷した。1862年7月4日に少将に昇進した。ジョン・セジウィック フレッシュアイペディアより)

  • レオン・デュリー

    レオン・デュリーから見たコレラコレラ

    ブーシュ=デュ=ローヌ県ラムベスク出身。マルセイユで医学を学んだ。1854年にフランスでコレラが大流行した時、多くの人の命を救い、中でもイタリア領事を危篤状態から回復させたことで有名になり、イタリア国王からは勲章を授与され、ナポレオン三世からも賞された。クリミア戦争では軍医として3年間従軍し、勲章を与えられた。レオン・デュリー フレッシュアイペディアより)

  • セザール・リッツ

    セザール・リッツから見たコレラコレラ

    1877年、セザールはモンテカルロのグランドホテルの支配人になると、1年で収益を倍にするなど敏腕を振るった。しかし、リビエラにコレラが蔓延し、客足はすっかり遠のいてしまった。このことが影響し、以降、セザールは偏執狂的と言って良いほど衛生面に厳しくなった。自身も多い時は1日に4回もスーツを着替えるほどだったという。セザール・リッツ フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼貞風

    菅沼貞風から見たコレラコレラ

    1888年7月、この頃、同じく南進論者であるジャーナリスト福本日南と知友となる。論文として著述した「大日本商業史」は豊富な史料を駆使しまとめられた日本の対外外交貿易史の詳説として知られ、その評価が高まったことから高等商業学校(現・一橋大学)の初代校長矢野二郎に同校教諭として迎えられる。だが、南進論を説きその実行に意欲を強く持っていた貞風は教諭職を半年で辞し、翌年4月に当時スペイン領であったフィリピン・マニラに渡った。日本領事館を足場にまず現地調査を行い、フィリピンの独立運動指導者ホセ・リサールとも会見するなどの活動の途上でコレラを患い現地で死去。享年25。マニラ郊外のイギリス人墓地に埋葬された。菅沼貞風 フレッシュアイペディアより)

  • 少彦名神社 (大阪市)

    少彦名神社 (大阪市)から見たコレラコレラ

    神農祭で授与される、五葉笹に吊るされた「張子の虎」(神虎)が有名である。1822年(安政5)、大坂でコレラが流行したが、道修町の薬種仲間が疫病除薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を調合し、少彦名神社の神前で祈祷して、罹患者(りかんしゃ)などに施した。そのときに合わせて、「張子の虎」を配布した。その丸薬の効能が高かったため、「張子の虎」の御守がよく知られるようになった。少彦名神社 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 亀田川

    亀田川から見たコレラコレラ

    しかし、年々土砂を運び港内を埋め、1877年(明治10年)ごろからコレラなど伝染病が出始めたので、西洋の近代的水道を作ることもあり、1883年(明治16年)に内務省に雇われていたオランダの土木技師ローウェンホルスト・ムルデル(Anthonie Thomas Lubertus Rouwenhorst Mulder)の提案と設計により、1888年(明治21年)、大森浜への転注を行い、亀田川掘割、のちの新川と呼んだ。なお、1889年(明治22年)には願乗寺川の埋め立ても完了している。亀田川 フレッシュアイペディアより)

  • 王勢籠神社 (上野原市)

    王勢籠神社 (上野原市)から見たコレラコレラ

    棟札に記された安政5年9月には江戸を中心にコレラが流行し、コレラを引き起こすと考えられていた悪霊を退散させると信じられていた狼信仰が流行しており、当社の狼信仰も武蔵御嶽神社の影響のもと成立したと考えられている。王勢籠神社 (上野原市) フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・ホミャコーフ

    アレクセイ・ホミャコーフから見たコレラコレラ

    ホミャコーフはコレラで永眠。彼が手当てしようとしていた農民から感染したものであった。アレクセイ・ホミャコーフ フレッシュアイペディアより)

  • 避病院

    避病院から見たコレラコレラ

    1876年、アモイから寄港したアメリカ海軍の船内からコレラが広まり、国内で爆発的な流行となった。日本では、既に江戸時代末期より、幾度と無く多数の死者を出す流行が見られており、早期対策の重要性を認識していた明治政府は、虎列刺病(コレラ)予防心得(内務省)とともに避病院仮規則(警視庁)を整えた。実際には、1878年頃から日本各地で避病院の設置が進められ、患者の収容・隔離体制が整えられた。避病院 フレッシュアイペディアより)

377件中 81 - 90件表示

「コレラ」のニューストピックワード