573件中 81 - 90件表示
  • ゲオルク・ハインリヒ・メッテニウス

    ゲオルク・ハインリヒ・メッテニウスから見たコレラコレラ

    フランクフルト・アム・マインの裕福な商人の家に生まれた。1841年にハイデルベルク大学に入学しで医学を学び、1845年に博士号を取得した。フランクフルトに戻り、国家試験に合格し、医師を開業した。フランクフルトの医師でゼンケンベルク博物館(Naturmuseum Senckenberg)の学芸員のゲオルク・フレゼニウスの影響を受け、植物の研究を始め、1846年からヘルゴラント島、ベルリン、ウィーン、アドリア海へ植物調査旅行を行った。1848年にハイデルベルク大学の植物学の教授となり、1850年にフライブルク大学の植物学教授となり、1853年からライプツィヒ大学の植物学教授とライプツィヒ大学の植物園の園長となった。植物学者のアレクサンダー・ブラウンの娘と結婚した。1868年のコレラの流行の犠牲となり没した。ゲオルク・ハインリヒ・メッテニウス フレッシュアイペディアより)

  • ラ・シャペル=デ=マレ

    ラ・シャペル=デ=マレから見たコレラコレラ

    町は、生活環境、衛生、医療の進歩を見る前に、幾度かの死に瀕する疫病流行にあった。1828年にはコレラが流行し、1870年の天然痘流行で69人が死に、1871年には65人が死んだ。1871年7月2日、コミューン議会は、罹患者の出た家屋を宗教活動家の責任で消毒することについて、多数決で是非を決めなければならなかった。ラ・シャペル=デ=マレ フレッシュアイペディアより)

  • 木庭二郎

    木庭二郎から見たコレラコレラ

    1945年に東京帝国大学を卒業し、大阪大学助教授等を経て、京都大学教授となる。1963年にコペンハーゲン大学のニールス・ボーア研究所教授となるが、1973年にコペンハーゲンでコレラにより客死。木庭二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 皇宮警察 (宮内省)

    皇宮警察 (宮内省)から見たコレラコレラ

    1890年(明治23年)8月、東京府内にコレラ発生のため、皇宮警察署に消毒所が設けられる。皇宮警察 (宮内省) フレッシュアイペディアより)

  • ストーク・マンデヴィル・ホスピタル

    ストーク・マンデヴィル・ホスピタルから見たコレラコレラ

    1830年代、イギリスでコレラが大流行したため、ストークマンデヴィルとアイルズベリーの2つの教区が資金を出し合いコレラ専門の病院が設置されたが、コレラは感染力が強かったため、両教区の境界に設置された。ストーク・マンデヴィル・ホスピタル フレッシュアイペディアより)

  • 枝吉神陽

    枝吉神陽から見たコレラコレラ

    1863年、コレラに罹った妻を看病するうち自身も罹患し、死去。享年41。墓所は佐賀市本庄町の高伝寺。枝吉神陽 フレッシュアイペディアより)

  • セントルイス墓地

    セントルイス墓地から見たコレラコレラ

    1820年にニューオーリンズの市議会は黄熱、コレラ、その他の邪悪な病気の感染が墓地から発せられる「毒気」によって拡散されたと信じて第1墓地よりも更に中心部から離れた敷地を探した。1823年8月に教会がフェンスに囲まれた敷地を埋葬地としてセントルイス第2墓地が開園した。を筆頭に、ジャズやリズム・アンド・ブルースのミュージシャンが数多く埋葬されている。セントルイス墓地 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの医療

    ウズベキスタンの医療から見たコレラコレラ

    一般的に見られる病気のほとんどは汚染された飲料水と関連のある症状である。腸チフス、肝炎、赤痢、コレラ、様々なガンがこれに該当する。死因の多くは心血管疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、感染症、寄生虫症となっている。ヒト免疫不全ウイルス (HIV) による国内のAIDS発症率は2002年以降急激に上昇しており、これは新政府の政策や薬物乱用の増加が原因として挙げられている。2004年に2,000件の新しい感染報告が見られた後、2005年には約5,600件の発症例が確認された。少なくとも感染例の3分の2は薬物使用との関わりが認められた。HIV感染者の国内分布において患者数が多いのはタシュケント及びアフガニスタンとの国境に近いスルハンダリヤ州の地域であった。ウズベキスタンを介した麻薬取引の拡大は都市部における薬物中毒者の増加につながっている。国内にはすでにHIVの治療及びカウンセリングを行う医療センターが設置されている。ウズベキスタンの医療 フレッシュアイペディアより)

  • モザンビークのHIV/AIDS

    モザンビークのHIV/AIDSから見たコレラコレラ

    モザンビークはHIV/AIDSの深刻な流行に直面しているが、これらに対する社会的対応は未だ十分に行き届いてはいない。2005年には、15歳から49歳までの成人のうちHIV感染の感染者が推定で16.1%にも達したとされる。この国におけるHIVの主要な感染経路は異性間の性交渉によるものである。その生理学的な構造の差異からHIV感染のリスクは男性よりも女性のほうが高いため、15歳から24歳の若い女性のHIV感染率は10.7%と推測されるのに対し、同年齢の男性の感染率は3分の1程度の3.6%である。なお、HIV感染者数が多いのは、移動の多い職に就く人々、売春を行う人々、主要な輸送路の近くに住む人々である。また、HIV/AIDSの蔓延による免疫不全患者の増大により、結核、マラリア、季節的なコレラの流行状況に一層の悪化が見られている。モザンビークのHIV/AIDS フレッシュアイペディアより)

  • サン・マルタ館

    サン・マルタ館から見たコレラコレラ

    1881年?1896のコレラ大流行の際、これがローマに迫る恐れがあったことから、1891年に教皇レオ13世はこの場所にサン・マルタ・ホスピスを建てさせた。コレラがローマで猛威を振るうことはなく、建物はその後ローマのボルゴやトランステヴェレ近郊の病者や巡礼者のためのホスピスとして使用された。1901年には電気が供給されるようになり、1902年には礼拝所も併設された。また、聖職者やスイス傭兵への医療も提供されるようになった。第二次世界大戦中には、イタリアと国交を断絶していた国からの難民やユダヤ人、外交官が利用していた。サン・マルタ館 フレッシュアイペディアより)

573件中 81 - 90件表示

「コレラ」のニューストピックワード