113件中 11 - 20件表示
  • コレラ

    コレラから見た中国

    アジア型は古い時代から存在していたにもかかわらず、不思議なことに、世界的な流行 (パンデミック) を示したのは19世紀に入ってからである。コレラの原発地はインドのガンジス川下流のベンガルからバングラデシュにかけての地方と考えられる。最も古いコレラの記録は紀元前300年頃のものである。その後は、7世紀の中国、17世紀のジャワにコレラと思われる悪疫の記録があるが、世界的大流行は1817年に始まる。この年カルカッタに起こった流行はアジア全域からアフリカに達し、1823年まで続いた。その一部は日本にも及んでいる。1826年から1837年までの大流行は、アジア・アフリカのみならずヨーロッパと南北アメリカにも広がり、全世界的規模となった。以降、1840年から1860年、1863年から1879年、1881年から1896年、1899年から1923年と、計6回にわたるアジア型の大流行があった。しかし1884年にはドイツの細菌学者ロベルト・コッホによってコレラ菌が発見され、医学の発展、防疫体制の強化などと共に、アジア型コレラの世界的流行は起こらなくなった。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た九州

    日本で初めてコレラが発生したのは、最初の世界的大流行が日本に及んだ1822年 (文政5年) のことである。感染ルートは朝鮮半島あるいは琉球からと考えられているが、その経路は明らかでない。九州から始まって東海道に及んだものの、箱根を越えて江戸に達することはなかった。2回目の世界的流行時には波及を免れたが、3回目は再び日本に達し、1858年 (安政5年) から3年にわたり大流行となった。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た路上生活者

    また、2001年 (平成13年) 6月?7月に、隅田川周辺に居住し、日常の煮炊きをはじめ生活用水として公園の身体障害者用トイレの水を利用し、隅田川で採れた亀を数人で調理して食用としていた路上生活者2名がコレラを発病し、2006年6月にも、路上生活者1名がコレラを発病した。いずれも、感染経路は明確でないが、国内で感染したと推測されている。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た低体温

    潜伏期間は5日以内。普通は2?3日だが、早ければ数時間である。症状が非常に軽く、1日数回の下痢で数日で回復する場合もあるが、通常、突然腹がごろごろ鳴り、水のような下痢が1日20?30回も起こる。下痢便には塩分が混じる。また、「米のとぎ汁」のような白い便を排泄することもある。腹痛・発熱はなく、むしろ低体温となり、34度台にも下がる。急速に脱水症状が進み、血行障害、血圧低下、頻脈、筋肉の痙攣、虚脱を起こし、死亡する。極度の脱水によって皮膚は乾燥、しわが寄り「洗濯婦の手 (指先のしわ) 」、「コレラ顔貌」と呼ばれる特有の老人様の顔になる。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見たペスト

    コレラ菌は、コンマ状の形態の桿菌で、鞭毛により活発に運動する。従来、アジア型 (古典型) とエルトール型が知られていたが、1992年に新たな菌であるO139が発見された。強い感染力があり、特にアジア型は高い死亡率を示し、ペストに匹敵する危険な感染症であるが、ペストと異なり、自然界ではヒト以外に感染しない。流行時以外にコレラ菌がどこで生存しているかについては諸説あり、海水中、人体に不顕性感染の形で存在する、あるいは甲殻類への寄生が考えられる。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た検疫所

    2007年 (平成19年) 6月1日から施行された改正感染症法においてコレラは三類感染症に分類された (事実上の格下げ) 。この変更に伴って、検疫法の対象病原体から除外され、空港・港湾検疫所では病原コレラの検出そのものが行われなくなった。コレラ菌の感染症の統計は医師 (医療機関) のみに公開されている。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見たサラダ

    経口感染であるため、飲食に気をつける。最大の感染源は患者の排泄物だが、通常の接触では人から人への感染の危険性は低い。不衛生な食材や調理環境で危険性が高く、流行地域ではアイスクリームや生もの (サラダや果物、十分加熱しない魚介類など) 、生水や氷 (凍った生水) は避け、また体調維持に努める。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た遺伝子

    不活化コレラ菌とリコンビナント (遺伝子組み替え体による製法) によるコレラ毒素のBサブユニット (毒素を構成する2つのタンパク質のうち、毒性がない方) を組み合わせたもの。ベトナムではこれを抜いた安価 ($0.1) なワクチンが使用されている。イナバとオガワ株の熱処理抗原、エルトール (イナバ) とオガワ株のホルマリン処理抗原の4抗原を含有する。病原性大腸菌139型に効果があるのは、毒素原性大腸菌 (ETEC) の毒素 (易熱性エンテロトキシン) がコレラ菌のそれと共通点が多いことによる。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た皮膚

    潜伏期間は5日以内。普通は2?3日だが、早ければ数時間である。症状が非常に軽く、1日数回の下痢で数日で回復する場合もあるが、通常、突然腹がごろごろ鳴り、水のような下痢が1日20?30回も起こる。下痢便には塩分が混じる。また、「米のとぎ汁」のような白い便を排泄することもある。腹痛・発熱はなく、むしろ低体温となり、34度台にも下がる。急速に脱水症状が進み、血行障害、血圧低下、頻脈、筋肉の痙攣、虚脱を起こし、死亡する。極度の脱水によって皮膚は乾燥、しわが寄り「洗濯婦の手 (指先のしわ) 」、「コレラ顔貌」と呼ばれる特有の老人様の顔になる。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見たジャワ

    アジア型は古い時代から存在していたにもかかわらず、不思議なことに、世界的な流行 (パンデミック) を示したのは19世紀に入ってからである。コレラの原発地はインドのガンジス川下流のベンガルからバングラデシュにかけての地方と考えられる。最も古いコレラの記録は紀元前300年頃のものである。その後は、7世紀の中国、17世紀のジャワにコレラと思われる悪疫の記録があるが、世界的大流行は1817年に始まる。この年カルカッタに起こった流行はアジア全域からアフリカに達し、1823年まで続いた。その一部は日本にも及んでいる。1826年から1837年までの大流行は、アジア・アフリカのみならずヨーロッパと南北アメリカにも広がり、全世界的規模となった。以降、1840年から1860年、1863年から1879年、1881年から1896年、1899年から1923年と、計6回にわたるアジア型の大流行があった。しかし1884年にはドイツの細菌学者ロベルト・コッホによってコレラ菌が発見され、医学の発展、防疫体制の強化などと共に、アジア型コレラの世界的流行は起こらなくなった。コレラ フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「コレラ」のニューストピックワード