126件中 51 - 60件表示
  • コレラ

    コレラから見たペルー

    だがアジア南部ではコレラが常在し、なお流行が繰り返され、中国では1909年、1919年、1932年と大流行があり、またインドでは1950年代まで持ち越し、いずれも万人単位の死者を出すほどであった。一方、エルトール型コレラは1906年にシナイ半島のエルトールで発見された。この流行は1961年から始まり、インドネシアを発端に、発展途上国を中心に世界的な広がりを見せており、1991年にはペルーで大流行が発生したほか、先進諸国でも散発的な発生が見られる。1992年に発見されたO139菌はインドとバングラデシュで流行しているが、世界規模の拡大は阻止されている。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た大腸菌

    WC/rBS: 商品名Dukoral®で1990年頃スウェーデンで実用化され、EUやカナダ、南アジア、中南米など各国で認可されている。接種後4ヶ月は旅行者下痢症の責任菌のひとつである、病原性大腸菌139型に対する予防効果も実証されている。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た寄生

    コレラ菌は、コンマ状の形態の桿菌で、鞭毛により活発に運動する。従来、アジア型(古典型)とエルトール型が知られていたが、1992年に新たな菌であるO139が発見された。強い感染力があり、特にアジア型は高い死亡率を示し、ペストに匹敵する危険な感染症であるが、ペストと異なり、自然界ではヒトを除いて感染しない。流行時以外にコレラ菌がどこで生存しているかについては諸説あり、海水中、人体に不顕性感染の形で存在する、あるいは甲殻類への寄生が考えられる。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た下水道

    神田下水 - 各地で下水道建設のきっかけとなったコレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た

    1858年(安政5年)における流行では九州から始まって東海道に及んだものの、箱根を越えて江戸に達することはなかったという文献が多い一方、江戸だけで10万人が死亡したという文献も存在するが、後者の死者数については過大で信憑性を欠くという説もある。1862年(文久2年)には、残留していたコレラ菌により3回目の大流行が発生、56万人の患者が出た。この時も江戸には入らなかったという文献と、江戸だけでも7万3000人〜数十万人が死亡したという文献があるが、これも倒幕派が政情不安を煽って意図的に流した流言蜚語だったと見る史家が多い。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た医療機関

    ワクチンは現在2種類が存在する。コレラが発生している、または発生する地域への渡航には後者のワクチン接種が賢明である。後者は国内未承認であるが、個人輸入に対応している医療機関で申し込むことにより接種可能である。また、現地の薬局で販売されている事もある。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た東海道

    日本で初めてコレラが発生したのは、最初の世界的大流行が日本に及んだ1822年(文政5年)のことである。感染ルートは朝鮮半島あるいは琉球からと考えられているが、その経路は明らかでない。九州から始まって東海道に及んだものの、箱根を越えて江戸に達することはなかった。2回目の世界的流行時には波及を免れたが、3回目は再び日本に達し、1858年(安政5年)から3年にわたり大流行となった。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た抗生物質

    抗生物質による治療は脱水症状の改善とは無関係である。Vibrio choleraeの菌体数を減らし、毒素産生を減らす。点滴治療と組み合わせてつかう。テトラサイクリン系抗生物質やクロラムフェニコールなどがこの目的で利用される。テトラサイクリン系抗生物質及びクロラムフェニコールに対するVibrio choleraeの耐性株は分子生物学的にはまだ一株も確認されていない。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見たネパール

    ハイチでは、ハイチ地震 (2010年)以降、突然、コレラが流行して1万人以上が死亡した。2016年12月1日、国連は地震後に支援にあたっていたネパールの平和維持活動部隊がコレラを持ち込んだことを認め謝罪する声明を出している。 (ハイチのコレラ流行)コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た輸液

    しかし、現在ではORS治療は先進国ではまったくおこなわれない。コレラ罹患時には脱水のみならず消化管を休めることが大切なので、先進国医療では絶食・水分経口摂取禁が基本である。米国ではコレラに対しORSで治療し患者を死亡させた医師が敗訴している。患者が意識を失う重症例では、点滴による輸液で水分と電解質の補給を行う。重症コレラは無治療では死亡率が80パーセントという疫学調査もある。これらの補液や輸液による治療はコレラ菌そのものの排除には直接つながらず、患者からは大量のコレラ菌が排出されつづけるが、時間の経過によって患者がコレラ菌に対する免疫を獲得すると症状も緩解し、コレラ菌毒素の排出も収まる。コレラ フレッシュアイペディアより)

126件中 51 - 60件表示

「コレラ」のニューストピックワード