113件中 71 - 80件表示
  • コレラ

    コレラから見た下水道

    神田下水 - 各地で下水道建設のきっかけとなったコレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た

    1858年 (安政5年) における流行では九州から始まって東海道に及んだものの、箱根を越えて江戸に達することはなかったという文献が多い一方、江戸だけで10万人が死亡したという文献も存在するが、後者の死者数については過大で信憑性を欠くという説もある。1862年 (文久2年) には、残留していたコレラ菌により3回目の大流行が発生、56万人の患者が出た。この時も江戸には入らなかったという文献と、江戸だけでも7万3000人〜数十万人が死亡したという文献があるが、これも倒幕派が世情不安を煽って意図的に流した流言蜚語だったと見る史家が多い。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た消化管

    最も重要な感染源は、患者の糞便や吐瀉物に汚染された水や食物である。消化管内に入ったコレラ菌は、胃の中で多くが胃液のため死滅するが、少数は小腸に到達し、ここで爆発的に増殖してコレラ毒素を産生する。コレラ菌自体は小腸の上皮部分に定着するだけで、細胞内には全く侵入しない。しかしコレラ毒素は上皮細胞を冒し、その作用で細胞内の水と電解質が大量に流出し、いわゆる「米のとぎ汁様」の猛烈な下痢と嘔吐を起こす。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た医療機関

    ワクチンは現在2種類が存在する。コレラが発生している、または発生する地域への渡航には後者のワクチン接種が賢明である。後者は国内未承認であるが、個人輸入に対応している医療機関で申し込むことにより接種可能である。また、現地の薬局で販売されている事もある。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た関所

    コレラが空気感染しないこと、そして幕府は箱根その他の関所で旅人の動きを抑制することができたのが、江戸時代を通じてその防疫を容易にした最大の要因と考えられている。事実1868年 (明治元年) に幕府が倒れ、明治政府が箱根の関所を廃止すると、その後は2?3年間隔で数万人単位の患者を出す流行が続く。1879年 (明治12年) と1886年 (明治19年) には死者が10万人の大台を超え、日本各地に避病院の設置が進んだ。1890年 (明治23年) には日本に寄港していたオスマン帝国の軍艦・エルトゥールル号の海軍乗員の多くがコレラに見舞われた。また1895年 (明治28年) には軍隊内で流行し、死者4万人を記録している。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た川柳

    このような状況が改善され、患者数も1万人を切ってコレラの脅威が収まるのは1920年代になってからである。その後は、第二次世界大戦直後にアジア各地から復員兵や引揚者の帰国がはじまると、彼らによって持ち込まれたコレラで多数の死者を出した。こうした引揚船のことを俗に「コレラ船」と呼び、これは当時の俳句や川柳で夏の季語にもなるほどだった。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た経口

    経口ワクチン (OCVs): 不活化ワクチンと、生ワクチンがある。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

    コレラ (Cholera、虎列剌) は、コレラ菌 (Vibrio cholerae) を病原体とする経口感染症の一つ。日本では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」 (感染症新法) で三類感染症に指定されている。日本ではコレラ菌のうちO1、O139血清型を原因とするものを行政的にコレラとして扱う。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た東海道

    日本で初めてコレラが発生したのは、最初の世界的大流行が日本に及んだ1822年 (文政5年) のことである。感染ルートは朝鮮半島あるいは琉球からと考えられているが、その経路は明らかでない。九州から始まって東海道に及んだものの、箱根を越えて江戸に達することはなかった。2回目の世界的流行時には波及を免れたが、3回目は再び日本に達し、1858年 (安政5年) から3年にわたり大流行となった。コレラ フレッシュアイペディアより)

  • コレラ

    コレラから見た抗生物質

    抗生物質による治療は脱水症状の改善とは無関係である。Vibrio choleraeの菌体数を減らし、毒素産生を減らす。点滴治療と組み合わせてつかう。テトラサイクリン系抗生物質やクロラムフェニコールなどがこの目的で利用される。テトラサイクリン系抗生物質及びクロラムフェニコールに対するVibrio choleraeの耐性株は分子生物学的にはまだ一株も確認されていない。コレラ フレッシュアイペディアより)

113件中 71 - 80件表示

「コレラ」のニューストピックワード