38件中 11 - 20件表示
  • アンデス危機

    アンデス危機から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    発端は、2008年3月1日にコロンビア軍が左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」を攻撃するためにエクアドル領内に越境したことがきっかけである。アンデス危機 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア陸軍

    コロンビア陸軍から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    南米有数の陸軍であるが、1964年以来続く内戦の影響により、コロンビア革命軍、コロンビア民族解放軍、コロンビア人民解放軍などに対する対ゲリラ作戦、メデジン・カルテルなどに代表される犯罪組織に対する対麻薬作戦など、国内の治安維持が主たる任務となっており、コロンビア計画によるアメリカ合衆国の援助の下、歩兵主体の組織編制がとられている。主力戦車は既に無く、2004年にスペイン陸軍で余剰となったAMX-30戦車の購入計画は政治的理由により頓挫した。コロンビア陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • オリベリオ・リンコン

    オリベリオ・リンコンから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    引退後は郷里のコロンビアに戻って実業家に転身していたが、2000年1月にコロンビア第二の反政府ゲリラ組織、コロンビア民族解放軍に義妹と共に誘拐されるという事件が発生した。 身代金目的の犯行と見られ、これ自体は自宅の近くで解放される形で一応の決着を見たが、なんと2ヶ月後に今度はコロンビア最大のゲリラ組織、コロンビア革命軍に誘拐されるという災難に見舞われた。この誘拐事件は他のターゲットを狙っていた実行部隊が人違いでリンコンを攫ったもので、すぐに部隊の指揮官が謝罪し解放されている。オリベリオ・リンコン フレッシュアイペディアより)

  • バラックバスター

    バラックバスターから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    このような密造迫撃砲は他のテロリストたちも使用していた。1998年にコロンビア革命軍(FARC)が1998年に、2001年にはスペインのETAが使用している。バラックバスター フレッシュアイペディアより)

  • イングリッド・ベタンクール

    イングリッド・ベタンクールから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    イングリッド・ベタンクール(Íngrid Betancourt Pulecio, 1961年12月25日 - ) は、コロンビアの政治家。 コロンビア国会下院議員、上院議員を経て、コロンビア大統領の候補者となっていた2002年2月23日、コロンビア革命軍(FARC)に誘拐されたまま、6年半の捕虜生活の後、2008年7月2日にコロンビア国軍によって解放された。イングリッド・ベタンクール フレッシュアイペディアより)

  • コロンビアの歴史

    コロンビアの歴史から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    1959年のキューバ革命の影響を受けて、1961年にアメリカ合衆国のケネディ大統領主導によって進歩のための同盟が発足すると、コロンビアは同盟のモデル国家となったが、社会問題の根本的解決には至らずゲリラ活動は活発化し、1966年にはコロンビア革命軍(FARC)が発足した。1968年にメデジン公会議で解放の神学が誕生した。1970年の大統領選挙でANAPO党から出馬した、朝鮮戦争の英雄だったロハスが不正選挙で敗北すると、学生を中心とした左翼ゲリラ4月19日運動(M-19)が生まれた。コロンビアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 中国北方工業公司

    中国北方工業公司から見たFARCコロンビア革命軍

    北方工業公司の販売部は以前、アメリカ経由での中南米に、民間型AKであるノリンコMAK90スポーターを何度も密輸し、コロンビアの左派ゲリラであるFARC等に流していた。当時、追跡していた合同捜査チームが銃を押収したところ、製造番号の刻印はなく、北朝鮮製をあらわす刻印が施されていた。これらについては、販売部門の副社長が指揮を執っていた。中国北方工業公司 フレッシュアイペディアより)

  • EE-9 (装甲車)

    EE-9 (装甲車)から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    イラン・イラク戦争においてはイラクとイランの双方がこれを購入・使用した他、イラクは湾岸戦争においても使用している。他にも、コロンビア政府軍がコロンビア革命軍(FARC)を筆頭とする左翼ゲリラ組織の掃討作戦に使用するなど、それなりの実戦経験を有している。EE-9 (装甲車) フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア邦人副社長誘拐事件

    コロンビア邦人副社長誘拐事件から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    副社長は身柄を約25万ドル(約2700万円)で、中南米最大の左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)の第53戦線(ロマーニャ司令官)に引き渡された。その後、FARCは矢崎総業に対し、身代金2500万ドル(約27億円)を要求したとされる。コロンビア邦人副社長誘拐事件 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・ウリベ

    アルバロ・ウリベから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    1983年にウリベの父アルベルトは麻薬取引を行う知人のヘリの中でFARCにより誘拐の後殺害された。アルベルトは米国の麻薬取締局 (DEA) によるコロンビアへの身柄引渡請求の対象者であった。父の死後ウリベは彼のものとなった所有財産を処分し、コロンビア自由党のメンバーとして職掌に専念した。アルバロ・ウリベ フレッシュアイペディアより)

38件中 11 - 20件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード