56件中 11 - 20件表示
  • 高野博師

    高野博師から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    茨城県立水戸第一高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部中国語学科に入学し、1972年(昭和47年)3月に卒業する。同年4月、外務省に入省する(ノンキャリア)。外交官としてアメリカ、アルゼンチン、コロンビアなどに赴任する。30ヶ国あまりを歴訪した。1991年のコロンビアで発生した日本人技師2人が左翼ゲリラに誘拐された事件では、当時帰国中で不在だった塚田千裕大使に代わり、臨時代理大使としてコロンビア政府や州知事に事件解決の要請を行ったり、対応の指揮を執った。高野博師 フレッシュアイペディアより)

  • イングリッド・ベタンクール

    イングリッド・ベタンクールから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    イングリッド・ベタンクール ・ピュレシオ(Íngrid Betancourt Pulecio, 1961年12月25日 - ) は、コロンビアの政治家。コロンビア国会下院議員、上院議員を経て、コロンビア大統領の候補者となっていた2002年2月23日、コロンビア革命軍(FARC)に誘拐されたまま、6年半の捕虜生活の後、2008年7月2日にコロンビア国軍によって解放された。イングリッド・ベタンクール フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・コレア

    ラファエル・コレアから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    一方で、これまでコロンビアのアルバロ・ウリベ政権からのコロンビアの反政府左翼組織コロンビア革命軍 (FARC) に対する支援提供についての批判を頑として認めてこなかったが、2008年3月1日にFARCの最高幹部ラウル・レジェスがエクアドル領内で越境したコロンビア軍により殺害された際に、コロンビア側はエクアドルが彼らに庇護を与えていた証拠を押収したと発表した。コレアは当初コロンビアの自衛権に基く行為だと自制的に評価を加えていたが、殺害状況を把握して主権侵害であり卑劣な虐殺であると激怒し、同じくコロンビアからFARCを支援していると批判されているベネズエラやニカラグアと共に軍をコロンビア国境に集結させた。3月6日、米州機構の仲介を受け「事態の解決」を宣言、軍事衝突の危機は回避されている。ラファエル・コレア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア陸軍

    コロンビア陸軍から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    南米有数の陸軍であるが、1964年以来続く内戦の影響により、コロンビア革命軍、コロンビア民族解放軍、コロンビア人民解放軍などに対する対ゲリラ作戦、メデジン・カルテルなどに代表される犯罪組織に対する対麻薬作戦など、国内の治安維持が主たる任務となっており、コロンビア計画によるアメリカ合衆国の援助の下、歩兵主体の組織編制がとられている。主力戦車は既に無く、2004年にスペイン陸軍で余剰となったAMX-30戦車の購入計画は政治的理由により頓挫した。コロンビア陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの歴史

    ベネズエラの歴史から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2008年3月1日に隣国のコロンビアがその西隣国であるエクアドル領内に拠点を構えていたコロンビア革命軍(FARC)への越境攻撃を行ったことに抗議し、大使召還を発表し国軍に国境への増派を命じた。6日にエクアドルもコロンビアとの国交断絶を表明し、親米右派コロンビア対反米左派ベネズエラ=エクアドルの構図で対立が深まるのではないかと懸念されている。ベネズエラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 民族解放軍 (コロンビア)

    民族解放軍 (コロンビア)から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    1965年に設立。マルクス・レーニン主義による親キューバ、反アメリカ路線を標榜し、爆弾テロや誘拐を実行。一時は、約5,000人から6,000人の勢力を有し、コロンビア国内の反政府勢力としてはコロンビア革命軍(FARC)に次ぐ、2番目の規模に成長したものの、冷戦の終了や2000年代以降の政府軍の巻き返しにより、徐々に勢力は衰退。2010年頃には2,500人程度となった。この頃から政府側は、コロンビア革命軍と進めていた和平交渉と平行して、民族解放軍側へも接触を開始。2013年8月には、サントス大統領自らが和平交渉を開始する用意があると発表。これに対応するように2015年1月、民族解放軍側も政府との正式な和平交渉に臨む用意があるとの声明を発表している。民族解放軍 (コロンビア) フレッシュアイペディアより)

  • 釣崎清隆

    釣崎清隆から見たFARCコロンビア革命軍

    後に、釣崎は「自分たちは純粋培養でどうしようもなく甘い世代だから、ただ絶望して潰れてしまうより自発的に突破口を切り開いていかないと何も変わらないという思いがあった。例えば、実際の死に触れないでホラー映画監督になるほど、僕は恥知らずじゃない」と語っているが、このコロンビアでの体験は衝撃的なものとなった。当時のコロンビアは政府とメデジン・カルテルという巨大犯罪組織との間に繰り広げられた麻薬戦争が終わって間もなく、その残党や後を取ったカリ・カルテルの跳梁は元より、左翼ゲリラFARCが国土の三分の一を支配し、極右民兵組織なども入り乱れる内乱状態にあり、麻薬や誘拐、暗殺といった犯罪が日常化した世界だった。首都ボゴタで死体の撮影を求めてマフィアとの接触を図っていた釣崎は、エンバーミングを専門とするオロスコと出会い、その生き様に惹かれて長期の撮影に入る事になる。釣崎清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 闇のイージス

    闇のイージスから見たFARCコロンビア革命軍

    南米コロンビアに本拠を置く麻薬カルテル“蛇(セルピエンテ)”のアジア圏担当幹部。元FARCの闘士で80年代は実行部隊として活動していたが、組織の方針変更と共に疎外され、兄のロベルトと共にアジア圏に追いやられた。闇のイージス フレッシュアイペディアより)

  • ゲリラ

    ゲリラから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    独立後、主としてアジアで、毛沢東主義の思想的影響を受けて社会主義革命を目指すゲリラが興ったが、大半が失敗し、中国の影響下にはないキューバのフィデル・カストロとチェ・ゲバラの反独裁ゲリラが成功をおさめた。その後、ラテンアメリカではキューバ革命の影響をうけて親米独裁政権・軍事政権に反対するゲリラが起こされるが、後に世界各国のゲリラの教本にもなった『ゲリラ戦争』でゲバラ主義が標榜した、社会主義革命のために都市のプロレタリアによる蜂起ではなく、農村ゲリラ戦術を主要路線とするゲリラ闘争は、1967年10月にゲバラ自身がボリビアで戦死したことにより重大な挫折を来した。その後ラテンアメリカにおける革命運動は、1968年のペルーにおけるフアン・ベラスコ・アルバラード将軍の社会主義を標榜したクーデターや、1970年のチリにおけるサルバドール・アジェンデの平和革命など、1973年9月11日にチリ革命がチリ・クーデターによって終焉するまで、ゲリラ闘争以外で社会主義を達成しようとする動きに移行したが、チリ・クーデター後にはIMFや世界銀行による構造調整を受け入れた軍事政権に対して再びゲリラ戦争が開始された。この種のゲリラ闘争は1979年のニカラグアでのサンディニスタ革命など成功するものもあったものの、グアテマラ内戦の諸勢力やコロンビア革命軍、センデロ・ルミノソのように多くは敗北するか、長引く内戦ですべての当事者が疲弊し、さらに冷戦が終結するとかつてゲリラ側が掲げていた社会主義の大義は大きく歪み、1990年代になるとその一部は麻薬取引に資金源を見出すようになった。ゲリラ フレッシュアイペディアより)

  • 3月1日

    3月1日から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2008年 - コロンビア軍がエクアドル領内のコロンビア革命軍拠点を空爆。アンデス危機に発展。3月1日 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード