38件中 21 - 30件表示
  • サパティスタ民族解放軍

    サパティスタ民族解放軍から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    サパティスタ運動の方法論や主張は、従来の左翼ゲリラと一線を画しているため世界的な注目を得ている。サパティスタ運動は、最初のポストモダン的革命運動であると言われているが、それはサパティスタ民族解放軍がインターネットを介して大々的に自らの主張を展開し、またそれによって世界的な支援を獲得したために、もはや武力などの実力を行使せずとも隠然たる影響力をメキシコ政府に対して持つに至ったというまさにIT時代の革命運動だったからである。たとえば、マニュエル・カステルは、サパティスタを「初の国際ゲリラ」と称している。この点において、コロンビア革命軍やIRA、日本の極左暴力集団に代表される、武力や脅迫といった一般人の犠牲者をも生むテロリズムに頼る前例とは異なった革新的手法と言える。サパティスタ民族解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの歴史

    ベネズエラの歴史から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2008年3月1日に隣国のコロンビアがその西隣国であるエクアドル領内に拠点を構えていたコロンビア革命軍(FARC)への越境攻撃を行ったことに抗議し、大使召還を発表し国軍に国境への増派を命じた。6日にエクアドルもコロンビアとの国交断絶を表明し、親米右派コロンビア対反米左派ベネズエラ=エクアドルの構図で対立が深まるのではないかと懸念されている。ベネズエラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 紛争ダイヤモンド

    紛争ダイヤモンドから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    類似した現象として、武装勢力が麻薬の密造と密売によって軍資金を得ることもある。たとえばコロンビアのコロンビア革命軍(FARC)はコカの栽培とコカインの精製を行っており、これを密輸して多額の利益を得ている他、コロンビア国内のコカインカルテルとも協力関係にある。紛争ダイヤモンド フレッシュアイペディアより)

  • 死の商人

    死の商人から見たFARCコロンビア革命軍

    ドゥシャンベ生まれのタジク人。元ソ連陸軍中佐。映画『ロード・オブ・ウォー』において、ニコラス・ケイジ演じるユーリー・オルロフのモデルとなったとされる武器商人。コロンビアのFARCに地対空ミサイルを密売する計画に関与したとして2008年にアメリカで逮捕され、2011年に殺人の共謀罪で有罪判決。2012年4月5日に連邦地裁にて禁錮25年の刑が下った。死の商人 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア自衛軍連合

    コロンビア自衛軍連合から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    AUCの主要な敵は左派の反政府勢力 FARC と FLN である。AUC を含めいずれも EU のテロ組織リストに並び、米国務省の国外テロ組織リストにも指定されている。米国務省は2001年の虐殺、拷問、その他人権侵害を非難するリストに AUC を挙げている。コロンビア自衛軍連合 フレッシュアイペディアより)

  • IRA暫定派

    IRA暫定派から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    アメリカ合衆国においては1982年11月に武器をアイルランドに密輸しようとしたIRAメンバー5人が逮捕されている。彼らはCIAの許可を得ていたと証言したが、CIAではこれを否定している。英国諜報部MI5のスパイとして働き、ソヴィエト連邦から亡命したVasili Mitrokhinは、東ドイツのシュタージとの関係を証言した。さらに彼はKGBがオフィシャルIRAに武器を供給していたとも述べている。最近ではキューバのDGIとの関係も報告されている。パレスチナ解放機構 (PLO) やヒズボラは訓練施設などを提供した。『the Provsional IRA』はサンディニスタ民族解放戦線やバスク祖国と自由などとの関与も指摘している。都市型ゲリラ戦のノウハウをこれらのテロ組織と共有することが目的であったと考えられている。2001年にはコロンビアのボゴタにおいてIRAの爆発物専門家が逮捕され、コロンビア革命軍に爆弾製造の手順とゲリラ戦のノウハウを教えていたと報道された。IRA暫定派 フレッシュアイペディアより)

  • ボリーバル県 (コロンビア)

    ボリーバル県 (コロンビア)から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    一部報道によると、県内の数箇所の金鉱と4.8万ヘクタールの土地がコロンビア革命軍の掌中にある。ボリーバル県 (コロンビア) フレッシュアイペディアより)

  • ウイラ県

    ウイラ県から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2011年の時点で、ウイラ県は麻薬組織とコロンビア政府軍の内戦の影響をもっとも受けている。県内はゲリラ組織、コロンビア革命軍の根拠地のひとつとみられている。ウイラ県 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・コレア

    ラファエル・コレアから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    一方で、これまでコロンビアのアルバロ・ウリベ政権からのコロンビアの反政府左翼組織コロンビア革命軍 (FARC) に対する支援提供についての批判を頑として認めてこなかったが、2008年3月1日にFARCの最高幹部ラウル・レジェスがエクアドル領内で越境したコロンビア軍により殺害された際に、コロンビア側はエクアドルが彼らに庇護を与えていた証拠を押収したと発表した。コレアは当初コロンビアの自衛権に基く行為だと自制的に評価を加えていたが、殺害状況を把握して主権侵害であり卑劣な虐殺であると激怒し、同じくコロンビアからFARCを支援していると批判されているベネズエラやニカラグアと共に軍をコロンビア国境に集結させた。3月6日、米州機構の仲介を受け「事態の解決」を宣言、軍事衝突の危機は回避されている。ラファエル・コレア フレッシュアイペディアより)

  • ゲリラ

    ゲリラから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    独立後、主としてアジアで、毛沢東主義の思想的影響を受けて社会主義革命を目指すゲリラが興ったが、大半が失敗し、中華人民共和国の影響下にはないキューバのフィデル・カストロとチェ・ゲバラの反独裁ゲリラが成功をおさめた。その後、ラテンアメリカではキューバ革命の影響をうけて親米独裁政権・軍事政権に反対するゲリラが起こされるが、後に世界各国のゲリラの教本にもなった『ゲリラ戦争』でゲバラ主義が標榜した、社会主義革命のために都市のプロレタリアによる蜂起ではなく、農村ゲリラ戦術を主要路線とするゲリラ闘争は、1967年10月にゲバラ自身がボリビアで戦死したことにより重大な挫折を来した。その後ラテンアメリカにおける革命運動は、1968年のペルーにおけるフアン・ベラスコ・アルバラード将軍の社会主義を標榜したクーデターや、1970年のチリにおけるサルバドール・アジェンデの平和革命など、1973年9月11日にチリ革命がチリ・クーデターによって終焉するまで、ゲリラ闘争以外で社会主義を達成しようとする動きに移行したが、チリ・クーデター後にはIMFや世界銀行による構造調整を受け入れた軍事政権に対して再びゲリラ戦争が開始された。この種のゲリラ闘争は1979年のニカラグアでのサンディニスタ革命など成功するものもあったものの、グアテマラ内戦の諸勢力やコロンビア革命軍、センデロ・ルミノソのように多くは敗北するか、長引く内戦ですべての当事者が疲弊し、さらに冷戦が終結するとかつてゲリラ側が掲げていた社会主義の大義は大きく歪み、1990年代になるとその一部は麻薬取引に資金源を見出すようになった。ゲリラ フレッシュアイペディアより)

38件中 21 - 30件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード