56件中 21 - 30件表示
  • アルバロ・ウリベ

    アルバロ・ウリベから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    1983年にウリベの父・アルベルトは麻薬取引を行う知人のヘリの中でFARCにより誘拐の後殺害された。アルベルトはアメリカの麻薬取締局 (DEA) によるコロンビアへの身柄引渡請求の対象者であった。父の死後、ウリベは父のものとなった所有財産を処分し、コロンビア自由党のメンバーとして職掌に専念した。アルバロ・ウリベ フレッシュアイペディアより)

  • オリベリオ・リンコン

    オリベリオ・リンコンから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    引退後は郷里のコロンビアに戻って実業家に転身していたが、2000年1月にコロンビア第二の反政府ゲリラ組織、コロンビア民族解放軍に義妹と共に誘拐されるという事件が発生した。 身代金目的の犯行と見られ、これ自体は自宅の近くで解放される形で一応の決着を見たが、なんと2ヶ月後に今度はコロンビア最大のゲリラ組織、コロンビア革命軍に誘拐されるという災難に見舞われた。この誘拐事件は他のターゲットを狙っていた実行部隊が人違いでリンコンを攫ったもので、すぐに部隊の指揮官が謝罪し解放されている。オリベリオ・リンコン フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア自衛軍連合

    コロンビア自衛軍連合から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    AUCの主要な敵は左派の反政府勢力 FARC と ELN である。AUC を含めいずれも EU のテロ組織リストに並び、米国務省の国外テロ組織リストにも指定されている。米国務省は2001年の虐殺、拷問、その他人権侵害を非難するリストに AUC を挙げている。コロンビア自衛軍連合 フレッシュアイペディアより)

  • プトゥマヨ川

    プトゥマヨ川から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2008年3月1日、国境のエクアドル側にいたラウル・レジェスほか14名のコロンビア革命軍 (FARC) のゲリラ兵が、コロンビア軍に殺害された。プトゥマヨ川 フレッシュアイペディアより)

  • チュニジア国民対話カルテット

    チュニジア国民対話カルテットから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    フアン・マヌエル・サントス コロンビア大統領とティモチェンコ コロンビア革命軍(FARC)司令官(コロンビア和平交渉)チュニジア国民対話カルテット フレッシュアイペディアより)

  • 民兵

    民兵から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    中南米諸国では、古くから資産家や大地主が私兵を設ける事が多く(メキシコなど)、これら小規模な私兵をベースに、コロンビアなどでは冷戦期に政府や軍の肝煎りで民兵組織が結成される事もあった。後者は、ある意味「民兵」と訳されるべきではあるが、後述の理由から政府や軍はあくまでも無関係を装っていた。こうした民兵組織は、国内で跋扈する左翼ゲリラとの対峙に主眼がおかれていた。しかし、それ以上に重要だった事は、国軍や警察が行えない非合法活動を行うことであった。このため、民兵組織のメンバー(幹部)には元軍人や情報機関関係者が就いている事も多い。これらの民兵は、左翼ゲリラに対する掃討も行ったが、左翼にシンパシーを持つといわれる貧民や知識人に対しても、拉致・拷問・処刑を繰り返した。特に、ストリートチルドレンの殺害は「街の清掃」などとも言われ、左翼ゲリラ同様に麻薬取引にも関わっている事もあって、国際的な人権問題に発展する事がしばしばあった。民兵 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2日 - コロンビアで、政府と左翼ゲリラのコロンビア革命軍が結んだ和平合意への賛否を問う国民投票が行われたが、和平案は否決された。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    アメリカやコロンビアはチャベス大統領がコロンビア革命軍(FARC)を支援していると批判している。2004年12月13日にはコロンビア側がFARCの外交担当幹部ロドリゴ・グランダをカラカスで拉致。一時期両国関係は極めて悪化した。またコロンビアは、2008年3月1日にエクアドル領内に侵攻し、人質解放交渉にあたり同地で野営していたFARC幹部、ラウル・レジェスらを殺害した。この際、レジェスの遺した文書からチャベス大統領によるFARCへの巨額な資金援助の事実が確認されたと発表し、アルバロ・ウリベ大統領は、チャベス大統領を国際司法裁判所に提訴する意向を示した。このコロンビア政府の発表に対し、チャベス大統領はエクアドル、ニカラグアと共に戦争も辞さずという対決姿勢を示し、一時は対コロンビア国境に三国軍が集結するという極めて危険な事態となったが、米州機構の仲介もあり、コロンビアが主権侵害について謝罪の姿勢を見せることで一応の決着をみた。(アンデス危機)ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • 死の商人

    死の商人から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    ドゥシャンベ生まれのタジク人。元ソ連陸軍中佐。映画『ロード・オブ・ウォー』において、ニコラス・ケイジ演じるユーリー・オルロフのモデルとなったとされる武器商人。コロンビアのFARCに地対空ミサイルを密売する計画に関与したとして2008年にアメリカで逮捕され、2011年に殺人の共謀罪で有罪判決。2012年4月5日に連邦地裁にて禁錮25年の刑が下った。リベリア大統領チャールズ・テーラーとの取引があった。死の商人 フレッシュアイペディアより)

  • EE-9 (装甲車)

    EE-9 (装甲車)から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    EE-9はラテンアメリカや中東、アフリカの第三世界諸国に広く輸出されている。イラン・イラク戦争においてはイラクとイランの双方がこれを購入・使用した他、イラクは湾岸戦争においても使用している。イラクではまた、チェコスロバキアから輸入したOT-62装軌式装甲兵員輸送車にEE-9の90mm砲塔を搭載した改造車両を使用した。他にも、コロンビア政府軍がコロンビア革命軍(FARC)を筆頭とする左翼ゲリラ組織の掃討作戦に使用するなど、それなりの実戦経験を有している。EE-9 (装甲車) フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード