56件中 31 - 40件表示
  • ロシアン・マフィア

    ロシアン・マフィアから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    南米コロンビアの左翼ゲリラ・FARC(コロンビア革命軍)に武器を供給する代わりに同ゲリラから麻薬を仕入れていると見られている。コロンビアからヨーロッパへのコカイン流通の3割以上を掌握しているという。ロシアン・マフィア フレッシュアイペディアより)

  • 56式自動歩槍

    56式自動歩槍から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    アメリカ合衆国では56式のスポーターモデルが販売されたが、カリフォルニアの小学校乱射事件に凶器として使われた上、1994年のアサルトウエポン対策法をきっかけに民間への販売が禁止になり、その後余剰在庫となった56式がFARCなどコロンビアのゲリラに流出する事件が発生した。また、2005年にアサルトウエポン対策法が無効になった後も、中国がイランのミサイル開発に協力していたことへの制裁から56式の輸入禁止が解除されることはなかった。56式自動歩槍 フレッシュアイペディアより)

  • 紛争ダイヤモンド

    紛争ダイヤモンドから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    類似した現象として、武装勢力が麻薬の密造と密売によって軍資金を得ることもある。たとえばコロンビアのコロンビア革命軍(FARC)はコカの栽培とコカインの精製を行っており、これを密輸して多額の利益を得ている他、コロンビア国内のコカインカルテルとも協力関係にある。紛争ダイヤモンド フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア邦人副社長誘拐事件

    コロンビア邦人副社長誘拐事件から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    副社長は身柄を約25万ドル(約2700万円)で、中南米最大の左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)の第53戦線(ロマーニャ司令官)に引き渡された。その後、FARCは矢崎総業に対し、身代金2500万ドル(約27億円)を要求したとされる。コロンビア邦人副社長誘拐事件 フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・レジェス

    ラウル・レジェスから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    ラウル・レジェス (Raúl Reyes) ことルイス・エドガル・デビア・シルバ (Luis Edgar Devia Silva, 1948年9月30日 - 2008年3月1日) はコロンビア革命軍 (FARC) の幹部、コロンビア革命軍南部地区の広報官兼顧問。コロンビアのウイラ県ラ・プラタ生まれ。カケタ県のネスレの牛乳工場の労働者として組合活動に参加しマルクス主義の活動家となった。ラウル・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • 死の部隊

    死の部隊から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍に対抗するためにコロンビア自衛軍連合に集う右翼民兵集団を結成。米国務省は国外テロ組織のリストに指定している。死の部隊 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    ベネズエラ軍はチャベス政権の下で豊富な石油で得たオイルマネーを背景にロシアや中国などから武器を大量購入して着々と軍拡を進め、近隣諸国に警戒心を抱かせた。チャベス政権がコロンビア革命軍を庇護していたことが問題となり、2004年のコロンビアのアルバロ・ウリベ親米政権から侵攻を受けそうになった。2010年代後半は逆に、ベネズエラ経済の混乱による難民流出が地域の不安定要因となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ハイジャック

    ハイジャックから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    キューバ革命は南米のコロンビアの反政府左翼組織も刺激し、コロンビア革命軍や民族解放軍の活動が活発化した。バランキージャからサンアンドレス島へ飛行注の旅客機が1967年8月6日にハイジャックされたのを最初に、コロンビアからもキューバ行きを要求するハイジャックが多発した。ハイジャック フレッシュアイペディアより)

  • AK-47

    AK-47から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    武力によって独立を勝ち取った国家や、政権を奪取した革命政府にとって、AKは戦乱を戦い抜いた頼もしい戦友であり、民族自決や自主独立の象徴でもある。このため、モザンビークやジンバブエ、東ティモールの国章にAK-47の図柄が組み込まれているほどである。特にモザンビークでは、国旗にもAK-47のデザインが取り入れられており、国家以外でも、レバノンのヒズボラ・コロンビアのFARCなどが、組織の旗にAK-47の図柄を取り入れている。AK-47 フレッシュアイペディアより)

  • バスク祖国と自由

    バスク祖国と自由から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    コロンビア政府は、コロンビアに住むアイルランド人やバスク人の中にIRAやETAのメンバーがおり、コロンビア革命軍(FARC)のゲリラにテロの手法を指導しているとして非難している。バスク祖国と自由 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード