56件中 41 - 50件表示
  • 2017年の政治

    2017年の政治から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    左翼武装勢力コロンビア革命軍が政府との和平合意に基づき、合法政党「人民革命代替勢力」設立を宣言。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • RPG-7

    RPG-7から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    ※このほかにもヒズボラやハマース、ターリバーン、FARC、LTTE、IRA暫定派、アルスター義勇軍(Ulster Volunteer Force)など、世界中の反政府ゲリラやテロ組織で対戦車・対物火器のデファクト・スタンダードと言えるほどに広く使用されているが、通常状態の第三世代の戦車の側面と背面の装甲に通用する能力が有るのに入手にコストや手間が余り掛からない事もその理由の一つである。RPG-7 フレッシュアイペディアより)

  • 中国北方工業公司

    中国北方工業公司から見たFARCコロンビア革命軍

    北方工業公司の販売部は以前、アメリカ経由での中南米に、民間型AKであるノリンコMAK90スポーターを何度も密輸し、コロンビアの左派ゲリラであるFARC等に流していた。当時、追跡していた合同捜査チームが銃を押収したところ、製造番号の刻印はなく、北朝鮮製をあらわす刻印が施されていた。これらについては、販売部門の副社長が指揮を執っていた。中国北方工業公司 フレッシュアイペディアより)

  • 5月27日

    5月27日から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    1964年 - コロンビア革命軍が結成される。5月27日 フレッシュアイペディアより)

  • アンデス危機

    アンデス危機から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    発端は、2008年3月1日にコロンビア軍が左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」を攻撃するためにエクアドル領内に越境したことがきっかけである。アンデス危機 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マヌエル・サントス

    フアン・マヌエル・サントスから見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    コロンビアは、1960年代以降、農村運動に端を発するコロンビア政府と左翼ゲリラ「コロンビア革命軍(FARC)」とのコロンビア内戦が続いていた。フアン・マヌエル・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ナパーム弾

    ナパーム弾から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    コロンビア軍では、現代に至るまでの コロンビア革命軍との戦闘で使用されている。ナパーム弾 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビアの歴史

    コロンビアの歴史から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    1959年のキューバ革命の影響を受けて、1961年にアメリカ合衆国のケネディ大統領主導によって「進歩のための同盟」が発足すると、コロンビアは同盟のモデル国家となったが、社会問題の根本的解決には至らずゲリラ活動は活発化し、1966年にはコロンビア革命軍(FARC)が発足した。1968年にメデジン公会議で解放の神学が誕生した。1970年の大統領選挙では亡命先から帰ったロハスが独自に国家人民同盟(ANAPO党)から出馬し政界復帰を目指すものの、不正選挙で敗北すると学生を中心とした左翼ゲリラ4月19日運動(M-19)が生まれた。コロンビアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア内戦

    コロンビア内戦から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    キューバ革命以降、ラテンアメリカにて左翼運動が活発化する中、コロンビアでは1966年に誕生したコロンビア革命軍(FARC)をはじめとした複数の左翼ゲリラ組織が誕生し、大地主や資本家による抑圧的な政治を打倒しようと戦闘行為やテロ活動を行ってきた。一方、左翼ゲリラ勢力は政府軍だけでなく、コロンビア自衛軍連合(AUC)といった右翼的な民兵組織とも対立するようになった。コロンビア内戦 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の死刑制度の現状

    世界の死刑制度の現状から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2008年3月1日、コロンビア政府は隣国エクアドルに滞在する反体制武装組織コロンビア革命軍の最高幹部であるラウル・レジェスら23名をコロンビア空軍の空爆により殺害した。これは国家の主権を侵害したのではないかとして国際問題になり、反米左派のエクアドルとベネズエラのウゴ・チャベス大統領らが反発、コロンビア国境地帯に戦車部隊を集結させるなど緊張が高まり、アンデス危機に発展した。この政治的危機はドミニカ共和国の仲介により和解したが、反体制派活動家を逮捕も裁判もせず、他国の領土で超法規的に処刑することを少しも躊躇しないコロンビア政府の断固たる方針は、コロンビアが死刑制度廃止国であり、南米ではかなり早い時期に死刑を廃止した同国においても、国家の脅威となりうる人物に対してはいささかも法外的な殺人、いわゆる略式処刑を厭わないという冷酷な現実を示しているとも言えよう。世界の死刑制度の現状 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード