1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • ウイラ県

    ウイラ県から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2011年の時点で、ウイラ県は麻薬組織とコロンビア政府軍の内戦の影響をもっとも受けている。県内はゲリラ組織、コロンビア革命軍の根拠地のひとつとみられている。ウイラ県 フレッシュアイペディアより)

  • サパティスタ民族解放軍

    サパティスタ民族解放軍から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    サパティスタ運動の方法論や主張は、従来の左翼ゲリラと一線を画しているため世界的な注目を得ている。サパティスタ運動は、最初のポストモダン的革命運動であると言われているが、それはサパティスタ民族解放軍がインターネットを介して大々的に自らの主張を展開し、またそれによって世界的な支援を獲得したために、もはや武力などの実力を行使せずとも隠然たる影響力をメキシコ政府に対して持つに至ったというまさにIT時代の革命運動だったからである。たとえば、マニュエル・カステルは、サパティスタを「初の国際ゲリラ」と称している。この点において、コロンビア革命軍やIRA、日本の極左暴力集団に代表される、武力や脅迫といった一般人の犠牲者をも生むテロリズムに頼る前例とは異なった革新的手法と言える。サパティスタ民族解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • IRA暫定派

    IRA暫定派から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    アメリカ合衆国においては1982年11月に武器をアイルランドに密輸しようとしたIRAメンバー5人が逮捕されている。彼らはCIAの許可を得ていたと証言したが、CIAではこれを否定している。英国諜報部MI5のスパイとして働き、ソヴィエト連邦から亡命したVasili Mitrokhinは、東ドイツのシュタージとの関係を証言した。さらに彼はKGBがオフィシャルIRAに武器を供給していたとも述べている。最近ではキューバのDGIとの関係も報告されている。パレスチナ解放機構 (PLO) やヒズボラは訓練施設などを提供した。『the Provsional IRA』はサンディニスタ民族解放戦線やバスク祖国と自由などとの関与も指摘している。都市型ゲリラ戦のノウハウをこれらのテロ組織と共有することが目的であったと考えられている。2001年にはコロンビアのボゴタにおいてIRAの爆発物専門家が逮捕され、コロンビア革命軍に爆弾製造の手順とゲリラ戦のノウハウを教えていたと報道された。IRA暫定派 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年

    2001年から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    2月22日 - コロンビアで矢崎総業の現地法人「矢崎シーメル」社の日本人副社長がコロンビア革命軍に誘拐される。約2年9ヵ月後に遺体で発見(コロンビア邦人副社長誘拐事件)。2001年 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年

    2003年から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    11月24日 - コロンビアで2001年2月に誘拐され、コロンビア革命軍が身代金を要求していた日本企業の現地法人副社長が射殺遺体で見つかる(コロンビア邦人副社長誘拐事件)。2003年 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の政治

    2018年の政治から見たコロンビア革命軍コロンビア革命軍

    。政府が左翼ゲリラコロンビア革命軍(FARC)が結んだ和平合意をFARCに厳しい内容に修正することなどを掲げたウリベ前大統領率いる右派政党が上下両院で改選前より13議席増やした一方、和平合意に尽力したサントス大統領が所属するは上下両院で改選前より19議席減らした。政党に転じた人民革命代替勢力(FARC)は得票率0.4%未満と伸び悩んだ。2018年の政治 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード