73件中 21 - 30件表示
  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たカルテル

    上記のように、麻薬カルテル(コロンビア系マフィア)との関係が深い。特に、コロンビアの2大マフィアと呼ばれるメデジン・カルテルとカリ・カルテルとは非常に深い関係にあり、彼らマフィアはゲリラの圧倒的な武力と引き換えに、FARCを支援、ゲリラが大統領候補の暗殺をする一方でマフィアは多くの議員にヤミ献金を送るなどしていた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た誘拐

    1980年代初頭までは勢力1,000人規模だったが、80年代半ばより麻薬密売組織と協力関係を結び、コカイン原料のコカ栽培地やコカイン精製工場、コカイン密輸ルートを保護することで多額の軍資金を獲得。政府軍より高性能の兵器を備えることで急速に勢力を拡大させた。その規模は1995年にコロンビア政府が麻薬組織を壊滅させてからFARCがコカイン取引に直接関与することで急成長し、95年当時6,000人規模だったのが2000年代には3倍の18,000人に膨れ上がった。一時はコロンビアの3分の1を実効支配下に置き、支配地域でのコカ栽培への課税、住民からの徴税、要人誘拐による身代金やコカイン取引で毎年推定8億ドルもの活動資金を得ていた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たテロ

    1998年に就任したアンドレス・パストラーナ大統領は反政府左翼ゲリラとの対話による和平実現を公約に掲げ、1999年1月からFARCと和平交渉を再開し、政府は交渉のためコロンビア南部の広大な地域から国軍と警察部隊を撤退させ非武装地帯を設けたが、交渉は不調に終わった。FARCは首都ボゴタ南部のサン・ビセンテ・デル・カグアンに事実上の首都を置き、一時は武力で政権を奪取するのではないかという話も現実味を帯びるほど勢力は強大で活動は活発だったが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降は国際社会がテロに対して非常に厳しい姿勢を示すようになり、コロンビア政府も米国に同調する形でFARCに対し強硬な態度で臨むようになった。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たベネズエラ

    コロンビア革命軍(コロンビアかくめいぐん、西:Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia)は、コロンビアの反政府左翼ゲリラである。スペイン語の正式名称から通称はFARC。中南米最大の反政府武装組織であり、活動地域はコロンビア国内のみならず、ベネズエラ、パナマ、ペルー、ブラジル、エクアドルなどの周辺国へも広がっている。農民主体のゲリラであるにも関わらず、幹部にはインテリも含まれ、組織のホームページを運用(現在は閉鎖中)し情報収集活動も行っている。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たエクアドル

    コロンビア革命軍(コロンビアかくめいぐん、西:Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia)は、コロンビアの反政府左翼ゲリラである。スペイン語の正式名称から通称はFARC。中南米最大の反政府武装組織であり、活動地域はコロンビア国内のみならず、ベネズエラ、パナマ、ペルー、ブラジル、エクアドルなどの周辺国へも広がっている。農民主体のゲリラであるにも関わらず、幹部にはインテリも含まれ、組織のホームページを運用(現在は閉鎖中)し情報収集活動も行っている。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たプロペラ機

    2002年2月20日、南部のネイバからボゴタへ向かう国内線プロペラ機がFARC構成員にハイジャックされ、和平交渉担当の上院議員が拉致される事件が発生すると、これを契機に政府は最終的に交渉を打ち切り、国軍を展開させ事実上FARCの支配下にあった非武装地帯を奪回した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たコカイン

    1980年代初頭までは勢力1,000人規模だったが、80年代半ばより麻薬密売組織と協力関係を結び、コカイン原料のコカ栽培地やコカイン精製工場、コカイン密輸ルートを保護することで多額の軍資金を獲得。政府軍より高性能の兵器を備えることで急速に勢力を拡大させた。その規模は1995年にコロンビア政府が麻薬組織を壊滅させてからFARCがコカイン取引に直接関与することで急成長し、95年当時6,000人規模だったのが2000年代には3倍の18,000人に膨れ上がった。一時はコロンビアの3分の1を実効支配下に置き、支配地域でのコカ栽培への課税、住民からの徴税、要人誘拐による身代金やコカイン取引で毎年推定8億ドルもの活動資金を得ていた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たハイジャック

    2002年2月20日、南部のネイバからボゴタへ向かう国内線プロペラ機がFARC構成員にハイジャックされ、和平交渉担当の上院議員が拉致される事件が発生すると、これを契機に政府は最終的に交渉を打ち切り、国軍を展開させ事実上FARCの支配下にあった非武装地帯を奪回した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たブラジル

    コロンビア革命軍(コロンビアかくめいぐん、西:Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia)は、コロンビアの反政府左翼ゲリラである。スペイン語の正式名称から通称はFARC。中南米最大の反政府武装組織であり、活動地域はコロンビア国内のみならず、ベネズエラ、パナマ、ペルー、ブラジル、エクアドルなどの周辺国へも広がっている。農民主体のゲリラであるにも関わらず、幹部にはインテリも含まれ、組織のホームページを運用(現在は閉鎖中)し情報収集活動も行っている。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たブルジョワジー

    19世紀の中頃、コロンビアでは自由党と保守党による議会政治が行われてきた。しかし、それは民主政治とはかけ離れたものであり、大地主、教会、資本家といったブルジョワ層を支持する政治組織以外は排除されていたため、農民をはじめとしたコロンビア一般市民は非常に貧しい生活を強いられてきた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード