94件中 41 - 50件表示
  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たブラジル

    コロンビア革命軍(コロンビアかくめいぐん、)は、コロンビアでかつて武装闘争を展開していた反政府左翼ゲリラである。スペイン語の正式名称から通称はFARC。かつては中南米最大の反政府武装組織であり、活動地域はコロンビア国内のみならず、ベネズエラ、パナマ、ペルー、ブラジル、エクアドルなどの周辺国へも広がっていた。農民主体のゲリラであるにもかかわらず、幹部にはインテリも含まれ、組織のホームページを運用(現在は閉鎖中)して情報収集活動も行っていた。政府と内戦終結で合意して武装解除し、2017年以降はFARCという略称はそのままで合法政党として活動している(後述)。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た二大政党制

    1819年にスペインから独立して以降、コロンビアでは自由党と保守党による二大政党制による議会政治が行われてきた。自由党は零細農家や新興財閥、都市労働者などを支持基盤とし、保守党はカトリック教会や地主などの支配層を支持基盤としていたが、基本的に両党とも寡頭制の維持という点では共通しており、コロンビアはラテンアメリカでは珍しくクーデターや独裁政権をほとんど経験せず、「西半球で最も古い民主主義国家」と評される反面、二大政党以外の政治勢力による政治参加が阻害されてきた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たカトリック

    1819年にスペインから独立して以降、コロンビアでは自由党と保守党による二大政党制による議会政治が行われてきた。自由党は零細農家や新興財閥、都市労働者などを支持基盤とし、保守党はカトリック教会や地主などの支配層を支持基盤としていたが、基本的に両党とも寡頭制の維持という点では共通しており、コロンビアはラテンアメリカでは珍しくクーデターや独裁政権をほとんど経験せず、「西半球で最も古い民主主義国家」と評される反面、二大政党以外の政治勢力による政治参加が阻害されてきた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たカウカ県

    2011年11月4日、コロンビア政府はFARC最高幹部アルフォンソ・カノをカウカ県の山岳地帯で10時間以上にわたる戦闘の末に殺害した。カノの死によりFARCは壊滅的打撃を受けるのは必至。カノは2008年3月に死亡したマルランダの後継者としてFARCを率いていた。FARCはカノの死後、新たにロドリゴ・ロンドーニョ・エチェベリ(通称ティモチェンコ司令官)を指導者に選出し、武装闘争の継続を宣言した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た赤十字

    2008年7月2日、コロンビア軍は、誘拐後、約6年間拘束されていたイングリッド・ベタンクール元大統領候補ら人質15人を救うべく救出作戦を実行した。作戦は、民間人を偽装した軍人が行い、まず偽の人質移送計画を幹部に信じ込ませ、民間機に偽装した軍のヘリに人質を乗せた。その後、同乗したゲリラ兵2人を拘束し、機内で「我々は国軍です。皆さんは解放されました」と告げた。機内では歓声が上がった。作戦は一発も発砲することなく終了した。なお、フランス国籍も持つベタンクールのため、フランス政府が作戦を支援した可能性が指摘されている。また、後に作戦に参加した兵士の1人が、国際法で濫用を禁止されている赤十字の標章を、無断で身につけていたことが判明し、非難を受けた。これを受けて大統領は演説で謝罪した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たヒズボラ

    公安調査庁の公式サイトによれば、コロンビア革命軍は、レバノンのヒズボラとの関係を有しているとの報告が公開されている。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た独裁政権

    1819年にスペインから独立して以降、コロンビアでは自由党と保守党による二大政党制による議会政治が行われてきた。自由党は零細農家や新興財閥、都市労働者などを支持基盤とし、保守党はカトリック教会や地主などの支配層を支持基盤としていたが、基本的に両党とも寡頭制の維持という点では共通しており、コロンビアはラテンアメリカでは珍しくクーデターや独裁政権をほとんど経験せず、「西半球で最も古い民主主義国家」と評される反面、二大政党以外の政治勢力による政治参加が阻害されてきた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たパーソナルコンピュータ

    2007年8月からベネズエラのウゴ・チャベス大統領を仲介役にして人質解放交渉が始まり、同年末から2008年2月にかけて750人の誘拐した人質のうち6人を解放したが、交渉に当たっていたNo.2のラウル・レジェスが3月1日早朝にエクアドル領内で他の23名とともにコロンビア空軍の空爆を受けて殺害された。その際コロンビア当局が押収したパソコンの記録などから、FARCが核物質のウラン50キロを入手していた可能性が強まった。また7日には最高幹部の1人であるイバン・リオスが部下の護衛に殺害された。これで最高幹部7人のうち2人を短期間に失ったことになり、FARCにとっては大きな打撃となった。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たチリ

    2016年6月22日、コロンビア政府とFARCは停戦で合意し、共同で声明を発表した。同23日、キューバの首都ハバナで、サントス大統領とFARCのティモチェンコ最高司令官が国連の潘基文事務総長、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長、チリのミシェル・バチェレ大統領、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領らの同席の下で停戦協定に署名した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たマルクス・レーニン主義

    1959年にキューバ革命が起きると、コロンビアでもその影響を大きく受けた組織が次々と旗揚げした。FARCもその1つであり、1964年5月27日に結成された。自由党系の武装農民運動から出発し、1966年、伝説的な指導者マヌエル・マルランダが最高司令官に就任。コロンビアの寡頭制の打倒、農地改革、富の再分配を掲げ、マルクス・レーニン主義の社会主義革命政権樹立を目的とした。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード