73件中 61 - 70件表示
  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た政党

    1984年に政府との和平交渉に応じ、翌年愛国同盟という合法政党を創設。国会に議員を送り込んだが、議員や関係者は3,000人も暗殺され、1994年には政党資格を消失し国政から離脱した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た地主

    19世紀の中頃、コロンビアでは自由党と保守党による議会政治が行われてきた。しかし、それは民主政治とはかけ離れたものであり、大地主、教会、資本家といったブルジョワ層を支持する政治組織以外は排除されていたため、農民をはじめとしたコロンビア一般市民は非常に貧しい生活を強いられてきた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た武器

    使用する武器は、ロシア製が中心だが、アメリカ製の銃火器も好んで使用する。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た極右

    また、FARCやELNなどの左翼ゲリラが国土の3分の1近くまで勢力を伸ばしている中で、1997年にそれら左翼ゲリラに対抗するため、極右私兵組織「AUC(コロンビア自警軍連合)」なども現れている。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た農地改革

    1959年にキューバ革命が起きると、コロンビアでもその影響を大きく受けた組織が次々と旗揚げした。FARCもその1つであり、1964年5月27日に結成された。自由党系の武装農民運動から出発し、1966年、伝説的な指導者マヌエル・マルランダが最高司令官に就任。コロンビアの寡頭制の打倒、農地改革、富の再分配を掲げ、マルクス・レーニン主義の社会主義革命政権樹立を目的とした。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たコカ

    1980年代初頭までは勢力1,000人規模だったが、80年代半ばより麻薬密売組織と協力関係を結び、コカイン原料のコカ栽培地やコカイン精製工場、コカイン密輸ルートを保護することで多額の軍資金を獲得。政府軍より高性能の兵器を備えることで急速に勢力を拡大させた。その規模は1995年にコロンビア政府が麻薬組織を壊滅させてからFARCがコカイン取引に直接関与することで急成長し、95年当時6,000人規模だったのが2000年代には3倍の18,000人に膨れ上がった。一時はコロンビアの3分の1を実効支配下に置き、支配地域でのコカ栽培への課税、住民からの徴税、要人誘拐による身代金やコカイン取引で毎年推定8億ドルもの活動資金を得ていた。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たロシア

    それ以外は、FARCはロシアン・マフィアからロシア製の武器を供給してもらう代わりに、麻薬カルテルから得た麻薬や、自分たちで栽培した麻薬をマフィアに提供している。ヨーロッパに運ばれるコロンビア産のコカインの3割以上はロシアン・マフィアが運んでいるとされる。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見たロシアン・マフィア

    それ以外は、FARCはロシアン・マフィアからロシア製の武器を供給してもらう代わりに、麻薬カルテルから得た麻薬や、自分たちで栽培した麻薬をマフィアに提供している。ヨーロッパに運ばれるコロンビア産のコカインの3割以上はロシアン・マフィアが運んでいるとされる。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た上院

    2002年2月20日、南部のネイバからボゴタへ向かう国内線プロペラ機がFARC構成員にハイジャックされ、和平交渉担当の上院議員が拉致される事件が発生すると、これを契機に政府は最終的に交渉を打ち切り、国軍を展開させ事実上FARCの支配下にあった非武装地帯を奪回した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア革命軍

    コロンビア革命軍から見た国会

    1984年に政府との和平交渉に応じ、翌年愛国同盟という合法政党を創設。国会に議員を送り込んだが、議員や関係者は3,000人も暗殺され、1994年には政党資格を消失し国政から離脱した。コロンビア革命軍 フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示

「コロンビア革命軍」のニューストピックワード