249件中 31 - 40件表示
  • コロンビア

    コロンビアから見た虐殺

    1990年、大統領に就任した自由党のセサル・ガビリア・トルヒージョは野党を含む挙国一致内閣を組閣し、1991年に1886年憲法が全面改正され、施行された。1994年に就任した自由党のエルネスト・サンペール・ピサノ大統領が選挙期間中にカリ・カルテルから選挙資金を受け取っていたことが発覚し、「ナルコ・ゲート事件」に発展した。議会はサンペールを弾劾する構えを見せ、アメリカ政府もサンペールの入国ビザの発給を拒否するなど外交問題に発展した。1998年に就任した保守党のアンドレス・パストラーナ大統領は、対米関係重視の政策をとり、翌1999年1月にはFARCとの和平対話を開始するも、2002年初頭のFARCによるテロを受け、和平プロセスを中止。同夏自由党系の新政党「プリメーロ・コロンビア」から就任したアルバロ・ウリベ大統領は治安回復を重点課題とし、2006年5月、ウリベは大統領に再選した。2010年7月下旬にはボゴダの南方の町マカレナで2000体余りの虐殺されたと思われる遺体が発見された。2010年6月には大統領選挙でウリベ政権下で国防大臣を務めたフアン・マヌエル・サントスが当選し、同年8月7日に大統領に就任した。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た太平洋戦争

    1908年(明治41年)5月25日、「日本コロンビア修好通商航海条約」調印により、両国間の国交が開かれた。1910年代にカリブ海沿岸などに日本人が移住していた可能性がある。1921年(大正10年)に商社員の星野良治がボゴタに移住。1923年には島清、中村明ら5名が安洋丸でブエナベンツーラ港に入港。1926年、海外興行会社社員の竹島雄三らにより移住候補地の調査開始。1929年(昭和4年)、主に福岡県などから入植が始まり、農業で成功した。現在もカリを中心に1800人ほどの日系コロンビア人が存在する。1941年の太平洋戦争で一時国交を断交したが、戦後の1952年に再開した。貿易関係ではコロンビア産のコーヒーが多く日本に輸出されている。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たコロンビア・プロサッカーリーグ

    テホと呼ばれる先住民由来のスポーツが国技であるが、やはり他のラテン・アメリカの国々と同じようにコロンビアでもサッカーが大変盛んである。1948年にコロンビア・プロサッカーリーグが創設され、主なサッカークラブとしては、オンセ・カルダス、ミジョナリオス、アトレチコ・ナシオナル、デポルティーボ・カリなどが挙げられる。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た米州機構

    1946年に保守党政権が誕生すると、保守党政権は徐々に自由党派に対するテロを繰り広げ、1948年にボゴタでのOAS会議中に、自由党党首のガイタンが当選確実といわれた選挙直前に暗殺された。ガイタン暗殺をきっかけに激昂した自由党派の市民と保守党派の市民が衝突し、ボゴタ暴動(ボゴタソ)が発生した。この一連の暴動により、再びコロンビアは暴力の時代を迎え、1946年から1950年代末までの「暴力」の時代の死者は、全て併せると20万人にも及ぶと推測される。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たカピバラ

    紀元前10450年頃に、ボゴタ近郊のエル・アブラの遺跡で先史文化の萌芽が見られる。中央アメリカから渡ってきた諸族の影響が大きくトウモロコシも彼らによって持ち込まれた。サン・アグスティンの遺跡も恐らく彼らによるものだと思われている。紀元前1000年、インディオのグループは南アメリカでインカ帝国に次いで最も優れていたといわれる行政システムであったカシケと呼ばれる首長による一種の首長制国家群("cacicazgos")を発展させた。その好例をチブチャ系のムイスカ、タイロナ、カリマ、キンバヤ、シヌーなどの部族とその文化に見ることができる。紀元前300年ごろ、現在のニカラグアに相当する地域からチブチャ系の人々が渡って来てからは、以降彼らを中心に独自の文化が育まれた。特にボゴタ盆地に居住していたムイスカ人はトウモロコシとジャガイモを栽培し、カピバラの一種を家畜化して、生産物を低地民のコカや木綿と交換することにより生計を立てていた。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た公用語

    コロンビアでは80以上の言語が話されており、50万人が先住民の言葉を今も話しているが、公用語はスペイン語であり、日常生活でも使われている。また、コロンビアのスペイン語は南米で最も正しくスペイン語のアンダルシア方言を残しているといわれている。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た麻薬

    ブラジル、メキシコに続き、コロンビアはラテンアメリカ第3位の人口を誇る。コーヒー、エメラルド、バラそしてコカインの産地としても有名である。現在は左翼ゲリラ、右翼民兵、麻薬組織による内戦に苦しめられている。内戦は1964年から1966年にかけてゲリラの蜂起から始まり、現在も特に抵抗が大きいのはコロンビア革命軍である。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たイラク戦争

    アメリカ合衆国との関係では、1903年にアメリカ合衆国の援助を受けてパナマ地峡がパナマ共和国として独立したが、1921年にアメリカとの合意が達成され、パナマの独立はコロンビア政府によって承認された。パナマの独立承認後1920年代から合衆国資本により経済支配が進んだ。その後も親米路線は徹底し、近年ウリベ政権が米国からの援助で内戦を終結させようとする傾向を強くし、イラク戦争を支持するなど一層の同盟関係の強化が進んだ。現在は米国との自由貿易協定締結を目指している。2009年8月14日には、アメリカとコロンビアとの間で軍事同盟が正式発効した。しかし、これにベネズエラが「宣戦布告」と反発している。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た司法

    司法権は最高裁判所に属し、行政、立法から独立している。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た国際連合教育科学文化機関

    コロンビア国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が4件、自然遺産産が2件ある。詳細は、コロンビアの世界遺産を参照。コロンビア フレッシュアイペディアより)

249件中 31 - 40件表示

「コロンビア」のニューストピックワード