249件中 81 - 90件表示
  • コロンビア

    コロンビアから見たカルタヘナ・デ・インディアス

    スペイン人は16世紀になると アフリカから奴隷を送り込み始める。その後カルタヘナ・デ・インディアスはペルーからの黄金の積出し港となり、富を狙ってのジャマイカを拠点にしたイギリスからの攻撃が激しくなった。スペインはイギリスからの防衛のために1717年にアンデス北部を ヌエバ・グラナダ副王領として、ペルー副王領から独立して組織した。この副王領は資金不足により一端廃止されるが、1739年に再び北部南米をベネスエラなどと共にヌエバ・グラナダ副王領が再編され、サンタフェ・デ・ボゴタに首都を定めた。しかし、その後も カルタヘナなどの都市に対してイギリス海軍や海賊の攻撃は続き、現在も城壁が残っている。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たメキシコ

    ブラジル、メキシコに続き、コロンビアはラテンアメリカ第3位の人口を誇る。コーヒー、エメラルド、バラそしてコカインの産地としても有名である。現在は左翼ゲリラ、右翼民兵、麻薬組織による内戦に苦しめられている。内戦は1964年から1966年にかけてゲリラの蜂起から始まり、現在も特に抵抗が大きいのはコロンビア革命軍である。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た中央アメリカ

    太平洋側では、パナマからプエナベントゥラまで続くバウド山脈は中央アメリカの延長である。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たスペイン

    国名は直接的にはアメリカ大陸の「発見」者クリストーバル・コロン(コロンブス)に由来し、アメリカが「アメリゴの土地」を意味するように、コロンビアは「コロンの土地」を意味する。植民地時代はスペインのグラナダに由来したヌエバ・グラナダ(新グラナダ)と呼ばれ、独立後も1858年までこの名称を使用していた。コロンビアの名称を最初に使用したのはベネズエラの独立指導者フランシスコ・デ・ミランダであり、ミランダが新大陸を示す名称としてコロンビアを用いた。1819年に解放者シモン・ボリーバルは南米統一国家の国名にこの名称を用い、ベネズエラとヌエバ・グラナダの連合国家の名称としてコロンビア共和国が採用された。1831年にヌエバ・グラナダ共和国として大コロンビアから独立した後、1858年にはグラナダ連合、1863年にはコロンビア合衆国と国名を変え、1886年に現在まで続くコロンビア共和国の名称が最終的に定まった。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たキト

    再びベネズエラに上陸したボリーバルは1818年にリャネーロの頭目だったホセ・アントニオ・パエスの力を借り、1819年にはアンゴストゥーラを臨時首都としてのベネスエラ第三共和国が再建され、コロンビア共和国が創設された。1819年8月のボヤカの戦いに勝利するとボゴタが解放され、ヌエバ・グラナダも最終的に解放されて、ボリーバルはコロンビア共和国の建国を正式に宣言し、コロンビアの首都も改名されたボゴタに定められた。1821年にカラボボの戦いでの勝利によりカラカスが解放されると、ベネズエラも最終的に解放され、両国は改めて正式にコロンビア共和国を形成した。1820年には解放されたグアヤキルが、1822年にはキトが併合され、このコロンビア共和国は現在のコロンビア、ベネスエラ、エクアドル、パナマの全て及びペルー、ガイアナ、ブラジルの一部を含む北部南米一帯を占める大国家となった。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た野球

    また、アンデス山脈中の高地において自転車競技も人気である。言語以外の面でもコロンビアはラテンアメリカ諸国の中で最もスペインから多くのものを引き継いでいる国であり、それゆえスペイン本国と同じく闘牛も盛んである。カリブ海沿岸部を中心にアメリカ合衆国の影響を受けて野球も盛んであり、メジャーリーガーも輩出している。コロンビアで特に人気の高いスポーツはローラースケートであり、女子世界選手権で1・2位を独占したこともある。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た闘牛

    また、アンデス山脈中の高地において自転車競技も人気である。言語以外の面でもコロンビアはラテンアメリカ諸国の中で最もスペインから多くのものを引き継いでいる国であり、それゆえスペイン本国と同じく闘牛も盛んである。カリブ海沿岸部を中心にアメリカ合衆国の影響を受けて野球も盛んであり、メジャーリーガーも輩出している。コロンビアで特に人気の高いスポーツはローラースケートであり、女子世界選手権で1・2位を独占したこともある。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たコカイン

    ブラジル、メキシコに続き、コロンビアはラテンアメリカ第3位の人口を誇る。コーヒー、エメラルド、バラそしてコカインの産地としても有名である。現在は左翼ゲリラ、右翼民兵、麻薬組織による内戦に苦しめられている。内戦は1964年から1966年にかけてゲリラの蜂起から始まり、現在も特に抵抗が大きいのはコロンビア革命軍である。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見た国連軍

    1950年に保守党の超保守派ラウレアーノ・ゴメス大統領は事態を収拾するためと称して教会の政治的権利の復活などを骨子とした独裁を激しくしていき、それに伴い暴力も拡大して行った。しかし、この内戦の中でも工業生産は増加した。ゴメスは反共を掲げ共産党系と自由党系のゲリラを弾圧し、反共政策の下でラテンアメリカ諸国で唯一国連軍に軍隊を派遣した。コロンビア フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア

    コロンビアから見たアルゼンチン

    ロハスはポプリスモ的な政策で民兵の武装解除を行い、部分的に「暴力」を収めることに成功したが、 1955年ロハスが人民弾圧をおこなった地主達に恩赦をかけたために農民が蜂起し(ビジャリカ戦争)、1956年ロハスに敬意を示さなかったという理由で多数の市民が虐殺される「牛の首輪事件」の発生などにより、次第に民衆の間でも反ロハス感情が強まった。また、ロハスは労働者保護に努める中で、次第に自由党、保守党から離れてアルゼンチンのフアン・ペロンのような独自の支持基盤を労働者に持とうとしたため、支配階級も反ロハス感情を抱いた。反ロハス勢力が結集し、1957年にロハスは辞任に追いやられた。コロンビア フレッシュアイペディアより)

249件中 81 - 90件表示

「コロンビア」のニューストピックワード