前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
629件中 1 - 10件表示
  • コボコ

    コボコから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    コボコ (Koboko) はウガンダ北西部西ナイル地方の町。スーダン、コンゴ民主共和国との国境に近い。2005年7月にアルーア県の北西部が分割されて設置された、コボコ県の県庁所在地である。アルーアの北にある。アルーアからコボコを経て国境の町オラバ、スーダンのカヤ、イェイへと道路が通じている。イディ・アミンの出生地である可能性が指摘されている。コボコ フレッシュアイペディアより)

  • キゲジ

    キゲジから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    キゲジ (Kigezi) はウガンダ南西部の伝統的地域。北にエドワード湖を挟みトロ王国(ルウェンズルル)、東にアンコーレ王国南にルワンダ東部州及び北部州、西にコンゴ民主共和国北キヴ州と接する。キゲジの主な住民はバントゥー系のキガ族で、最南部にフンビラ族と少数のトゥワ、北部にホロロ族が周辺国のように階層社会を形成したが、キガ族はそうでなく、雑穀などを栽培しながらウシなどを飼育する農耕社会であった。キゲジ フレッシュアイペディアより)

  • ムスタファ・ニアス

    ムスタファ・ニアスから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1999年6月16日、彼はアブドゥ・ディウフ大統領と袂を分かち新党進歩勢力同盟 (AFP、Alliance des forces de progrès)を結成し、2000年の大統領選挙に立候補、アブドゥ・ディウフ、アブドゥライ・ワッドと戦った。ニアスの得票は第3位(16%)であったが、ディウフとワッドは決選投票に持ち込まれた。ワッドは勝利後、ニアスを首相に指名した(在任期間:2000年4月5日から2001年3月3日)。2002年、国連事務総長コフィー・アナンは、ニアスをコンゴ民主共和国に彼の特使として派遣した。ムスタファ・ニアス フレッシュアイペディアより)

  • 三十二進法

    三十二進法から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    自然言語では、コンゴ民主共和国のンギティ語 (Ngiti) が三十二進法の数詞を持つ。内部に四進法を含み、減算も用いる複雑な体系である。三十二進法 フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ

    アンゴラから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    アンゴラ共和国(アンゴラきょうわこく)、通称アンゴラは、アフリカ南西部に位置する共和制国家。東にザンビア、南にナミビア、北にコンゴ民主共和国と国境を接し、西は大西洋に面している。コンゴ民主共和国を挟んで飛地のカビンダが存在し、カビンダは北にコンゴ共和国と国境を接する。首都はルアンダ。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所

    国際刑事裁判所から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    近年では、ICCが初めて国際連合憲章第7章に基づく案件の付託を受けたスーダン・ダルフール案件については、2007年5月に、現職の政府閣僚を含む容疑者2名に対して初めて逮捕状が発行されている。同案件について2008年7月、ICC検察局はさらに同国のオマル・バシール大統領の逮捕状も請求し逮捕状は2009年3月4日に発行された。また2008年8月には、北オセチアをめぐるグルジア事態について、グルジア・ロシア連邦両国政府の協力を得て調査を開始している。さらにコンゴ民主共和国の案件について2009年1月26日に公判が開始されたほか、2011年2月26日に採択された安保理決議1970に基づいてリビアの事態に関する案件が付託され、検察官による捜査が開始されている。最新の案件では、2011年11月30日に2010年コートジボワール危機のさなか人道に対する罪を犯したとしてローラン・バグボ前大統領を逮捕・収監。元首経験者に対しはじめて逮捕状を執行した。国際刑事裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所の歴史

    国際刑事裁判所の歴史から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    2002年4月、ボスニア、ルーマニア、カンボジア、ブルガリア、コンゴ民主共和国、アイルランド、ヨルダン、モンゴル、ニジェール、スロバキアら10カ国が一挙に批准し、条約発効に必要な60カ国の批准の要件が満たされる。国連ではこれを記念して、ニューヨークの国連本部で大々的に合同批准書寄託式典を催した。国際刑事裁判所の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 危機にさらされている世界遺産

    危機にさらされている世界遺産から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    「疫病などの自然的要因によるか、密猟などの人工的要因によるかを問わず、その物件が保護に値すると評価される要因となった絶滅危惧種、もしくは顕著に普遍的な価値を持つ種の深刻な減少」。キタシロサイが激減したガランバ国立公園(コンゴ民主共和国、1984年 - 1992年、1996年 - )など。危機にさらされている世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • エボラ出血熱

    エボラ出血熱から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    そして、この最初の男性の出身地付近である、当時のザイールのエボラ川からこのウイルスの名前はエボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられた。その後エボラ出血熱はアフリカ大陸で10回、突発的に発生・流行し、感染したときの致死率は50?89%と非常に高い。エボラ出血熱 フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ

    アンゴラから見たザイールコンゴ民主共和国

    しかし、MPLAに主導権を握られるのを嫌ったアンゴラ国民解放戦線 (FNLA)・アンゴラ全面独立民族同盟 (UNITA) 連合がウアンボ(旧ノーヴァ・リズボア)にアンゴラ人民民主共和国の独立を宣言し、独立直後から、キューバ(直接介入)とソ連が支援するアンゴラ解放人民運動 (MPLA) と、南アフリカ共和国(直接介入)とアメリカ合衆国が支援するUNITA、ザイール(直接介入)とフランスが支援するFNLA連合の間で内戦状態に陥った。キューバ軍の支援を受けたMPLAは首都ルアンダの防衛に成功し、政権を掌握したが、しかし、1975年の時点で50万人を数えたポルトガル系アンゴラ人の入植者の大規模な引き上げや、戦争によるインフラ、農地の荒廃によってアンゴラの産業は大混乱に陥った。アンゴラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
629件中 1 - 10件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード