780件中 101 - 110件表示
  • アムル県

    アムル県から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    アムル県 (Amuru District) はウガンダ北西部アチョリ地方西部の県。2006年7月1日にグル県の西部のキラク郡とンウォヤ郡が分割され設置された。2002年の国勢調査人口は 177,783 人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はアンソニー・アチュベ・アマチ。北にキラク郡、南にンウォヤ郡があり、キラク郡にはグルからスーダンの国境のニムレを通りジュバに向かう幹線道が、ンウォヤ郡にはグルからアルアを通りコンゴ民主共和国に向かう幹線道が通る。白ナイルを挟み西ナイル地方のアルア県、ネビ県、南はブニョロのマシンディ県及びブリサ県、北西にアジュマニ県、南東にランゴ地方のオヤム県、北東にキトゥグム県、北に南スーダンと接する。アムル県 フレッシュアイペディアより)

  • アルール語

    アルール語から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    アルール語(Alur,Lur)は、ナイル・サハラ語族の西ナイル語群に属する言語である。話者はウガンダ北西部やコンゴ民主共和国北東部に居住するアルール族の人々である。アルール語 フレッシュアイペディアより)

  • カセセ県

    カセセ県から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    カセセ県 (Kasese District) はウガンダ西部、トロ王国南西部、ルウェンズルル王国南部の県。ルウェンゾリ山地の南東、エドワード湖とドゥウェル湖(ジョージ湖)の北に位置し、面積は 2,724 km?で、南西にブコンゾ郡、東部にブソンゴラ郡の2つの郡にブコンゾに10、ブソンゴラにカセセ、カトウェ=カバトロ、ヒマの3TCを含め12の計22副郡と113の教区、656の村が置かれている。キレンベには銅山があり、ウガンダ鉄道がカセセまで敷かれた。現在ではコバルトが採掘されている。住民の多くは家畜を伴った農民である。2002年の国勢調査人口は 523,033人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はジュリアス・キタゲンダ。thumb|left|火口湖の1つブソンゴラ郡南部にはカトウェ=キコンゴロの火口湖群があり、北部はルウェンゾリ山地国立公園、南部はクイーンエリザベス国立公園に指定されている。北にブンディブギョ県、北東にカバロレ県、東にカムウェンゲ県、南東にカジンガ水路を挟み、アンコーレ王国のブシェニ県、エドワード湖の南にキゲジのルクンギリ県、カヌング県、西にコンゴ民主共和国の北キヴ州と接する。フォート・ポータルからの幹線道がヒマ、カセセを通りキコロンゴでコンゴ方面、ントゥンガモ方面に分岐している。カセセの東にカセセ空港がある。カセセ県 フレッシュアイペディアより)

  • キゴマ

    キゴマから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    タンザニーカ湖東岸に位置する。近隣の都市としては、約10キロ北のウジジが挙げられる。ブルンジ国境、タンザニーカ湖対岸のコンゴ民主共和国国境にも近い。インド洋沿岸のダルエスサラームからキゴマまで鉄道で結ばれている。キゴマ フレッシュアイペディアより)

  • キソロ県

    キソロ県から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    キソロ県 (Kisoro District) はウガンダ南西、キゲジ南西の県。1991年5月にカバレ県から西部のブフンビラ郡が分割され設置された。ルヘンゲリの北東約20kmに位置し面積は約729.2km?で、キソロTCを含め14の副郡に36教区と389の村が置かれている。ブフンビラは1910年5月14日のブリュッセル会議でドイツ領東アフリカのルワンダから英領ウガンダに併合された地域だったため、フンビラ人は民族的にルワンダ人と等しいと看做されている。2002年の国勢調査人口は 220,312人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長は国民抵抗運動 (NRM) のフィレモン・マテケ。キソロの北西にはムタンダ湖があり、北部から東部は山岳地帯で北にブウィンディ原生国立公園でカヌング県、西にコンゴ民主共和国北キヴ州、南にルワンダ北部州と接し、南西部はムフンビロ(ヴィルンガ山地)で三国国境にサビニョ山、ルワンダ国境にガヒンガ山、ムハブラ山が並びムガヒンガ・ゴリラ国立公園に指定されている。キソロ県 フレッシュアイペディアより)

  • コボコ県

    コボコ県から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    コボコ県 (Koboko District) はウガンダ北西部、西ナイル地方北西部の県。アルア県から2005年7月1日に北西部のコボコ郡が分割され設置された。県庁所在地はコボコ。コボコを含め5つの副郡に43の教区が置かれている。主な住民はナイル系のカクワ族である。2002年の国勢調査人口は 131,604 人。知事に相当する第五地域議会 (LC5) 議長はダダ・ウィリアム。東にユンベ県、南にマラチャ県、西にコンゴ民主共和国イトゥリ州、北に南部スーダン中赤道州と接する。アルアからマラチャ、コボコ、スーダンのイェイには幹線道が走る。コボコ県 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国の政党

    コンゴ民主共和国の政党から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国の政党(コンゴみんしゅきょうわこくのせいとう)では、コンゴ民主共和国(旧国名:ザイール共和国)に関する政党について説明する。コンゴ民主共和国の政党 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン・アフリカ民族同盟

    スーダン・アフリカ民族同盟から見たザイールコンゴ民主共和国

    スーダン独立後、南北対立が激化する中、1958年軍事クーデターでイブラヒム・アブード将軍が政権を掌握した。ウィリアム・デン、神父、、アレクシス・バクンバ(Alexis Bakumba)ら南部スーダンの政治家は、ウガンダに亡命を余儀なくされた。さらにサトゥルニノ・オフレ神父とジョゼフ・オドゥホはウガンダからザイール(現在のコンゴ民主共和国)の首都キンシャサに移り、ウィリアム・デンとともに「スーダン・アフリカ閉鎖地区民族同盟」(Sudan African Closed Districts National Union、SACDNU)を結成した。その後、1963年にウガンダの首都カンパラに移動した亡命者たちは、運動を「スーダン・アフリカ民族同盟」(Sudan African National Union、SANU)に改称し、初代議長(党首)にジョゼフ・オドゥホを選出した。スーダン・アフリカ民族同盟 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン・アフリカ民族同盟

    スーダン・アフリカ民族同盟から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    スーダン独立後、南北対立が激化する中、1958年軍事クーデターでイブラヒム・アブード将軍が政権を掌握した。ウィリアム・デン、神父、、アレクシス・バクンバ(Alexis Bakumba)ら南部スーダンの政治家は、ウガンダに亡命を余儀なくされた。さらにサトゥルニノ・オフレ神父とジョゼフ・オドゥホはウガンダからザイール(現在のコンゴ民主共和国)の首都キンシャサに移り、ウィリアム・デンとともに「スーダン・アフリカ閉鎖地区民族同盟」(Sudan African Closed Districts National Union、SACDNU)を結成した。その後、1963年にウガンダの首都カンパラに移動した亡命者たちは、運動を「スーダン・アフリカ民族同盟」(Sudan African National Union、SANU)に改称し、初代議長(党首)にジョゼフ・オドゥホを選出した。スーダン・アフリカ民族同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ソンゲ語

    ソンゲ語から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ソンゲ語(Songe、Songye、Lusonge、Yembe、Northeast Luba)はバントゥー語群に属する言語である。話者はコンゴ民主共和国に居住する。ソンゲ語 フレッシュアイペディアより)

780件中 101 - 110件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード