629件中 21 - 30件表示
  • 西部州 (ルワンダ)

    西部州 (ルワンダ)から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    2006年1月1日にルワンダの行政区分が再編され、西部州が成立した。西部州は2002年以前のチャンググ県、ギセニ県、キブエ県、及びルヘンゲリ県の一部からなる。コンゴ民主共和国とブルンジに接している。主要都市はギセニ及びチャンググ。キガリに次いで人口稠密である。北に火山国立公園、中北部にギシュワティ森林保護区、南部にニュングェ国立公園がある。北東に北部州、東に南部州、北にコンゴ民主共和国北キヴ州、西に南キヴ州と接する。ギシュワティの森は開発により99.4%が失われた。西部州 (ルワンダ) フレッシュアイペディアより)

  • 北部州 (ルワンダ)

    北部州 (ルワンダ)から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    州都は東部に位置するビュンバ。北部にブレラ郡、北西にムサンゼ郡、東部にギクンビ郡、南西にガケンケ郡、南東にルリンド郡の5つの郡 (akarere) が置かれており、ウガンダとコンゴ民主共和国に接する。ムサンゼ郡の北部は火山国立公園に指定されている。東に東部州、南東にキガリ州、南西に南部州、西に西部州、ヴィルンガ山地のカリシンビ山、ビソケ山、ムシデ山を挟み北西にコンゴ民主共和国北キヴ州と、三国国境にサビニョ山、ムガヒンガ山、ムハブラ山を挟み北にウガンダのキゲジのキソロ県及びカバレ県と接する。東部にキガリとガトゥナを経てカバレを結ぶ幹線道、西部にキガリとルヘンゲリを結ぶ幹線道、北西部にチャニカとルヘンゲリ、ギセニを結ぶ幹線道が走る。北部州 (ルワンダ) フレッシュアイペディアより)

  • シャバニ・ノンダ

    シャバニ・ノンダから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    シャバニ・クリストフ・ノンダ(Shabani Christophe Nonda, 1977年3月6日 - )は、コンゴ民主共和国で同国代表のサッカー選手。ポジションはFW(センターフォワード)。シャバニ・ノンダ フレッシュアイペディアより)

  • ブレイズ・ヌクフォ

    ブレイズ・ヌクフォから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ブレイズ・ヌクフォ(Blaise Isetsima Kufo, 1975年5月25日 - )は、コンゴ民主共和国・キンシャサ出身の元サッカー選手。スイス代表であった。ポジションはFW。エンクフォ、エヌクフォなど様々な表記がある。ブレイズ・ヌクフォ フレッシュアイペディアより)

  • カタンガ州

    カタンガ州から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    カタンガ州(Katanga Province)は、コンゴ民主共和国の州。一時はシャバ州と改称されたが、再びカタンガ州の名称に戻された。コバルトやウランなど豊富な地下資源が埋蔵されており、独立直後のコンゴ動乱では、大国の思惑も交錯して熾烈な内戦が繰り広げられた。カタンガ州 フレッシュアイペディアより)

  • 南スーダン

    南スーダンから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    南スーダン共和国(みなみスーダンきょうわこく)、通称南スーダンは、北アフリカに位置する国家。北にスーダン、東にエチオピア、南東にケニア、ウガンダ、南西にコンゴ民主共和国、西に中央アフリカと国境を接する内陸国である。南スーダン フレッシュアイペディアより)

  • スワヒリ語

    スワヒリ語から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    タンザニア、ケニアでは公用語、コンゴ民主共和国では国語に定められている。また、ウガンダは1992年にスワヒリ語を小学校の必修科目に指定し(実態は伴っていない)、2005年には東アフリカ連邦構想を念頭に公用語に指定した。スワヒリ語とその近縁の言語は、コモロのほぼ全域(コモロ語参照)、ブルンジ・ルワンダ・ザンビア北部・マラウィ・モザンビーク・ソマリア南部沿岸地域の一部でも話されている。コモロ語はスワヒリ語の近縁の言語であるが、アラビア語からの借用要素がより多いものである。スワヒリ語話者はかつて北はモガディシュまで広がっており、紅海南部の港市やアラビア半島南岸、ペルシャ湾岸でも通用した。しかし、20世紀半ばまでにソマリアにおけるスワヒリ語の範囲はキスマヨ、バラワおよび周辺の海岸沿いと沖合の小島のみへと狭まり、1990年にはスワヒリ語話者を含む多くのバントゥー系が内戦を避けてケニアへ流れた。現在ソマリアに残っているスワヒリ語話者の人口は定かでない。また、アフリカ連合においては英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語と並んで6つの公用語のうちのひとつとなっている。スワヒリ語話者の増大と言語の地位上昇に伴い、世界各国の放送局がスワヒリ語放送を開始している。スワヒリ語圏以外でスワヒリ語放送を行っている、あるいは行っていた放送局は、BBCワールドサービス、ボイス・オブ・アメリカ、ドイチェ・ヴェレ、ロシアの声、中国国際放送、ラジオ・フランス・アンテルナショナル、ラジオ・スーダン、ラジオ・南アフリカなどである。スワヒリ語 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ

    アフリカから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1995年から10年間にアフリカは経済成長を続け、2005年の平均成長率は5%に達した。さらに、埋蔵石油を持ち輸出に振り分けるため掘削に着手したアンゴラ・スーダン・赤道ギニアなど数カ国はさらなる成長が見込まれる。さらにアフリカには世界中のコバルト90%、白金90%と金の50%、クロム98%、タンタライト(en)70%、マンガン64%、ウラン33%が存在すると考えられている。コンゴ民主共和国には、携帯電話の製造に欠かせないコルタンが世界の70%に相当する量に上り、ダイヤモンドも世界の30%以上が同国に存在する。ギニアは世界最大のボーキサイト供給国である。このようにアフリカの経済成長はほとんどが資源提供を背景としたもので、工業や農業の発展ではなく、雇用創出や貧困からの脱却に寄与していない。実際に、2008年にリーマンショックを原因として起こった食糧危機では、1億人が飢餓状態に陥った。アフリカ フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ共和国

    コンゴ共和国から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    コンゴ共和国(コンゴきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。東にコンゴ民主共和国、北にカメルーンと中央アフリカ、西にガボン、南にアンゴラの飛地カビンダと国境を接している。首都はブラザヴィル。コンゴ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ブルンジ

    ブルンジから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ブルンジ共和国(ブルンジきょうわこく)、通称ブルンジは、中部アフリカの内陸に位置する国家。ルワンダ、コンゴ民主共和国、タンザニアと国境を接している。多数派のフツと少数派のツチの間で対立があり、1962年の独立以降たびたび衝突し、1993年には内戦にまで発展している。ブルンジ フレッシュアイペディアより)

629件中 21 - 30件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード