780件中 31 - 40件表示
  • ユーリ・カレンガ

    ユーリ・カレンガから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ユーリ・カレンガ(Youri Kalenga、1988年3月27日 - )は、フランスの男性プロボクサー。元WBA世界クルーザー級暫定王者。コンゴ民主共和国キンシャサ出身。コンゴ民主共和国初のプロボクシング世界王者。ユーリ・カレンガ フレッシュアイペディアより)

  • ハビャリマナとンタリャミラ両大統領暗殺事件

    ハビャリマナとンタリャミラ両大統領暗殺事件から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1994年4月初頭、国連安保理において、アメリカと非常任理事国はUNAMIRを巡り鋭い対立を見せた。アメリカの中央情報局(CIA)が2月に纏めた秘密報告は、の破綻は50万人の死を招くと予見していたが、米国は先立ってのソマリア内戦の痛手から国連の平和維持活動への積極参加を見直そうとしており、UNAMIRの終了に向けてロビー活動を行っていた。4月5日火曜日の夕刻、UNAMIRの活動を三ヶ月間延長するという妥協案が漸く合意を見た。この間、ハビャリマナ大統領は諸国歴訪を終えて帰国しようとしていた。4月4日にはザイール(現:コンゴ民主共和国)に飛んでモブツ・セセ・セコ大統領と会談し、6日にはタンザニアのダルエスサラームに日帰り予定で飛んでタンザニア大統領主催の近隣国首脳会談に出席した。その日の夕刻、帰路の飛行機にはブルンジのシプリアン・ンタリャミラ大統領とその閣僚数人も便乗した。これはフランス政府がハビャリマナ大統領に贈った専用機ダッソー ファルコン 50が、ンタリャミラ大統領自身の専用機よりも高速だったためである。ハビャリマナとンタリャミラ両大統領暗殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団

    2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    同難民選手団は全10名で、出自はシリアやコンゴ民主共和国、エチオピア、南スーダンと様々で、内戦や政情不安などで他国に逃れた経緯がある。うち8名はケニア、ベルギー、ドイツ、ルクセンブルクで暮らす難民だが、柔道に出場したコンゴ民主共和国出身のヨランデ・マビカ選手とポポレ・ミセンガ選手は、ブラジル政府から難民として認められブラジルで暮らす難民である。ブラジルは難民保護政策として母国において迫害の危険がある人々に積極的に「人道ビザ」を発行し、合法的かつ安全にブラジルに入国できる道を開いていた。2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団 フレッシュアイペディアより)

  • スワヒリ語

    スワヒリ語から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    タンザニア、ケニアでは公用語、コンゴ民主共和国では国語に定められている。また、ウガンダは1992年にスワヒリ語を小学校の必修科目に指定し(実態は伴っていない)、2005年には東アフリカ連邦構想を念頭に公用語に指定した。スワヒリ語とその近縁の言語は、コモロのほぼ全域(コモロ語参照)、ブルンジ・ルワンダ・ザンビア北部・マラウイ・モザンビーク・ソマリア南部沿岸地域の一部でも話されている。コモロ語はスワヒリ語の近縁の言語であるが、アラビア語からの借用要素がより多いものである。スワヒリ語話者はかつて北はモガディシュまで広がっており、紅海南部の港市やアラビア半島南岸、ペルシャ湾岸でも通用した。しかし、20世紀半ばまでにソマリアにおけるスワヒリ語の範囲はキスマヨ、バラワおよび周辺の海岸沿いと沖合の小島のみへと狭まり、1990年にはスワヒリ語話者を含む多くのバントゥー系が内戦を避けてケニアへ流れた。現在ソマリアに残っているスワヒリ語話者の人口は定かでない。また、アフリカ連合においては英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語と並んで6つの公用語のうちのひとつとなっている。スワヒリ語話者の増大と言語の地位上昇に伴い、世界各国の放送局がスワヒリ語放送を開始している。スワヒリ語圏以外でスワヒリ語放送を行っている、あるいは行っていた放送局は、BBCワールドサービス、ボイス・オブ・アメリカ、ドイチェ・ヴェレ、ロシアの声、中国国際放送、ラジオ・フランス・アンテルナショナル、ラジオ・スーダン、ラジオ・南アフリカなどである。スワヒリ語 フレッシュアイペディアより)

  • シュタインハイム (ヴェストファーレン)

    シュタインハイム (ヴェストファーレン)から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    シュタインハイムは歴史の過程で、ペスト、火災、三十年戦争などで何度もその発展を妨げられてきた。1618年には 375人の死者が出た。1636年と1637年には分かっているだけで 230人がペストの犠牲となった。実際にはさらに多くが亡くなったと推測される。しかしそれらは教区の記録に遺されていない。1637年に当時の市長ホーミッセンと市議会はロフスの日(8月16日)を市の休日と定め、「ロフスの誓い」をたてた。これ以後、この街はさらなるペスト禍から免れている。シュタインハイム市議会は、1971年に、アフリカのコンゴ民主共和国カレミのハンセン病および結核患者に対する支援協力を決議した。これ以後、毎年シュタインハイムの市の休日には、これらの患者の村のために聖ロフス集会が開催されている。さらに1983年にアーヘンの彫刻家フーベルト・レネーケは患者を救う聖ロフスの像を完成させ、シュタインハイム貯蓄・貸付銀行 eG(2011年7月15日以降は統合国民銀行 eG)の創設100周年の機会に寄贈した。シュタインハイム (ヴェストファーレン) フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ民族解放戦線

    アンゴラ民族解放戦線から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    蜂起の結果、UPAはアンゴラから逃れ、モブツとアメリカ合衆国の支持を得てコンゴ民主共和国のレオポルドヴィル(現キンシャサ)に拠点を移した。UPAはレオポルドヴィルで他の組織と合併し、アンゴラ民族解放戦線(FNLA)として再編され、同地に亡命アンゴラ政府を樹立した。一方、1961年2月の蜂起失敗後、MPLAもレオポルドヴィルに逃れていたが、レオポルドヴィルで両組織の統一を訴えたMPLAはFNLAによって壊滅させられそうになったため、MPLAは1963年中にレオポルドヴィルを退去してコンゴ民主共和国のブラザヴィルに本部を移転した。アンゴラ民族解放戦線 フレッシュアイペディアより)

  • キサンガニ

    キサンガニから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    キサンガニ(Kisangani)は、コンゴ民主共和国の北東部に位置する交易都市。コンゴ川(ザイール川)中流にかかるボヨマ滝の下流北岸、標高415m に位置する。人口は41.8万人。キサンガニ フレッシュアイペディアより)

  • ブレイズ・ヌクフォ

    ブレイズ・ヌクフォから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ブレイズ・ヌクフォ(Blaise Isetsima Kufo, 1975年5月25日 - )は、コンゴ民主共和国・キンシャサ出身の元サッカー選手。スイス代表であった。ポジションはFW。エンクフォ、エヌクフォなど様々な表記がある。ブレイズ・ヌクフォ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の国際連合

    2017年の国際連合から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    世界保健機関、コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の発生を発表。同国では2014年以来3年ぶり。2017年の国際連合 フレッシュアイペディアより)

  • 中央アフリカ共和国

    中央アフリカ共和国から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    中央アフリカ共和国(ちゅうおうアフリカきょうわこく、、)、通称中央アフリカは、アフリカ中央部にある国家。北東にスーダン、東に南スーダン、南にコンゴ民主共和国、南西にコンゴ共和国、西にカメルーン、北にチャドと国境を接する内陸国で、首都のバンギはウバンギ川河畔に位置している。人口は550万人ほどで、独立以来クーデターが多発しており政情は常に不安定である。その影響から経済は低迷し続けており、後発開発途上国あるいは失敗国家のひとつにも数えられる。中央アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

780件中 31 - 40件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード