780件中 61 - 70件表示
  • ヨウム

    ヨウムから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    体長は約33cm、体重300-500g程度(生息地により大きく異なり、コンゴ民主共和国に生息するものは大型の傾向にあるといわれる)。体の大半は淡灰色の縁取りのある灰色の羽毛に包まれている。風切り羽根は黒色。顔面部は羽毛がなく白い。嘴は黒、白-淡黄色の虹彩。赤い尾羽を持つ(亜種のコイネズミヨウムは嘴に褐色の部分があり、尾羽根が暗赤色である)。主食は種子や果実(アブラヤシの実など)。アフリカ西海岸の森林地帯、ガーナからビクトリア湖周辺、アンゴラ共和国からコンゴ民主共和国(旧ザイール)など、低湿地の森林から高地の森林などに分布する。幼鳥は虹彩が黒く、舌の色が肌色である。平均寿命は50年前後とされている。ヨウム フレッシュアイペディアより)

  • 1月17日

    1月17日から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1961年 - カタンガ国内に連行されたコンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル)の前首相パトリス・ルムンバが処刑。1月17日 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ

    アフリカから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1995年から10年間にアフリカは経済成長を続け、2005年の平均成長率は5%に達した。さらに、埋蔵石油を持ち輸出に振り分けるため掘削に着手したアンゴラ・スーダン・赤道ギニアなど数カ国はさらなる成長が見込まれる。さらにアフリカには世界中のコバルト90%、白金90%と金の50%、クロム98%、タンタライト(en)70%、マンガン64%、ウラン33%が存在すると考えられている。コンゴ民主共和国には、携帯電話の製造に欠かせないコルタンが世界の70%に相当する量に上り、ダイヤモンドも世界の30%以上が同国に存在する。ギニアは世界最大のボーキサイト供給国である。このようにアフリカの経済成長はほとんどが資源提供を背景としたもので、工業や農業の発展ではなく、雇用創出や貧困からの脱却に寄与していない。実際に、2008年にリーマンショックを原因として起こった食糧危機では、1億人が飢餓状態に陥った。アフリカ フレッシュアイペディアより)

  • 第二次コンゴ戦争

    第二次コンゴ戦争から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    第二次コンゴ戦争(だいにじコンゴせんそう、)は、1998年8月から2003年7月にかけて、コンゴ民主共和国においてツチとフツの民族対立や資源獲得競争が原因で行なわれた戦争である。アフリカ大戦()とも呼ばれる。第二次コンゴ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    アルジェリア、コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を有する。2011年7月に南スーダン共和国が分離独立する前は、面積2,505,813km2とアフリカ大陸最大の国土を有していた。スーダン フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1960年にコンゴ民主共和国がベルギーから独立したが、独立に際してのベルギーの対応はコンゴ動乱やモブツ体制の確立など、コンゴの不安定化を大きく助長した。1958年4月にベルギー領コンゴの発行した1500万ドルの外債は、幹事のディロン・リード(150)を筆頭に、ラザード(60)、ゴールドマン・サックス(60)、メリル・リンチ(60)など40社が引受けた(括弧内は単位万ドルの引受額)。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ・キンシャサ

    コンゴ・キンシャサから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    コンゴ・キンシャサ フレッシュアイペディアより)

  • キコンゴ

    キコンゴから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    キトゥバ語のコンゴ民主共和国内での呼称のひとつ。キコンゴ フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ (旧ザイール)

    コンゴ (旧ザイール)から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    コンゴ (旧ザイール) フレッシュアイペディアより)

  • 旧ザイール

    旧ザイールから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    旧ザイール フレッシュアイペディアより)

780件中 61 - 70件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード