780件中 71 - 80件表示
  • 第2外人落下傘連隊

    第2外人落下傘連隊から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    1978年:ザイール、コルヴェジに緊急派遣。白人人質解放作戦(レオパール作戦)に参加。第2外人落下傘連隊 フレッシュアイペディアより)

  • シンコ川盆地

    シンコ川盆地から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    シンコ川盆地(-がわぼんち、英:Chinko River Basin)は、中央アフリカ共和国東部の盆地。スーダン、コンゴ民主共和国の国境にも近い。北のスーダン国境近くに源を発するシンコ川が南へと流れており、面積は約9万5000km2。シンコ川盆地 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル首都圏地域

    ブリュッセル首都圏地域から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    欧州委員会など多くの国際機関があり、欧州連合加盟国出身者が多く住んでいる。近年は旧ベルギー植民地(コンゴ民主共和国、ルワンダ、ブルンジ)だけでなくマグリブ(特にモロッコ)、トルコ、イラン、パキスタン、南アメリカなどからの労働者が増えており、国際色豊かで多民族的な地域となっている。移民は一般にフラマン語ではなくフランス語を学ぶ傾向がある。ブリュッセル首都圏地域 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイの文化

    マラウイの文化から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    現在の国家名であるマラウイ(Malawi )は、15世紀ごろにコンゴ民主共和国の南部から移住してきたバントゥー系民族のマラビ族(Maravi )に由来する。この民族はマラウイ湖の北側のエリアまでたどり着いたところで2つの集団に分離した。一方は、湖の西側を南へと進み、マラウイ湖の西側のエリアに暮らすチェワ族の先祖となった。残りのもう一方は、湖の東側を南へと進み、マラウイ湖の南側のエリアに暮らすニャンジャ族の先祖となった。1900年頃までは、移住や部族紛争といった諸条件からマラウイ人社会の結束形成は妨げられていた。その後、より近年になってくると民族や部族の差異は減少していくが、地域による差異や対立は現在でも残ったままである。しかし、いくつかの明確な差異があるにも拘らず、現在は重大な不和や対立関係が各部族間に存在しないことから、マラウイ人としての概念が定着しつつあると言える。また、田舎の農村の人々が大半を占めるマラウイ人は、概して保守的であるとともに伝統的に非暴力主義である。マラウイの文化 フレッシュアイペディアより)

  • カメルーンの歴史

    カメルーンの歴史から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    7世紀に至ると、サハラ地域を交易の場とするアラブ商人との接触が始まる。主な貿易品目は塩、皮、青銅、象牙である。このときイスラム教(スンナ派)も伝わった。アフリカ大陸東岸では、イスラム商人の船舶による活動が活発だったため、海岸沿いにイスラム教がモザンビーク北部(南緯15度)まで伝わった。大陸西部では大陸内部の交易路を用いていたため、熱帯雨林を通過できず、北緯5度のカメルーンが南限となっている(一部、コンゴ民主共和国などの例外はある)。現在でも北部諸州を中心に国民の20%はイスラム教徒である。カメルーンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ダニョ・イルンガ

    ダニョ・イルンガから見たザイールコンゴ民主共和国

    ザイールで7人の子供のうちの一人として生まれる。父は政治家であったが、モブツ・セセ・セコ大統領の強権体制崩壊後のコンゴの内戦により、当時少年であったイルンガは、生きるために命からがら家族揃ってドイツへ移住した。ダニョ・イルンガ フレッシュアイペディアより)

  • ダニョ・イルンガ

    ダニョ・イルンガから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ダニョ・イルンガ(Danyo Ilunga 1987年1月31日-)は、コンゴ民主共和国のキックボクサー。ファイティング・ジム・ウォルドブロル所属。コンゴ民主共和国とドイツの二重国籍を持つ。バックボーンはムエタイ。現IT'S SHOWTIME95kgMAX世界王者。ダニョ・イルンガ フレッシュアイペディアより)

  • ザップ・ママ

    ザップ・ママから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    マリー・ドレヌはベルギー人の父親とザイール人の母親の元、ベルギーより独立して間もないコンゴ(旧ザイール)に生まれる。父親はコンゴ動乱に巻き込まれ彼女が幼い頃に亡くなる。母親は白人と結婚したという事から迫害を受けたため、小柄で知られるアフリカの原住民のピグミー族の元に子供達と共に逃げ込んだ。この地でドレヌは育ち、後にベルギーのブリュッセルへと越した。母親は子供達にピグミー族の伝統音楽であるポリフォニック・コーラスを教え込もうとしたが、ドレヌはスティーヴィー・ワンダー等のソウルミュージックに夢中で、ピグミー族の音楽には見向きもしなかった。成長するに従いピグミー族の音楽に興味を持ち、18歳の時にザイール(この時はコンゴよりザイールに名前を戻している)に帰国し、ピグミー族の音楽に改めて触れることになる。ベルギーに戻ると、1990年に女性のみのクインテット構成となるア・カペラ・コーラス・グループ、ザップ・ママを結成した。ザップ・ママ フレッシュアイペディアより)

  • ボーマ

    ボーマから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ボーマ(Boma)は、コンゴ民主共和国の都市。人口344,522人(2005年推計)。コンゴ西部にあり、コンゴ川の河口から80kmさかのぼった地点にある港湾都市である。コンゴ川下流は外洋船が航行できるため、ボーマは海港として栄え、コンゴ開発の拠点となってきた。1886年5月1日から1926年に首都がレオポルドヴィル(現キンシャサ)に移転するまで、ベルギー領コンゴの首都であった。現在では木材、カカオ、バナナなどの輸出港である。ボーマ フレッシュアイペディアより)

  • コンゴツメガエル属

    コンゴツメガエル属から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    熱帯アフリカのナイジェリア、ガボンからコンゴ、生物地理区ではエチオピア区に分布する。コンゴツメガエル属 フレッシュアイペディアより)

780件中 71 - 80件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード