780件中 81 - 90件表示
  • ブンディブギョ県

    ブンディブギョ県から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ブンディブギョ県 (Bundibugyo District) はウガンダ西部トロ王国北西部の県。面積は 2,338 km?で、うち 570 km?は水域、1,243 km?はセムリキ国立公園及びルウェンゾリ山地国立公園の保護林、145 km?が動物保護区で、380 km?が農地である。北東にントロコ郡、南西にブワンバ郡が置かれ、ブワンバ郡の南部の3副郡は2001年にブゲンデラ郡として分割された。ントコロ郡に3、ブワンバ郡にブンディブギョTCを含め4、の計10副郡が置かれている。2002年の国勢調査人口は 209,978人で、ブワンバ郡はアンバ族及びブウィシ族、ブゲンデラ郡はコンジョ族、ントコロ郡はトロ系のトゥク族が主な住民である。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はバンバリラ・ジャクソン。南東にカバロレ県、南にカセセ県、ントロコ郡の東はムウィタンジゲ(アルバート湖)で、ブニョロのキバレ県、ホイマ県と、北はセムリキ川が流れ、西はルウェンゾリ山地の北部を越えてコンゴ民主共和国のイトゥリ州及び北キヴ州と接する。ブンディブギョ県 フレッシュアイペディアより)

  • ロビト

    ロビトから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ロビト(Lobito)はアンゴラのベンゲラ州に属する都市である。ベンゲラ鉄道の終点であり、大西洋に面した良港はコンゴ民主共和国やザンビアから産出された鉱物資源の積出港として発展してきた。人口は約153,000人である。ロビト フレッシュアイペディアより)

  • マタディ

    マタディから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    マタディ (Matadi) は、コンゴ民主共和国の港町で、バ・コンゴ州の州都。2004年現在、人口約235,400人。コンゴ川の左岸、大西洋とキンシャサの中間に位置している。1879年、アメリカ人探検家のヘンリー・モートン・スタンリーによって開かれた。マタディ フレッシュアイペディアより)

  • キゴマ州

    キゴマ州から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ブルンジ・ルワンダ・コンゴ民主共和国からの難民が多い。キゴマ州 フレッシュアイペディアより)

  • アオハラニシブッポウソウ

    アオハラニシブッポウソウから見たザイールコンゴ民主共和国

    アフリカのセネガルから北東ザイールにかけての狭い地域で繁殖する。アオハラニシブッポウソウ フレッシュアイペディアより)

  • チョクウェ語

    チョクウェ語から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    チョクウェ語(Chokwe)はバントゥー語群に属する言語である。話者はコンゴ民主共和国、アンゴラ、ザンビアに居住するチョクウェ族の人々である。アンゴラでは国語として認められている。話者は、アンゴラでおよそ456,000人(1991年)、コンゴ民主共和国で約50万人(1990年)、ザンビアで44,200人(1986年)である。 アンゴラのInstituto de Línguas Nacionais (国立言語研究所:National Languages Institute)がチョクウェ語の見た目を容易にし、使用を促進するためにつづりの規則を確立している。アンゴラ東部でリングワ・フランカとして使用されている。チョクウェ語 フレッシュアイペディアより)

  • ザイン (企業)

    ザイン (企業)から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    2005年に、サブサハラ地域の13カ国に500万人の顧客を抱えるスーダンが拠点のセルテル・インターナショナル(英語版)を34億ドルで買収し、サブサハラ地域に参入した。ザインは買収後、インフラへの投資を行い、追加で2カ国の営業免許も取得した。2010年6月では、4000万人の顧客をアフリカ大陸に持ち、ブルキナファソ、チャド、コンゴ民主共和国、ガボン、ガーナ、ケニア、マダガスカル、マラウイ、ニジェール、ナイジェリア、シエラレオネ、タンザニア、ウガンダ、ザンビアで事業活動を行なっていた。ザイン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ギセニ

    ギセニから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ギセニ(Gisenyi)は、ルワンダ 西部州の都市。かつてはギセニ県の中心都市であった(2006年、ギセニ県は西部州に再編された)。キブ湖岸に位置しており、対岸はコンゴ民主共和国となっている。砂浜のあるリゾートで、ウォータースポーツやブルワリーも有名である。ギセニ フレッシュアイペディアより)

  • ンバラ

    ンバラから見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    ンバラ・ミュージックは、1970年代にセネガルで生まれた。その頃、セネガルで人気のあった音楽は、キューバのルンバ、ハイチのコンパ、コンゴのスークース、アメリカン・ソウルとファンクだった。植民地政策から脱却し起源へ戻るアフリカ中心主義による影響で、セネガルのミュージシャン達はそれらの音楽と伝統的なセネガルの音楽を融合し、ナショナル・アイデンティティを採り入れた新しい音楽を創造しはじめた。ミュージシャン達はサバールのリズムに合わせ、ウォロフ語(セネガルの事実上の共通語)で歌いはじめ、ダンサー達はサバールに合わせて踊り、まるで伝統的なグリオのように歌手にチップを渡し始めた。ンバラ フレッシュアイペディアより)

  • 再版切手

    再版切手から見たコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国

    近年有名な再版切手としてはアメリカ合衆国郵政省が発行した、コンゴ民主共和国のコンゴ動乱の停戦調停に向かう途中に北ローデシア(現在のザンビア)のエンドーラ で航空事故に遭遇し殉職した国際連合事務総長であったダグ・ハマーショルドの追悼切手がある。この切手には黄色が印刷されていたが、そのなかに反転したエラー切手が出現した。そのため著しいプレミアが付く可能性があったが、郵政当局がこのエラー切手を「再現」した再版切手を新たに4000万枚発行したことがある。再版切手 フレッシュアイペディアより)

780件中 81 - 90件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード