195件中 11 - 20件表示
  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たダイヤモンド

    AFDLのローラン・カビラ議長が大統領に就任、国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。カビラ大統領は司法権を除く全権を自身に付与することを発表するなど、強権支配体制を敷いた。カビラ大統領はツチ系が政権を握るルワンダなどの影響力が強まることを恐れ、政権や軍部からツチ系の排除を始めたために1998年8月に東部を中心として第二次コンゴ戦争に発展していった(の継続、の開始)。国内のダイヤモンドやコバルトなどの豊富な鉱産資源に関する利権も絡み、反政府勢力コンゴ民主連合 (RCD) を主にウガンダとルワンダが政府軍を主にジンバブエ、ナミビア、アンゴラが支援。戦闘などで住民20万人以上が死亡し、紛争に伴う食糧・医薬品不足などでさらに150万人が死亡したとされている。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たローラン・カビラ

    AFDLのローラン・カビラ議長が大統領に就任、国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。カビラ大統領は司法権を除く全権を自身に付与することを発表するなど、強権支配体制を敷いた。カビラ大統領はツチ系が政権を握るルワンダなどの影響力が強まることを恐れ、政権や軍部からツチ系の排除を始めたために1998年8月に東部を中心として第二次コンゴ戦争に発展していった(の継続、の開始)。国内のダイヤモンドやコバルトなどの豊富な鉱産資源に関する利権も絡み、反政府勢力コンゴ民主連合 (RCD) を主にウガンダとルワンダが政府軍を主にジンバブエ、ナミビア、アンゴラが支援。戦闘などで住民20万人以上が死亡し、紛争に伴う食糧・医薬品不足などでさらに150万人が死亡したとされている。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たジョゼフ・カサブブ

    1908年、ベルギー政府は国王からコンゴを買い取り、所有権がベルギー政府に移され、コンゴは正式に植民地ベルギー領コンゴ(1908年 - 1960年)となった。1950年代後半からジョゼフ・カサブブの(Alliance des Bakongo)、パトリス・ルムンバの(MNC)が独立闘争を開始。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たパトリス・ルムンバ

    1908年、ベルギー政府は国王からコンゴを買い取り、所有権がベルギー政府に移され、コンゴは正式に植民地ベルギー領コンゴ(1908年 - 1960年)となった。1950年代後半からジョゼフ・カサブブの(Alliance des Bakongo)、パトリス・ルムンバの(MNC)が独立闘争を開始。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たクロード・マケレレ

    クロード・マケレレ - サッカー選手コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たクェット・マシーレ

    2002年2月25日、戦争終結を目指す各派の対話がボツワナのクェット・マシーレ前大統領を調停役として南アフリカのサンシティで再開されたが決裂。対話は南アフリカのプレトリアで、セネガルのニアセ前首相の仲介で再開され、反政府勢力はRCDとMLCが参加した。2002年8月、ムベキ南アフリカ大統領の仲介により、12月にプレトリア包括和平合意が成立した。この第二次コンゴ戦争で起きた虐殺・病・飢えで死んだものは500~600万人とされる。2003年にはコンゴ共和国の感染爆発が飛火した北部地方でエボラ出血熱が流行。死亡者は100名以上に及んだ。また、同国を生息地とするゴリラへも感染が広がり、2005年までに全個体数の2/3にあたる約5,500匹が死亡したと発表されている。2003年7月、合意に基づき暫定政府(Transitional Government of the Democratic Republic of the Congo)が正式に発足。しかし暫定政権はその後も国内すべてを掌握できず、引き続き戦争状態が続いた。民族対立とも相まって東部(イトゥリ州、南キヴ州、北キヴ州)は虐殺・略奪・強姦の頻発する一種の無法地帯となった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た岡倉登志

    砂野幸稔「アフリカ文化のダイナミズム」『ハンドブック現代アフリカ』岡倉登志:編 明石書店 2002/12コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たジョージ・フォアマン

    1974年10月30日、ベトナム戦争への徴兵を拒否してWBA・WBC統一ヘビー級王座を剥奪されたモハメド・アリがジョージ・フォアマンに挑戦し、ザイールの首都キンシャサで "The Rumble in the Jungle"(キンシャサの奇跡)と呼ばれる王者奪還劇を果した。当時のザイールではモブツを支援したアメリカに反発する感情が根強く、アリへの大声援(スワヒリ語で "Ali bomaye!" と言っていた)が送られる模様がテレビで夜10時から全米に生中継された。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た虐殺

    2002年2月25日、戦争終結を目指す各派の対話がボツワナのクェット・マシーレ前大統領を調停役として南アフリカのサンシティで再開されたが決裂。対話は南アフリカのプレトリアで、セネガルのニアセ前首相の仲介で再開され、反政府勢力はRCDとMLCが参加した。2002年8月、ムベキ南アフリカ大統領の仲介により、12月にプレトリア包括和平合意が成立した。この第二次コンゴ戦争で起きた虐殺・病・飢えで死んだものは500~600万人とされる。2003年にはコンゴ共和国の感染爆発が飛火した北部地方でエボラ出血熱が流行。死亡者は100名以上に及んだ。また、同国を生息地とするゴリラへも感染が広がり、2005年までに全個体数の2/3にあたる約5,500匹が死亡したと発表されている。2003年7月、合意に基づき暫定政府(Transitional Government of the Democratic Republic of the Congo)が正式に発足。しかし暫定政権はその後も国内すべてを掌握できず、引き続き戦争状態が続いた。民族対立とも相まって東部(イトゥリ州、南キヴ州、北キヴ州)は虐殺・略奪・強姦の頻発する一種の無法地帯となった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た金鉱

    銅、コバルト、ダイヤモンド、カドミウム、黄金、銀、亜鉛、マンガン(世界1位)、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱石、石炭、金鉱(世界5位)、プラチナ(世界1位)などを産する世界トップクラスの鉱産資源国であり、輸出の約9割を鉱産資源が占める。コバルトの埋蔵量は世界の約65%。かつてはウランの採掘も行われており、1945年に広島市に投下された原子爆弾の原料はベルギー領コンゴ国産であった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

195件中 11 - 20件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード