195件中 21 - 30件表示
  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た

    、コバルト、ダイヤモンド、カドミウム、黄金、銀、亜鉛、マンガン(世界1位)、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱石、石炭、金鉱(世界5位)、プラチナ(世界1位)などを産する世界トップクラスの鉱産資源国であり、輸出の約9割を鉱産資源が占める。コバルトの埋蔵量は世界の約65%。かつてはウランの採掘も行われており、1945年に広島市に投下された原子爆弾の原料はベルギー領コンゴ国産であった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た鉄鉱石

    銅、コバルト、ダイヤモンド、カドミウム、黄金、銀、亜鉛、マンガン(世界1位)、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱石、石炭、金鉱(世界5位)、プラチナ(世界1位)などを産する世界トップクラスの鉱産資源国であり、輸出の約9割を鉱産資源が占める。コバルトの埋蔵量は世界の約65%。かつてはウランの採掘も行われており、1945年に広島市に投下された原子爆弾の原料はベルギー領コンゴ国産であった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た内閣

    内閣:閣僚は大統領が任免。新憲法下で首相職が新設され、現在はが首相。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た亜鉛

    銅、コバルト、ダイヤモンド、カドミウム、黄金、銀、亜鉛、マンガン(世界1位)、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱石、石炭、金鉱(世界5位)、プラチナ(世界1位)などを産する世界トップクラスの鉱産資源国であり、輸出の約9割を鉱産資源が占める。コバルトの埋蔵量は世界の約65%。かつてはウランの採掘も行われており、1945年に広島市に投下された原子爆弾の原料はベルギー領コンゴ国産であった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た公用語

    コンゴ民主共和国内には約242の言語が存在するが、公用語はフランス語である。アフリカの言語からはスワヒリ語(キスワヒリ)、コンゴ語(キコンゴ)、リンガラ語、ルバ語の4つが国民語として認められており、西部ではリンガラ語の影響力が、東部ではスワヒリ語の影響力がそれぞれ増す傾向にある。700もの地方語や方言が話されているが、この言語的不一致は、フランス語と、スワヒリ語、コンゴ語、リンガラ語、ルバ語といった仲介言語の広範な普及によって乗り越えられている。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た司法

    AFDLのローラン・カビラ議長が大統領に就任、国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。カビラ大統領は司法権を除く全権を自身に付与することを発表するなど、強権支配体制を敷いた。カビラ大統領はツチ系が政権を握るルワンダなどの影響力が強まることを恐れ、政権や軍部からツチ系の排除を始めたために1998年8月に東部を中心として第二次コンゴ戦争に発展していった(の継続、の開始)。国内のダイヤモンドやコバルトなどの豊富な鉱産資源に関する利権も絡み、反政府勢力コンゴ民主連合 (RCD) を主にウガンダとルワンダが政府軍を主にジンバブエ、ナミビア、アンゴラが支援。戦闘などで住民20万人以上が死亡し、紛争に伴う食糧・医薬品不足などでさらに150万人が死亡したとされている。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た国際連合教育科学文化機関

    コンゴ民主共和国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された自然遺産が5件存在する。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たワシントン・ポスト

    2007年、『ワシントン・ポスト』は、コンゴ東部でのレイプや性的暴力の深刻さ・頻度について、世界のほかのどの地域よりも悪いと伝えた。アフリカ人権防衛協会の2006年の報告書は、コンゴ民主共和国の女性が法律的・日常的に直面する諸問題を概観している。戦争の中で女性たちは犯され続け、兵士たちの奴隷とされた。解放されたときには、自殺したり、あるいはそのまま入院して亡くなってしまう例も多かったという。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たクーデター

    1965年11月、モブツ商務・雇用・貿易相がクーデターで実権を掌握、1997年までの32年間モブツ大統領の独裁が続いた。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たプラチナ

    銅、コバルト、ダイヤモンド、カドミウム、黄金、銀、亜鉛、マンガン(世界1位)、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱石、石炭、金鉱(世界5位)、プラチナ(世界1位)などを産する世界トップクラスの鉱産資源国であり、輸出の約9割を鉱産資源が占める。コバルトの埋蔵量は世界の約65%。かつてはウランの採掘も行われており、1945年に広島市に投下された原子爆弾の原料はベルギー領コンゴ国産であった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

195件中 21 - 30件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード