195件中 81 - 90件表示
  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たガーナ

    コンゴのポピュラー音楽はそのようなアメリカ大陸のリズムだけではなく、教会音楽やガーナのハイライフ、さらにはコンゴの伝統音楽をも取り入れて発達していった。1969年にパパ・ウェンバが中心となってザイコ・ランガ・ランガが結成された後のポピュラー音楽は、キューバ音楽の模倣を越えてザイール音楽を形成し、その流れのままザイールのポピュラー音楽の主要ジャンルとして諸外国に名を轟かせた、ルンバ・ロックやリンガラ・ポップスと呼ばれるジャンルが生まれた。リンガラ・ポップスのミュージシャンとしてはザイコ・ランガ・ランガの他にトゥ・ザイナやタブー・レイ、オルケストル・ヴェヴェ、カンダ・ボンゴマン、サム・マングワナなどの名が挙げられる。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た中等教育

    コンゴ民主共和国の教育システムはMinistère de l’Enseignement Primaire, Secondaire et Professionnel (MEPSP)、Ministère de l’Enseignement Supérieur et Universitaire (MESU) 、Ministère des Affaires Sociales (MAS)の3つの省庁によって担われている。教育システムはベルギーのものと似ている。2002年には、160,000人の生徒が通う19,000校以上の初等学校と、110,000人の生徒が通う高等学校(中等教育を行う)が存在した。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た政府

    1908年、ベルギー政府は国王からコンゴを買い取り、所有権がベルギー政府に移され、コンゴは正式に植民地ベルギー領コンゴ(1908年 - 1960年)となった。1950年代後半からジョゼフ・カサブブの(Alliance des Bakongo)、パトリス・ルムンバの(MNC)が独立闘争を開始。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た国王

    1885年にベルギーの国王、レオポルト2世の私有地「コンゴ自由国」(、1885年 - 1908年)とされた。「国」となっているが、当時のコンゴは、ベルギー議会の影響も及ばない国王の完全な私有地であった。当初、レオポルド2世は私費を切り詰めて鉄道を建設するなどコンゴの近代化を推進したが、すぐに圧政に転じた。現地住民は象牙やゴムの採集を強制され、規定の量に到達できないと手足を切断するという残虐な刑罰が情け容赦なく科された。当時、大なり小なり、植民地での強制的な収奪を当たり前のものとしていた欧州諸国においてもこの圧政は非難の的となり、植民地経営に関心がなかったベルギー政府を動かすこととなった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たルンバ

    ポピュラー音楽においては、植民地時代の1930年代、1940年代にキューバからルンバなどのラテン音楽がもたらされ、ベルギー領コンゴでも盛んにラテン音楽の演奏が行われた。また、1950年代にはアメリカ合衆国のジャズもアフリカン・ジャズとして盛んに受容された。1956年には、「コンゴ音楽の王」とも呼ばれた、フランコことフランソワ・ルアンボ・マキアディがOKジャズ(後にTPOKジャズに改称)を結成。また、グラン・カレ(偉大なるカレ)の名前で知られるジョゼフ・カバセレはアフリカン・ジャズを結成した。このような管楽器などを加えた大所帯バンドが流行り出し、ルンバ・コンゴリーズが形成されるようになった。マーロ・マシも同年代のミュージシャンである。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見た岩倉使節団

    明治初期、岩倉使節団はベルギーを訪問した際、後に「コンゴ自由国」の支配者となるレオポルド2世に謁見した。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たセネガル

    2002年2月25日、戦争終結を目指す各派の対話がボツワナのクェット・マシーレ前大統領を調停役として南アフリカのサンシティで再開されたが決裂。対話は南アフリカのプレトリアで、セネガルのニアセ前首相の仲介で再開され、反政府勢力はRCDとMLCが参加した。2002年8月、ムベキ南アフリカ大統領の仲介により、12月にプレトリア包括和平合意が成立した。この第二次コンゴ戦争で起きた虐殺・病・飢えで死んだものは500~600万人とされる。2003年にはコンゴ共和国の感染爆発が飛火した北部地方でエボラ出血熱が流行。死亡者は100名以上に及んだ。また、同国を生息地とするゴリラへも感染が広がり、2005年までに全個体数の2/3にあたる約5,500匹が死亡したと発表されている。2003年7月、合意に基づき暫定政府(Transitional Government of the Democratic Republic of the Congo)が正式に発足。しかし暫定政権はその後も国内すべてを掌握できず、引き続き戦争状態が続いた。民族対立とも相まって東部(イトゥリ州、南キヴ州、北キヴ州)は虐殺・略奪・強姦の頻発する一種の無法地帯となった。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たスズ

    一方、錫石(スズの鉱石)・(タングステンの鉱石)・コルタン(タンタルの鉱石)・金は、北キヴ州で展開する紛争(及びM23 rebellion)の反政府武装組織(人民防衛国民会議、3月23日運動)の資金源とされているであり、国内が不安定化する要因の一つとなっている。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たエチオピア

    和平協定に向け、2001年10月15日からエチオピアのアディスアベバで対話が実現。ルワンダが支援するコンゴ民主連合 (RCD)、ウガンダが支援する (MLC)、そしてRCDから分離した (RCD-ML) の主要反政府勢力3組織などが、協議継続などをうたった共同声明に調印した。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たタンガニーカ湖

    大地溝帯は火山活動を起こし、アルバート湖、エドワード湖、タンガニーカ湖などの大湖を形成した。最も重要なのは南部と東部にある膨大な鉱物資源を地表へ露出させ採掘可能にしたことである。コバルト、銅、カドミウム、ダイアモンド、金、銀、亜鉛、マンガン、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱、石炭がすべて豊富にあり、とくに南東部カタンガ地域が有名である。2002年1月17日に噴火したニーラゴンゴ火山の溶岩は幅50m、時速60kmの早さで流れ、ゴマ市付近を襲い45人を死亡させ12万人の家を奪った。40万人が避難し、キブ湖の魚が全滅した。半年後には近くのニャムラギラ火山も噴火し、2006年に再噴火している。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

195件中 81 - 90件表示

「コンゴ民主共和国」のニューストピックワード