677件中 41 - 50件表示
  • 佐藤洋平

    佐藤洋平から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    1999年、J2に降格したコンサドーレ札幌をJ1に上げようという岡田武史新監督の誘いに応じ、出場機会を求めてレンタル移籍。2000年にはJ2優勝及びJ1昇格に貢献する。この年のJ2における札幌の失点は、1試合当たり僅か0.55点という驚異的な数字であった。2001年には札幌に完全移籍し、J1残留の立役者となった。また、この年は日本代表に選出された。岡田は、「(札幌が好成績を挙げられたのは)佐藤ら、ごく一部の選手の実力に頼ったもの」であると、テレビのインタビューで明言した。佐藤洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 中山元気

    中山元気から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2005年、出場機会を求めてコンサドーレ札幌へ移籍。翌2006年はフッキが加入し相川進也や石井謙伍が活躍したこともあって出場機会が減少した。しかし、2007年に三浦俊也監督が就任すると、前線での献身的なプレスが評価され主力として活躍、同年度J1昇格に貢献した。2009年戦力外通告を受けた。中山元気 フレッシュアイペディアより)

  • アルセウ・ホドリゲス・シモーニ・フィーリョ

    アルセウ・ホドリゲス・シモーニ・フィーリョから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2007年には高い守備力を買われて柏レイソルへ期限付き移籍。自身初の海外移籍となった。柏では主力としてチームの上位進出に貢献したが、攻撃面に課題があることから、さらなる躍進を求めるチームにより来季構想外とされ、2007年限りでの退団が決定した。しかし、J1に昇格したばかりで即戦力となる守備的なボランチを探していたコンサドーレ札幌が獲得を打診し、移籍が決定。2008年も日本でプレーするかに思えたが、2月7日、本人による退団の申し出があり、話し合いの末、退団が決定した。チーム合流して僅か7日目の出来事だった。その後、4月にナウチコへ入団した。アルセウ・ホドリゲス・シモーニ・フィーリョ フレッシュアイペディアより)

  • こりんとめーたん

    こりんとめーたんから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    このキャラクターの着ぐるみも製作されており、豊平区内の各種イベントなどで登場することがある。また、札幌ドームが豊平区内にあることから札幌ドーム内外のイベントで北海道日本ハムファイターズのブリスキー・ザ・ベアー(B☆B)やコンサドーレ札幌のドーレくんと一緒に登場することもしばしばある。こりんとめーたん フレッシュアイペディアより)

  • アンデルソン・ホベルト・ダ・シウバ・ルイス

    アンデルソン・ホベルト・ダ・シウバ・ルイスから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    かつて、ベンフィカに所属していた大型フォワード。2008年6月にコンサドーレ札幌に加入し、救世主になれるかと期待されていたが、チームはJ2降格が決まり、本人もシーズン終了後に契約満了で退団が決まった。アンデルソン・ホベルト・ダ・シウバ・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ミオドラグ・ボージョヴィッチ

    ミオドラグ・ボージョヴィッチから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2000年に引退後は指導者の道に進み、2002年にラドミロ・イバンチェビッチ監督のアシスタントコーチとしてコンサドーレ札幌のスタッフに加わったが、イバンチェビッチ監督の退任に伴い、数ヶ月で退団した。ミオドラグ・ボージョヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 松山光

    松山光から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    松山 光は(まつやま ひかる)は、高橋陽一の漫画『キャプテン翼』に登場する架空のサッカー選手である。担当声優は、鈴木みえ、柏倉つとむ、石田彰。所属は、ふらの小サッカー部・中・高、コンサドーレ札幌。テクモ版では、ふらの高校(II)、ヨークシャー(III)、マンチェスター(IV、V)。松山光 フレッシュアイペディアより)

  • 石屋製菓

    石屋製菓から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    また、関連会社である石屋商事が西洋建築とコンサドーレ札幌をテーマにした複合施設である白い恋人パークの運営も行っている。石屋製菓 フレッシュアイペディアより)

  • ホベルッチ・ダ・シルバ・アルメイダ

    ホベルッチ・ダ・シルバ・アルメイダから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    ロベルト・ダ・シルバ・アルメイダ(Robert da Silva Almeida, 1971年4月3日-)は、ブラジル出身の元サッカー選手。元同国代表。現役時代のポジションはミッドフィールダーで主にトップ下や左サイドの選手としてプレーした。コンサドーレ札幌での登録名はホベルッチ。ホベルッチ・ダ・シルバ・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • 知事杯全道サッカー選手権大会

    知事杯全道サッカー選手権大会から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    なお天皇杯の北海道予選は、1995年までは「天皇杯全日本サッカー選手権大会北海道大会」として実施されていた。1996年には「北海道サッカーチャンピオンシップ」として改組され、コンサドーレ札幌を含んだ17チームが参加する大会とされた(ただしコンサドーレ札幌は天皇杯予選免除のため、準優勝チームの北海道教育大学函館校が北海道代表として出場している)。なお北海道サッカーチャンピオンシップは1998年まで開催されるものの、1997年より天皇杯予選は知事杯全道サッカー選手権大会が兼ねており、1997年・1998年のチャンピオンシップはコンサドーレ札幌と知事杯優勝チームが対戦する形で実施されている。知事杯全道サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

677件中 41 - 50件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード