677件中 51 - 60件表示
  • デルリス・ハヴィエル・フロレンティン・ノゲラ

    デルリス・ハヴィエル・フロレンティン・ノゲラから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2005年にJリーグ・水戸ホーリーホックへ加入。日本での登録名は、ファーストネームの「デルリス」だった。攻撃のサポートが少ない下位チームながら、カウンター中心のチーム戦術に上手くフィットし、17試合8得点とゴールを量産。その活躍により、J1昇格を目指していたコンサドーレ札幌へシーズン途中に引き抜かれたが、こちらではポゼッション中心のチーム戦術と噛みあわず、19試合1得点と不本意な成績に終わった。デルリス・ハヴィエル・フロレンティン・ノゲラ フレッシュアイペディアより)

  • タリック・ウリダ

    タリック・ウリダから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    退団後は欧州に帰るが、2003年、シーズン半ばにジョアン・カルロス監督の指揮するコンサドーレ札幌に加入。再び日本のピッチに立った。しかし、ウリダが来日したときには既に彼の獲得を希望していたジョアン・カルロスは監督を辞任しており、クラブも迷走期に入っていた。そんな中、ウリダは背番号10番を付け奮闘したが、悪い流れはウリダ一人ではいかんともしがたく、チームはJ1昇格どころか、昇格争いにすら絡めないままシーズン終了。ウリダもシーズン終了後に同チームを退団し、2004年はADOデン・ハーグに移籍。戸田和幸とともにプレーした。タリック・ウリダ フレッシュアイペディアより)

  • 森秀昭

    森秀昭から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2000年にコンサドーレ札幌へレンタル移籍、翌年完全移籍して名塚善寛、大森健作とともに精密機械と呼ばれた非常に堅いディフェンスラインを構築した。しかし、2002年は怪我のため、出場機会を得られず、ようやく機会を掴んだのは最終節の延長戦。しかも、本職のDFではなくFWとしての出場だった。が、出場直後に正確なクロスで曽田雄志のVゴールをアシスト。不振を極めた2002年シーズン最終節を勝利で締めくくった。J2降格後の2003年も札幌に残留したが、怪我の影響は大きく、出場機会が激減。その年を最後に現役引退した。森秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • 黄川田賢司

    黄川田賢司から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    1997年当時、関東大学サッカーリーグ2部、亜細亜大学卒業後、コンサドーレ札幌にFWとして入団。1999年、岡田武史(日本代表監督)のもと、中心選手として活躍。2000年、リーグ30試合にFWとして出場・5得点とJ1昇格に貢献。2002年に川崎フロンターレへ移籍後2003年に戦力外通告を受け現役を引退。その後は音楽業界に転身し、企画・運営などに携わり、エフエム・ノースウェーブでスーパーバイザーも務める。2005年からは再びサッカーの世界に戻り、現在はコンサドーレ札幌時代のチームメイトの野々村芳和が代表取締役の株式会社クラッキにて元Jリーガーが教えるサッカースクール「エスコーラ・ジ・クラッキ」のコーチとして指導をしている。黄川田賢司 フレッシュアイペディアより)

  • エリソン・ファグンデス・ドス・サントス

    エリソン・ファグンデス・ドス・サントスから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    16歳でECヴィトーリアとプロ契約。2007年8月10日よりコンサドーレ札幌に練習生として加入していたが、数試合の練習試合の結果などが評価され、同月22日選手契約を締結した。カウエの負傷やダヴィの出場停止等で外国人枠が空いた試合があったことから、先発を含めリーグ戦3試合、天皇杯全日本サッカー選手権大会1試合に出場したが連携不足もあって無得点に終わり、シーズン末に契約を延長しないことが決まった。エリソン・ファグンデス・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ジェイド・ノース

    ジェイド・ノースから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    ジェイド・ブロンソン・ノース(、1982年1月7日- )はオーストラリア出身のサッカー選手。2012年よりJリーグ・コンサドーレ札幌所属。ジェイド・ノース フレッシュアイペディアより)

  • 鄭容臺

    鄭容臺から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    プロとして6年目の2006年に横浜FCに完全移籍で入団した。そこで初めてレギュラーをつかみ、チームのJ1昇格に貢献。2007年、負傷により出場機会が減り、コンサドーレ札幌へ期限付き移籍。札幌では大塚真司の負傷離脱などもあり途中加入ながらレギュラーに定着し、本来の守備的MF以外にもセンターバックやサイドバックもこなすプレーの幅の広さを生かし、ここでも昇格に貢献した。2008年に札幌へ完全移籍したが、出場機会が減少し、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。2009年シーズンは開幕を無所属のまま迎えたが、4月に2シーズンぶりに横浜FCでプレーすることが決まった。同年は2006年に次ぐ出場試合数を記録し、再び横浜FCの中心選手となったが、同年限りで退団した。鄭容臺 フレッシュアイペディアより)

  • チアゴ・キリーノ・ダ・シウヴァ

    チアゴ・キリーノ・ダ・シウヴァから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    スピードを活かした裏への突破が持ち味。2006年にブラジルのアトレチコ・ミネイロからスウェーデンのユールゴーデンIFに移籍した際、移籍先のユールゴーデンIFはキリーノについて「エキサイティングで、チームに刺激を与える選手」と言及した。また2009年にスウェーデンのユールゴーデンIFから日本のコンサドーレ札幌に移籍した際、移籍先のコンサドーレ札幌はキリーノについて「圧倒的なスピード」と「高い打点のヘディング」が武器であると紹介した。コンサドーレ札幌の地元スポーツ紙である道新スポーツも、同じく「スピードが武器」と言及した。チアゴ・キリーノ・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 西嶋弘之

    西嶋弘之から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2004年にヴィッセル神戸へ移籍も出場機会はなく、同年9月にコンサドーレ札幌へ完全移籍。大森健作が抜けたあとの左CBを、移籍後すぐ安定したプレーで埋めた。2005年は池内友彦とのポジション争いや負傷による長期離脱があり、正DFの座を射止めるまでにはいかなかった。2006年以降は守備力のある左MFとして、また本職の左DFとして活躍してレギュラーに定着、9月27日の徳島ヴォルティス戦では自身Jリーグ初となる得点を決めた。以降も選手が入れ替わる中で常に主力として出場し続け、札幌を代表する選手の一人として活躍した。西嶋弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直樹 (サッカー選手)

    石川直樹 (サッカー選手)から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    ジュニアユース時代から柏レイソルの下部組織で育った地元出身の生え抜き。2003年から2種登録選手としてトップチームに帯同し、2004年に正式にトップチームに昇格。2008年には選手会長も務めたが、2009年7月に出場機会を求めて元柏監督の石崎信弘が指揮を執っていたコンサドーレ札幌に期限付き移籍。札幌には移籍期間を延長して2010年まで在籍し、主将を務めるなどチームの主軸として活躍した。石川直樹 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

677件中 51 - 60件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード