677件中 81 - 90件表示
  • ハモン・オズニ・モレイラ・ラジェ

    ハモン・オズニ・モレイラ・ラジェから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2012年7月、日本のコンサドーレ札幌へ移籍。ハモン・オズニ・モレイラ・ラジェ フレッシュアイペディアより)

  • 棚田伸

    棚田伸から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    翌1996年大怪我からの復帰。だがかつてのキレを取り戻すには至らず、スーパーサブ的な起用法で使われ、出場すれば何かやってくれる選手として人気があったが、出番は減少。1998年から岡田武史が監督をしていたコンサドーレ札幌でプレー。下位に沈むチームで奮闘したが翌1999年引退。棚田伸 フレッシュアイペディアより)

  • 松山博明

    松山博明から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    早稲田大学卒業後、古河電気工業サッカー部に「入社」、以来フジタ工業を経てベルマーレ平塚、東芝、コンサドーレ札幌でプレーした。松山博明 フレッシュアイペディアより)

  • 矢島慎也

    矢島慎也から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2012年シーズンに入り、3月20日のJリーグカップ予選リーグ第1戦の対ベガルタ仙台戦の前半27分に負傷退場した山田直輝に代わって途中出場すると、3月24日のJ1リーグ戦第3節の対コンサドーレ札幌戦(札幌ドーム)にて先発出場してリーグ戦デビューを果たした。矢島慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 森川拓巳

    森川拓巳から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    1999年に入るとトップチームでの出場機会を得られなくなったが、同年からJリーグ2部(J2)に参加した川崎フロンターレが松本育夫新監督によるチーム体制の再整備を進める中で森川移籍の要請を柏へ出し、同年4月にレンタル移籍が実現した。森川は5月9日の第11節・モンテディオ山形戦で初出場し、以後は同年のJ2リーグ戦全26試合にフル出場を果たした。中西哲生や佐原秀樹などとともに「3バック」による守備の安定にストッパーとして貢献した上、8月23日の第23節・山形戦では後半終了間際にゴール前に走り込んでJリーグ初ゴールを決め、10月23日の第33節・コンサドーレ札幌戦では延長戦でVゴールを挙げるなどの攻撃面でも重要な場面での関わりを見せ、チームはJ2優勝とJ1昇格を果たした。森川拓巳 フレッシュアイペディアより)

  • 川口卓哉

    川口卓哉から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    高校卒業とともにベルマーレ平塚へ入団するが、二年目の1998年4月、紅白戦でチームメートの中田英寿と接触し、靱帯断裂で長期離脱。長く腰痛なども併発し、レギュラーへの定着はかなわなかった。2002年の開幕直前、栗原圭介のベルマーレ完全移籍に伴い、人的保障の形で東京ヴェルディ1969へ電撃移籍。さらに翌年、故郷北海道のコンサドーレ札幌へ移籍して再起を期したが、怪我には勝てずその年の暮れに引退した。川口卓哉 フレッシュアイペディアより)

  • ブリスキー・ザ・ベアー

    ブリスキー・ザ・ベアーから見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2006年10月よりホクレン農業協同組合連合会の「米チェン」キャンペーンのテレビCM(北海道ローカル)にコンサドーレ札幌のマスコット「ドーレ君」とともに出演。ブリスキー・ザ・ベアー フレッシュアイペディアより)

  • 西村卓朗

    西村卓朗から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2009年12月に帰国し、湘南ベルマーレフットサルクラブに加入。フットサル選手としてプレーしていたが、2010年2月9日に北米サッカーリーグのクリスタルパレス・ボルチモアへの移籍が発表された。シーズン終了後退団、シンガポール、ドイツなどでテストを受け、2011年、練習参加していたコンサドーレ札幌に加入するが同年12月に戦力外通告を受け、1年限りで退団、後に引退を発表。西村卓朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年J2第51節・最終節

    2006年J2第51節・最終節から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    2006年のJ2は初めてJ1から3チーム(柏レイソル・東京ヴェルディ1969・ヴィッセル神戸)が降格してきた。この3チームに前年から引き続きJ2に所属する9チーム、それに日本フットボールリーグから昇格した愛媛FCを加えた、13チームで4回総当りのリーグ戦(48試合・全52節)を戦った(チーム数が奇数のため、1クール(13節)の中で各チームとも試合がない節が1節ずつある)。J1への昇格争いは、J2降格によって主力の大半が抜けたものの、その分有力な新戦力を大量補強した降格組の3チーム、新監督にブラジルの名将・ジョエル・サンタナを迎え、さらにブラジルの3選手を補強し、元々厚かった選手層がさらに強みを増したベガルタ仙台、若手育成と攻撃的戦術で知られる柳下正明を監督に迎えて3年目となり、チームの熟練度の高さが期待されたコンサドーレ札幌の5チームが中心になると見られていた(愛媛監督の望月一仁はこの5チームを「ビッグ5」と称している)。2006年J2第51節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 高原寿康

    高原寿康から見たコンサドーレ札幌コンサドーレ札幌

    大学卒業後2003年にジュビロ磐田に加入。しかし、アルノ・ヴァンズワムの前に出場機会をなかなか得られず、さらに2005年には日本代表の川口能活が加入したこともあり、同年からは期限付き移籍でコンサドーレ札幌に在籍。この年は10試合に出場した。高原寿康 フレッシュアイペディアより)

677件中 81 - 90件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード