315件中 11 - 20件表示
  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    柳下体制3年目。補強は、川崎からフッキ、千葉から芳賀博信、山形から大塚真司と川崎健太郎、水戸から関隆倫、アルビレックス新潟シンガポールから野本安啓、名古屋からセバスティアンを獲得し、ユースから藤田征也と西大伍が昇格した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た播戸竜二

    市原から 野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを補強した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た今野泰幸

    開幕戦ではC大阪にアウェイで競り勝ち、続く柏戦でも勝利。勢いに乗った札幌は一時は2位にまで上がるなど予想以上の戦いぶりを見せた。またウィルが24得点で得点王を獲得する活躍もあり、10勝5分15敗の11位(全16チーム)でJ1残留を果たした。また、同年完成した札幌ドームの集客効果も加わり、平均観客動員数は2万人を突破。2年連続で単年度黒字を達成した。更に、山瀬功治がこの年J1最優秀新人選手賞を受賞。この年も新人の今野泰幸が高卒1年目でレギュラーを獲得し、自チームでの戦力養成にも道筋がつき始めた。一方で、このシーズンを以て岡田監督が退任。またウィルが横浜FMへ、ウィルと2トップを組み9得点を挙げた播戸竜二が神戸へ移籍した。さらに名塚善寛が怪我の影響で引退、主将の野々村芳和も引退した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た山瀬功治

    J2を戦うための戦術を確立し、かつそれを実行することができる選手を各ポジションに揃え、14連勝を含む17試合無敗(16勝1分)を含む31勝5分4敗でJ2優勝(全11チーム)。この好成績に押されて観客動員数も増え、この年初めて単年度黒字を達成した。また、この年に地元北海道出身の期待の新人、山瀬功治も登場した(GKの藤ヶ谷陽介とともにU-19日本代表に選出)。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た城福浩

    2003年に社長に就任した佐々木利幸の下、過剰債務からの脱却を図るべく、その方針転換の指標となる「5段階計画」を打ち出した。それは、人件費をはじめとした経費の圧縮により経営の黒字化を図り、債務超過を解消すると同時に、若手主体のチーム編成とユースチームの強化を軸とする長期育成計画を立て、レンタル移籍や外国籍選手に頼らずにJ1で安定して戦えるチーム作りを目指すというものであった。その為、磐田でユースやサテライトチームの監督を長く務め、同トップチームの監督を務めていた柳下正明を監督に招聘。なお、監督就任交渉時において「パスを回して自分たちから積極的に攻撃を仕掛けられるチームを作りたい」と述べた強化部長の城福敬(現甲府監督城福浩の実兄)に対し、「そのスタイルならば、受けます」と応じた。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た近藤祐介

    石崎体制2年目。前年の主力の西大伍が新潟へ、ダニルソンが名古屋へレンタル移籍したが、6チームとの競合を制して磐田から中山雅史を獲得。その他にもFC東京から藤山竜仁と近藤祐介、愛媛から内村圭宏、広島から李漢宰を獲得した。更にシーズン途中には清水の高木純平をレンタル移籍で獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た岡田武史

    Jリーグ ディビジョン2(J2)に降格となり、「1年でのJ1復帰」を目指して岡田武史を監督に招聘。また、平塚から名塚善寛、鹿島から佐藤洋平、ロナウジーニョの実兄アシスらが加入した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たディビッドソン純マーカス

    三浦体制2年目。2008年は前年度優勝にも関わらず黒字幅が小さかったこと、膨大な債務超過を解消する目途を立てなければJ1参入を認めないと指摘されたことにより、資本金を80%減資してその上で増資するなど、かなり苦しい状況となった。その為、大型補強ではなく身の丈にあった堅実な補強が行われた。広島から吉弘充志を完全移籍で、神戸の坪内秀介、清水の平岡康裕、新潟のMFディビッドソン純マーカスをレンタル移籍で獲得、新人は室蘭大谷高校の宮澤裕樹と柏U-18の堀田秀平が入団した。一方、前年のJ1昇格に大きく貢献したブルーノ・クアドロスが退団、FWダヴィを完全移籍させた。新加入のMFアルセウ(元柏)はチームと自身の起用法などとの方向性の違いによりキャンプ中に退団したが(その前日の親善試合で監督が指示した守備的なプレーに反発し、相手チームの選手に対する暴力行為で退場したことが発端)、新たにアトレチコPRからMFクライトン(元名古屋)を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た古田寛幸

    大分や柏で監督を務めた石崎信弘が監督に就任。ダヴィが名古屋へ移籍、西澤淳二・池内友彦・西谷正也・アンデルソンなど10人以上の選手(レンタル選手も含む)が退団した。一方でチームの大黒柱でもあり、退団が噂されていたMFクライトンが残留、前シーズン途中に期限付きで加入した箕輪義信を完全移籍で獲得した。またダヴィの移籍に伴い、移籍先の名古屋から3億円近くの高額な移籍金が入った為、更なる補強を断行した。具体的には、スウェーデンリーグのユールゴーデンIFからFWキリノ、コロンビアリーグのインディペンディエンテ・メデジンからMFダニルソン、アジア枠で韓国Kリーグの浦項からDF趙晟桓(チョウ・ソンファン)と3人の新外国人選手を獲得。また、日本人では大宮からGK荒谷弘樹を獲得した。新人は沖縄大学から上原慎也が入団、曵地裕哉、古田寛幸がユースから昇格した。しかし、7月に入るとMFクライトンが以前から抱えていた怪我が悪化。残りのシーズンに出場出来ないと判断され退団、代わりにハファエルが加入した。さらに、シーズン途中には柏の石川直樹をレンタル移籍で獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たロナウジーニョ

    Jリーグ ディビジョン2(J2)に降格となり、「1年でのJ1復帰」を目指して岡田武史を監督に招聘。また、平塚から名塚善寛、鹿島から佐藤洋平、ロナウジーニョの実兄アシスらが加入した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

315件中 11 - 20件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード