315件中 41 - 50件表示
  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たJリーグクラブライセンス制度

    チーム母体は1935年(昭和10年)創設の東芝堀川町サッカー部で、1996年に株式会社を設立してチーム名を「コンサドーレ札幌」に改称、同年Jリーグ準会員に承認されて1998年にJリーグ加盟した。ホームタウンは北海道札幌市に置き、ホームスタジアムは札幌厚別公園競技場と札幌ドーム。また年間ホーム2試合を室蘭市入江運動公園陸上競技場と函館市千代台公園陸上競技場で行ってきたが、いずれも後述のとおりJリーグクラブライセンス制度に基づいた競技場の開催規定に合わないため2012年から撤退となった。練習場は宮の沢白い恋人サッカー場と札幌ドーム・屋外サッカー練習場。クラブ事務所は札幌ドーム内にある。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たACミラン

    東芝サッカー部のユニフォームを赤と黒の縦縞に変更させたのは、当時東芝に在籍していた石崎信弘であり、石崎が好きなACミランのデザインに肖ったものである。これはコンサドーレ札幌となってからも引き継がれた。1997-1998年のホームユニフォームでは、赤と黒の縦縞を基調にブルーグレーも使われた。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    市原から 野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを補強した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たGUCHY

    GUCHYグッチー (1996- )コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た中山元気

    柳下体制2年目。正GK藤ヶ谷陽介がG大阪へ移籍したが、補強として広島から林卓人と中山元気、鹿島から池内友彦、磐田から高原寿康と加賀健一を獲得し、新人は大卒の徐暁飛、ユースの石井謙伍と野田達郎が入団した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た上原慎也

    大分や柏で監督を務めた石崎信弘が監督に就任。ダヴィが名古屋へ移籍、西澤淳二・池内友彦・西谷正也・アンデルソンなど10人以上の選手(レンタル選手も含む)が退団した。一方でチームの大黒柱でもあり、退団が噂されていたMFクライトンが残留、前シーズン途中に期限付きで加入した箕輪義信を完全移籍で獲得した。またダヴィの移籍に伴い、移籍先の名古屋から3億円近くの高額な移籍金が入った為、更なる補強を断行した。具体的には、スウェーデンリーグのユールゴーデンIFからFWキリノ、コロンビアリーグのインディペンディエンテ・メデジンからMFダニルソン、アジア枠で韓国Kリーグの浦項からDF趙晟桓(チョウ・ソンファン)と3人の新外国人選手を獲得。また、日本人では大宮からGK荒谷弘樹を獲得した。新人は沖縄大学から上原慎也が入団、曵地裕哉、古田寛幸がユースから昇格した。しかし、7月に入るとMFクライトンが以前から抱えていた怪我が悪化。残りのシーズンに出場出来ないと判断され退団、代わりにハファエルが加入した。さらに、シーズン途中には柏の石川直樹をレンタル移籍で獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たブルーノ・エベルトン・クアドロス

    元大宮監督の三浦俊也が監督に就任。フッキが東京Vへ移籍、加賀健一が所属元に復帰したが、2006年に途中加入し天皇杯で好プレイを見せたGK佐藤優也を甲府から完全移籍で獲得。さらにC大阪からDFブルーノ・クアドロス、ECヴィトーリアからFWダヴィ・MFカウエ、大宮からGK高木貴弘、高卒ルーキーの岡本賢明と岩沼俊介を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た大森健作

    市原から 野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを補強した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たデルリス・ハヴィエル・フロレンティン・ノゲラ

    前年と同じく5位以内を目標に掲げてシーズンに臨んだが、堀井岳也、上里一将、西澤淳二らが負傷により長期離脱を余儀なくされたことによりチーム力が低下したものの、シーズン中盤に浦和から西谷正也、水戸からデルリスを獲得。西谷は攻撃力の向上に大きく寄与した一方、得点力が期待されたデルリスはチーム戦術に合わず、満足な成績を挙げることができないまま2006年限りで退団した。チームは17勝12分15敗の6位(全12チーム)でシーズンを終え、当初目標としていた5位以内には入らなかったものの、第4クール後半までJ1昇格戦線に食い込む活躍を見せ、柳下が2006年も指揮を執ることとなった。特に、DFの要として期待された池内は、チームトップの11得点と2桁得点を挙げ、守備だけではなく攻撃でもチームに貢献した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たホベルッチ・ダ・シルバ・アルメイダ

    1年でのJ1復帰を掲げ、新監督に鹿島や名古屋で監督を務めたジョアン・カルロスを招聘。また横浜FMを退団したウィルが復帰し、MFホベルッチ、MFベットという2人の元ブラジル代表選手を獲得した。一方ジョアン・カルロスと確執のあった小倉が退団した他、山瀬功治が浦和へ移籍したが、U-20日本代表主将今野泰幸などJ2トップクラスの戦力を揃えることに成功した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

315件中 41 - 50件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード