315件中 51 - 60件表示
  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た榊翔太

    石崎体制4年目。山下達也がC大阪に、2年間レンタル移籍していたダニルソンが名古屋に、ブルーノがグアラニFCに、ジオゴが徳島にそれぞれ完全移籍、レモスは契約満了により退団、西村卓朗が引退、上里一将が徳島にレンタル移籍した。一方で、鹿島から杉山哲、広島から?柳一誠、大分から前田俊介、清水から山本真希、新潟から大島秀夫、FC東京からオーストラリア代表のジェイド・ノースを完全移籍で、ジュニーニョをレンタル移籍で獲得。前年に大邱FCにレンタル移籍していたキリノが復帰。さらにユースからシーズン終盤に活躍した奈良竜樹をはじめ、荒野拓馬、小山内貴哉、前貴之、榊翔太がトップへ昇格した。なお、湘南から完全移籍の松尾直人はFC大阪へ移籍した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たウーゴ・マラドーナ

    ウルグアイからウーゴ・フェルナンデスを監督に招聘。「チームはファミリー」を合言葉に周囲の期待通りに快進撃を続け、26勝4敗で旧JFL優勝(全16チーム)、念願のJリーグ昇格を果たした。更にナビスコカップ予選リーグでJリーグ勢を抑え、決勝トーナメントに進出。また、かつて前身の東芝に在籍していたパナマ代表FWバルデスがチームに復帰、40得点で得点王となり、ウーゴ・マラドーナとのホットラインがサポーターを魅了した。しかし、親会社を持たず資金力に乏しいチームにも関わらず、昇格を急ぐあまりに選手獲得に多大な資金を投入したしわ寄せがこの頃から表面化し始め、慢性的な赤字体質に悩まされるようになる。11月にJリーグ臨時理事会でJリーグ正会員として正式承認された。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た河合竜二

    石崎体制3年目。6年半在籍した西嶋弘之が徳島へ、ユース時代から在籍していた藤田征也とキャプテンを務めた石川直樹が新潟へ、佐藤優也が北九州へ、吉弘充志が愛媛へ、堀田秀平が新潟シンガポールへ、李漢宰が岐阜へ、新潟にレンタル移籍していた西大伍が鹿島へ完全移籍した。また、藤山竜仁が引退、箕輪義信が退団するなどし、多くの選手がチームを去った。一方補強は、日本人では新潟から高木貴弘、C大阪から山下達也、鳥栖から日高拓磨、横浜FMから河合竜二を獲得、レンタル移籍だった高木純平は完全移籍となり、三上陽輔がユースから昇格し、新人は室蘭大谷高校の櫛引一紀が入団した。外国人ではチアゴ(元京都)、ユニバーシアード韓国代表、U-23韓国代表候補の李昊乗(イホスン)、ブラジルのクラブからブルーノ、アンドレジーニョ(元徳島)を獲得した。また、一度退団した砂川誠と再び契約を締結した。キャンプ中に日高が骨折により開幕戦出場が絶望的となりDF層が薄くなった為、キャンプに練習生として参加していた西村卓朗と急遽契約を締結した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たマクサンドロ・バルボサ・デ・オリベイラ

    新監督としてS級ライセンスを取得したばかりで監督経験の無い柱谷哲二を招聘。ウィルに替わるストライカーとして、ロシアサッカー・プレミアリーグの強豪FCスパルタク・モスクワからブラジル人FWロブソンを、そして日本人選手では東京Vから小倉隆史、G大阪から小島宏美らを獲得した。しかし、ロシアリーグ得点王(後にこの経歴は虚偽と判明)、UEFAチャンピオンズリーグ出場という肩書きをひっさげて鳴り物入りで加入したロブソンが全く振るわず、チームは開幕から黒星を重ねた。結局ロブソンは同年加入したDFマクサンドロと共に5月末に退団。柱谷は「ロブソンには責任を取ってもらう」と発言したが、これには選手に責任を転嫁する発言だとして批判も強く、6月に解任された。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た高原寿康

    柳下体制2年目。正GK藤ヶ谷陽介がG大阪へ移籍したが、補強として広島から林卓人と中山元気、鹿島から池内友彦、磐田から高原寿康と加賀健一を獲得し、新人は大卒の徐暁飛、ユースの石井謙伍と野田達郎が入団した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た高木貴弘

    元大宮監督の三浦俊也が監督に就任。フッキが東京Vへ移籍、加賀健一が所属元に復帰したが、2006年に途中加入し天皇杯で好プレイを見せたGK佐藤優也を甲府から完全移籍で獲得。さらにC大阪からDFブルーノ・クアドロス、ECヴィトーリアからFWダヴィ・MFカウエ、大宮からGK高木貴弘、高卒ルーキーの岡本賢明と岩沼俊介を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た石井肇

    戦いの場をJリーグに移した1998年、1stステージでは第4節のG大阪戦でJリーグ加盟後初勝利をあげたが、4勝13敗の16位に低迷。2ndステージは持ち直したが、フロントとの意見の不一致から10月にフェルナンデスが監督を解任された。後任に石井肇が就いたが、2ndステージ8勝9敗の10位で、年間順位は12勝22敗で14位(全18チーム)となった。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た李漢宰

    石崎体制2年目。前年の主力の西大伍が新潟へ、ダニルソンが名古屋へレンタル移籍したが、6チームとの競合を制して磐田から中山雅史を獲得。その他にもFC東京から藤山竜仁と近藤祐介、愛媛から内村圭宏、広島から李漢宰を獲得した。更にシーズン途中には清水の高木純平をレンタル移籍で獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た柳下正明

    2003年に社長に就任した佐々木利幸の下、過剰債務からの脱却を図るべく、その方針転換の指標となる「5段階計画」を打ち出した。それは、人件費をはじめとした経費の圧縮により経営の黒字化を図り、債務超過を解消すると同時に、若手主体のチーム編成とユースチームの強化を軸とする長期育成計画を立て、レンタル移籍や外国籍選手に頼らずにJ1で安定して戦えるチーム作りを目指すというものであった。その為、磐田でユースやサテライトチームの監督を長く務め、同トップチームの監督を務めていた柳下正明を監督に招聘。なお、監督就任交渉時において「パスを回して自分たちから積極的に攻撃を仕掛けられるチームを作りたい」と述べた強化部長の城福敬(現甲府監督城福浩の実兄)に対し、「そのスタイルならば、受けます」と応じた。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た中尾康二

    開幕から第4節まで負けなしで順調なスタートを切ったが、プロ3年目までの選手が大半を占めるチームならではの戦力・経験不足を露呈。さらに三原廣樹の大怪我による戦線離脱や新居辰基と中尾康二の不祥事による契約解除(解雇)といった事態が続き、シーズン途中の補強として横浜FMから金子勇樹、神戸から西嶋弘之を獲得、特別指定選手としてチームに加わっていた権東勇介と正式契約するなどして局面打開を図った。しかし、勝利を度外視して若手育成にあてたメンバー構成のチームでなかなか勝ち点を重ねることが出来ず、この年は5勝15分24敗でJ1経験チーム初のJ2最下位(全12チーム)に終わった。しかし、この年の天皇杯ではJ1の市原、大分を破りベスト8に進出した。経営面では経費の削減が実を結び、今野がFC東京へ移籍した際の移籍金も含めて、クラブ史上最高の約3億5千万円の黒字を達成したことにより、債務超過は一気に1億円以下にまで減少した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

315件中 51 - 60件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード