315件中 61 - 70件表示
  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た関隆倫

    柳下体制3年目。補強は、川崎からフッキ、千葉から芳賀博信、山形から大塚真司と川崎健太郎、水戸から関隆倫、アルビレックス新潟シンガポールから野本安啓、名古屋からセバスティアンを獲得し、ユースから藤田征也と西大伍が昇格した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た深井一希

    新監督に前年まで福岡U-18の監督で、2009年まで札幌ユースやトップチームコーチを務めた室蘭市出身の財前恵一が就任。財前はチーム初のOB、北海道出身者の監督となった。また札幌OBで株式会社クラッキ社長の野々村芳和が顧問に就任した。強化費が前年の推定5億円から推定2億5000万程度に減額されるのを受けて本来なら契約延長を行いたい主力級の選手にも契約満了後他チームへの移籍を容認せざるを得ない状況に追い込まれた。かつて主将を務めた芳賀博信が引退、8年間在籍した高原寿康、高木純平(共に清水へ移籍)、岡山一成(所属先未定)、高木貴弘(岐阜へ移籍)、山本真希(川崎へ移籍)、高柳一誠(神戸へ移籍)、大島秀夫(北九州へ移籍)が契約満了に伴い退団、金載桓がレンタル終了で全北現代へ復帰、ハモンがブラジルクラブに、ジェイド・ノースがブリスベン・ロアーFCに、近藤祐介が栃木SCに、岩沼俊介が松本山雅FCに完全移籍した。一方で、Jリーグチームからの補強は一切なく、補強はJFLカマタマーレ讃岐から趙成眞(チョ ソンジン)を完全移籍で、ブラジルのクラブからパウロンをレンタル移籍獲得、2年間FC東京・徳島にレンタル移籍していた上里一将、JFL金沢にレンタル移籍していた横野純貴が復帰、また、東洋大学で札幌ユースU-18出身の松本怜大が入団、前年度にJユースカップで全カテゴリを通じて初の全国優勝を達成したユースから中原彰吾、永坂勇人、堀米悠斗、神田夢実、阿波加俊太、深井一希と前年を上回る史上最多6人の選手がトップへ昇格した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た河端和哉

    2004年は、中心選手だった今野泰幸や高年俸のベテラン・外国籍選手を放出。一方でユースから鈴木智樹と蛯沢匠吾、高卒ルーキーの上田常幸、上里一将、桑原剛、斉川雄介、大卒ルーキーの河端和哉、鎌田安啓といった8人の新人選手、テスト生から入団した静岡FCの清野智秋を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たロブソン・ルイス・ペレイラ・ダ・シルバ

    新監督としてS級ライセンスを取得したばかりで監督経験の無い柱谷哲二を招聘。ウィルに替わるストライカーとして、ロシアサッカー・プレミアリーグの強豪FCスパルタク・モスクワからブラジル人FWロブソンを、そして日本人選手では東京Vから小倉隆史、G大阪から小島宏美らを獲得した。しかし、ロシアリーグ得点王(後にこの経歴は虚偽と判明)、UEFAチャンピオンズリーグ出場という肩書きをひっさげて鳴り物入りで加入したロブソンが全く振るわず、チームは開幕から黒星を重ねた。結局ロブソンは同年加入したDFマクサンドロと共に5月末に退団。柱谷は「ロブソンには責任を取ってもらう」と発言したが、これには選手に責任を転嫁する発言だとして批判も強く、6月に解任された。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た三浦俊也

    元大宮監督の三浦俊也が監督に就任。フッキが東京Vへ移籍、加賀健一が所属元に復帰したが、2006年に途中加入し天皇杯で好プレイを見せたGK佐藤優也を甲府から完全移籍で獲得。さらにC大阪からDFブルーノ・クアドロス、ECヴィトーリアからFWダヴィ・MFカウエ、大宮からGK高木貴弘、高卒ルーキーの岡本賢明と岩沼俊介を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た金載桓

    リーグ開幕戦の磐田戦は引き分けたものの、その後は7連敗しクラブ創設以来初の開幕8戦白星がなく、ようやく第9節C大阪戦で初勝利を挙げるもその後さらにW杯予選によるリーグ戦中断を挟み9連敗、7月28日の第19節ホーム名古屋戦でようやく2勝目を挙げる。てこ入れのため7月に全北現代モータースより金載桓(キム ジェファン)をレンタル(それに伴い李昊乗の選手登録を抹消)、ナウチコからハモンとフォス・ド・イグアスFCからテレを完全移籍で獲得した。またキリノは湘南へ完全移籍、横野純貴をJFLのツエーゲン金沢へレンタルし、ジュニーニョと契約解除した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た小島宏美

    新監督としてS級ライセンスを取得したばかりで監督経験の無い柱谷哲二を招聘。ウィルに替わるストライカーとして、ロシアサッカー・プレミアリーグの強豪FCスパルタク・モスクワからブラジル人FWロブソンを、そして日本人選手では東京Vから小倉隆史、G大阪から小島宏美らを獲得した。しかし、ロシアリーグ得点王(後にこの経歴は虚偽と判明)、UEFAチャンピオンズリーグ出場という肩書きをひっさげて鳴り物入りで加入したロブソンが全く振るわず、チームは開幕から黒星を重ねた。結局ロブソンは同年加入したDFマクサンドロと共に5月末に退団。柱谷は「ロブソンには責任を取ってもらう」と発言したが、これには選手に責任を転嫁する発言だとして批判も強く、6月に解任された。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た堀米悠斗

    新監督に前年まで福岡U-18の監督で、2009年まで札幌ユースやトップチームコーチを務めた室蘭市出身の財前恵一が就任。財前はチーム初のOB、北海道出身者の監督となった。また札幌OBで株式会社クラッキ社長の野々村芳和が顧問に就任した。強化費が前年の推定5億円から推定2億5000万程度に減額されるのを受けて本来なら契約延長を行いたい主力級の選手にも契約満了後他チームへの移籍を容認せざるを得ない状況に追い込まれた。かつて主将を務めた芳賀博信が引退、8年間在籍した高原寿康、高木純平(共に清水へ移籍)、岡山一成(所属先未定)、高木貴弘(岐阜へ移籍)、山本真希(川崎へ移籍)、高柳一誠(神戸へ移籍)、大島秀夫(北九州へ移籍)が契約満了に伴い退団、金載桓がレンタル終了で全北現代へ復帰、ハモンがブラジルクラブに、ジェイド・ノースがブリスベン・ロアーFCに、近藤祐介が栃木SCに、岩沼俊介が松本山雅FCに完全移籍した。一方で、Jリーグチームからの補強は一切なく、補強はJFLカマタマーレ讃岐から趙成眞(チョ ソンジン)を完全移籍で、ブラジルのクラブからパウロンをレンタル移籍獲得、2年間FC東京・徳島にレンタル移籍していた上里一将、JFL金沢にレンタル移籍していた横野純貴が復帰、また、東洋大学で札幌ユースU-18出身の松本怜大が入団、前年度にJユースカップで全カテゴリを通じて初の全国優勝を達成したユースから中原彰吾、永坂勇人、堀米悠斗、神田夢実、阿波加俊太、深井一希と前年を上回る史上最多6人の選手がトップへ昇格した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た大塚真司

    柳下体制3年目。補強は、川崎からフッキ、千葉から芳賀博信、山形から大塚真司と川崎健太郎、水戸から関隆倫、アルビレックス新潟シンガポールから野本安啓、名古屋からセバスティアンを獲得し、ユースから藤田征也と西大伍が昇格した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た金子勇樹

    開幕から第4節まで負けなしで順調なスタートを切ったが、プロ3年目までの選手が大半を占めるチームならではの戦力・経験不足を露呈。さらに三原廣樹の大怪我による戦線離脱や新居辰基と中尾康二の不祥事による契約解除(解雇)といった事態が続き、シーズン途中の補強として横浜FMから金子勇樹、神戸から西嶋弘之を獲得、特別指定選手としてチームに加わっていた権東勇介と正式契約するなどして局面打開を図った。しかし、勝利を度外視して若手育成にあてたメンバー構成のチームでなかなか勝ち点を重ねることが出来ず、この年は5勝15分24敗でJ1経験チーム初のJ2最下位(全12チーム)に終わった。しかし、この年の天皇杯ではJ1の市原、大分を破りベスト8に進出した。経営面では経費の削減が実を結び、今野がFC東京へ移籍した際の移籍金も含めて、クラブ史上最高の約3億5千万円の黒字を達成したことにより、債務超過は一気に1億円以下にまで減少した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

315件中 61 - 70件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード