315件中 71 - 80件表示
  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たアンドレ・ルイス・ロドリゲス・ロペス

    石崎体制3年目。6年半在籍した西嶋弘之が徳島へ、ユース時代から在籍していた藤田征也とキャプテンを務めた石川直樹が新潟へ、佐藤優也が北九州へ、吉弘充志が愛媛へ、堀田秀平が新潟シンガポールへ、李漢宰が岐阜へ、新潟にレンタル移籍していた西大伍が鹿島へ完全移籍した。また、藤山竜仁が引退、箕輪義信が退団するなどし、多くの選手がチームを去った。一方補強は、日本人では新潟から高木貴弘、C大阪から山下達也、鳥栖から日高拓磨、横浜FMから河合竜二を獲得、レンタル移籍だった高木純平は完全移籍となり、三上陽輔がユースから昇格し、新人は室蘭大谷高校の櫛引一紀が入団した。外国人ではチアゴ(元京都)、ユニバーシアード韓国代表、U-23韓国代表候補の李昊乗(イホスン)、ブラジルのクラブからブルーノ、アンドレジーニョ(元徳島)を獲得した。また、一度退団した砂川誠と再び契約を締結した。キャンプ中に日高が骨折により開幕戦出場が絶望的となりDF層が薄くなった為、キャンプに練習生として参加していた西村卓朗と急遽契約を締結した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たチアゴ・プラド・ノゲイラ

    石崎体制3年目。6年半在籍した西嶋弘之が徳島へ、ユース時代から在籍していた藤田征也とキャプテンを務めた石川直樹が新潟へ、佐藤優也が北九州へ、吉弘充志が愛媛へ、堀田秀平が新潟シンガポールへ、李漢宰が岐阜へ、新潟にレンタル移籍していた西大伍が鹿島へ完全移籍した。また、藤山竜仁が引退、箕輪義信が退団するなどし、多くの選手がチームを去った。一方補強は、日本人では新潟から高木貴弘、C大阪から山下達也、鳥栖から日高拓磨、横浜FMから河合竜二を獲得、レンタル移籍だった高木純平は完全移籍となり、三上陽輔がユースから昇格し、新人は室蘭大谷高校の櫛引一紀が入団した。外国人ではチアゴ(元京都)、ユニバーシアード韓国代表、U-23韓国代表候補の李昊乗(イホスン)、ブラジルのクラブからブルーノ、アンドレジーニョ(元徳島)を獲得した。また、一度退団した砂川誠と再び契約を締結した。キャンプ中に日高が骨折により開幕戦出場が絶望的となりDF層が薄くなった為、キャンプに練習生として参加していた西村卓朗と急遽契約を締結した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たチアゴ・キリーノ・ダ・シウヴァ

    大分や柏で監督を務めた石崎信弘が監督に就任。ダヴィが名古屋へ移籍、西澤淳二・池内友彦・西谷正也・アンデルソンなど10人以上の選手(レンタル選手も含む)が退団した。一方でチームの大黒柱でもあり、退団が噂されていたMFクライトンが残留、前シーズン途中に期限付きで加入した箕輪義信を完全移籍で獲得した。またダヴィの移籍に伴い、移籍先の名古屋から3億円近くの高額な移籍金が入った為、更なる補強を断行した。具体的には、スウェーデンリーグのユールゴーデンIFからFWキリノ、コロンビアリーグのインディペンディエンテ・メデジンからMFダニルソン、アジア枠で韓国Kリーグの浦項からDF趙晟桓(チョウ・ソンファン)と3人の新外国人選手を獲得。また、日本人では大宮からGK荒谷弘樹を獲得した。新人は沖縄大学から上原慎也が入団、曵地裕哉、古田寛幸がユースから昇格した。しかし、7月に入るとMFクライトンが以前から抱えていた怪我が悪化。残りのシーズンに出場出来ないと判断され退団、代わりにハファエルが加入した。さらに、シーズン途中には柏の石川直樹をレンタル移籍で獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た桑原剛

    2004年は、中心選手だった今野泰幸や高年俸のベテラン・外国籍選手を放出。一方でユースから鈴木智樹と蛯沢匠吾、高卒ルーキーの上田常幸、上里一将、桑原剛、斉川雄介、大卒ルーキーの河端和哉、鎌田安啓といった8人の新人選手、テスト生から入団した静岡FCの清野智秋を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たルイス・カルロス・ペレイラ

    「北海道からJリーグチームを」を合い言葉に、ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ参加。高橋武夫が監督を務め、更にFWアルシンド、DFペレイラらJリーグでの実績を持つブラジル人選手を迎えた。しかし、プロ選手と東芝サッカー部から出向してきた社員選手が混在(41人体制)し、アルシンドは審判への暴言で長期出場停止処分となり、復帰後すぐに一発退場を受けるとそのまま退団し、結局20勝10敗の5位(全16チーム)に終わった。しかしながら、新人の吉原宏太の活躍や、同年のチーム得点王である川合孝治を含む東芝社員選手を中心にしたチーム構成でシーズン後半は内容が向上するなど、明るい展望もあった。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たダニエル・ソアレス・デ・ソウザ・レモス

    シーズン中には、アンドレジーニョがAリーグのパース・グローリーFCへ移籍、チアゴが退団するも、かつて、川崎・柏で石崎監督のもとでプレーしていた岡山一成、新外国人としてブラジルのクラブからジオゴ、レモスが新加入した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たホルヘ・セバスティアン・ヌニエス

    柳下体制3年目。補強は、川崎からフッキ、千葉から芳賀博信、山形から大塚真司と川崎健太郎、水戸から関隆倫、アルビレックス新潟シンガポールから野本安啓、名古屋からセバスティアンを獲得し、ユースから藤田征也と西大伍が昇格した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た堀井岳也

    前年と同じく5位以内を目標に掲げてシーズンに臨んだが、堀井岳也、上里一将、西澤淳二らが負傷により長期離脱を余儀なくされたことによりチーム力が低下したものの、シーズン中盤に浦和から西谷正也、水戸からデルリスを獲得。西谷は攻撃力の向上に大きく寄与した一方、得点力が期待されたデルリスはチーム戦術に合わず、満足な成績を挙げることができないまま2006年限りで退団した。チームは17勝12分15敗の6位(全12チーム)でシーズンを終え、当初目標としていた5位以内には入らなかったものの、第4クール後半までJ1昇格戦線に食い込む活躍を見せ、柳下が2006年も指揮を執ることとなった。特に、DFの要として期待された池内は、チームトップの11得点と2桁得点を挙げ、守備だけではなく攻撃でもチームに貢献した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見たアンデルソン・ホベルト・ダ・シウバ・ルイス

    しかし、2007年に堅守を誇ったDFラインに負傷者が相次ぎ、ゾーンの穴を突かれての失点やセットプレー時での失点癖が目立ち守備が崩壊。また、点取り屋として期待されたノナトも調整不足などからレギュラーにも至らない状態であった。戦力不足が影響し、中断期間突入時点で降格圏内の17位と低迷した。FWアンデルソンや川崎から箕輪義信を獲得したが、10月19日の第29節柏戦に敗れて1年でのJ2降格が決まった(5試合を残しての降格は2007年の横浜FCと並び当時最速)。10月26日の川崎F戦に敗れ、最下位が確定。12月6日の最終節で鹿島に敗れて目の前で優勝を決められた。年間順位は4勝6分24敗の最下位(全18チーム)。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た鎌田安啓

    2004年は、中心選手だった今野泰幸や高年俸のベテラン・外国籍選手を放出。一方でユースから鈴木智樹と蛯沢匠吾、高卒ルーキーの上田常幸、上里一将、桑原剛、斉川雄介、大卒ルーキーの河端和哉、鎌田安啓といった8人の新人選手、テスト生から入団した静岡FCの清野智秋を獲得した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

315件中 71 - 80件表示

「北海道コンサドーレ札幌」のニューストピックワード