136件中 91 - 100件表示
  • バージニアビーチ

    バージニアビーチから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    バージニアビーチを含むハンプトン・ローズ都市圏の玄関口となる空港はノーフォーク国際空港(IATA: ORF)である。この空港には4大航空会社(デルタ航空・アメリカン航空・ユナイテッド航空・コンチネンタル航空)のほか、USエアウェイズとサウスウエスト航空も就航しており、21都市25空港への直行便が就航している。バージニアビーチ・タウンセンターから同空港へは北西へ直線距離で約9km、リゾート・エリアからは西北西へ約23kmである。バージニアビーチ フレッシュアイペディアより)

  • ダーラム (ノースカロライナ州)

    ダーラム (ノースカロライナ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ダーラムを含むリサーチ・トライアングルの玄関口となっている空港はダーラムの中心部から南西約23km、ローリーとの間にあるローリー・ダーラム国際空港(IATA: RDU)である。この空港には主要5社(アメリカン航空・コンチネンタル航空・デルタ航空・ノースウェスト航空・ユナイテッド航空)がすべてハブ空港からの便を発着させている。また、アメリカン航空はロンドンのヒースロー国際空港からローリー・ダーラム国際空港の大西洋越えの便も就航させている。これに加え、2010年にはデルタ航空がパリのシャルル・ド・ゴール国際空港からの便を就航させる予定になっている。ダーラム (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • フィウミチーノ空港

    フィウミチーノ空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 (Continental Airlines)フィウミチーノ空港 フレッシュアイペディアより)

  • アイランドエアー

    アイランドエアーから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ハワイの島々の間でプロペラ機による旅客業務を行っている。コンチネンタル航空、ハワイアン航空、ユナイテッド航空との間でコードシェア便を運航し、共通のマイレージサービスを提供している。また、アロハ航空とも、同社が旅客路線運航を停止する2008年3月31日までマイレージサービス提携を行っていた。アイランドエアー フレッシュアイペディアより)

  • 日本における2009年新型インフルエンザ

    日本における2009年新型インフルエンザから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    感染者の交流事業参加者は、カナダよりデトロイト国際空港を経由後ノースウエスト航空NW25便とコンチネンタル航空CO6348便の共同運航便に搭乗した。交流事業参加者の近くに座っていた乗客47人と乗員2人は、検疫法に基づき10日間の停留措置が取られたが、感染者3人のうち1人は機外に出た後に症状を訴えたため、周囲の席に座っていた「濃厚接触者」となる一部の乗客がそのまま入国し、連絡を取っている。なお、機外に一歩出れば、現行の検疫法では停留はできない。なお、感染者は千葉県成田市の感染症指定医療機関(成田赤十字病院)へ隔離入院した。日本における2009年新型インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本空輸

    全日本空輸から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ユナイテッド航空に統合のため)全日本空輸 フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州

    テキサス州から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    テキサス州で2番目に大きな空港はジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港である。ヒューストンを本拠にするコンチネンタル航空の最大中継点である。アメリカの空港から来るメキシコ行き航空路の大半が利用している。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

  • 7月15日

    7月15日から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1934年 - Varney Speed Lines(後のコンチネンタル航空)が運航開始。7月15日 フレッシュアイペディアより)

  • コンコルド

    コンコルドから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    2000年7月25日、エールフランス機(Model No.101、登録番号F-BTSC)がパリのシャルル・ド・ゴール空港を離陸時に、滑走路上に落ちていたコンチネンタル航空のマクドネルダグラスDC-10型機から脱落した部品により主脚のタイヤが破裂し、タイヤ片が主翼下面に当たり燃料タンクを破損、直後に漏れ出た燃料に引火、そのまま炎上・墜落した。地上で巻き込まれた犠牲者を含め113人が死亡するという大惨事になった。小さなトラブルは頻繁にあったが、1969年の初飛行以来大規模な事故は初めてだった。エールフランスは即日、ブリティッシュ・エアウェイズもイギリスの航空当局がコンコルドの耐空証明を取り消すことが確実視されたことにより8月15日に、運航停止を決定した。コンコルド フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の航空

    2010年の航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    (合併発表) アメリカ第3位のユナイテッド航空(シカゴ)と同第4位のコンチネンタル航空(ヒューストン)が合併する事を発表した。今後、アメリカ当局の認可を経て合併させる予定。合併が確定すれば、現在、世界最大のデルタ航空(アメリカ・アトランタ)を抜き世界最大となる。なお、合併は「対等合併」で新しい航空会社は「ユナイテッド航空」と発表。機体については旧コンチネンタル航空のものを引き継ぐ。2010年の航空 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示