136件中 11 - 20件表示
  • ボーイング747

    ボーイング747から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    アメリカでは、パンアメリカン航空、トランス・ワールド航空が国際線で、アメリカン航空、コンチネンタル航空、デルタ航空、ユナイテッド航空は当初はアメリカ国内路線での活躍にとどまった。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • サウスウエスト航空

    サウスウエスト航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1967年11月27日、ケレハーはダラス、ヒューストン、サンアントニオの3都市を結ぶ航空会社の参入をテキサス州航空委員会(以下「TAC」と表記)に申請、1968年2月20日には認可された。ところが、認可の翌日に、ブラニフ航空、トランステキサス航空・コンチネンタル航空の3社(以下、本節では「ライバル3社」と記述する)が、サウスウエスト航空への飛行許可証を発行することを禁じる内容の一方的緊急差止命令を入手したのである。ライバル3社の主張は「サウスウエスト航空が参入しようとしている市場はすでに飽和状態で、新たな航空会社が参入する余地はない」というものであった。サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • ピープル・エキスプレス

    ピープル・エキスプレスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ピープル・エキスプレス航空(PEOPLExpress Airlines)、通称ピープルエキスプレスは、1981年から1987年までの間運航していた、アメリカ合衆国の格安航空会社である。経営悪化の末に、1987年に東海岸路線の強化を狙ったコンチネンタル航空に買収された。ピープル・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング767

    ボーイング767から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    なお、コンチネンタル航空が運航する-200ER型には-400ERと同じ操縦席が装備されている。ボーイング767 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング757

    ボーイング757から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    757-200の胴体を7.11m延長したストレッチ型である。全長54.43mはナローボディ旅客機としては旅客機史上2番目の長さ(1位はDC-8-61/63の全長57.12m)となり、ナローボディ双発旅客機に限れば最長である。胴体延長に伴い、引き起こしの際に尾部が接地することを防ぐために、尾部にテイルスキッドが装備されているほか、重量増加に合わせ、主翼とギア、またそれら周辺の胴体部分が構造強化されている。なお、同じ時期には767-400ER型が開発されているが、757-300ではコックピットについては大きな変更は行なわれていない。55機が製造され、757-200と共に製造を終了している(最終機は2004年4月27日にコンチネンタル航空に納入されている)。ボーイング757 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス国際空港

    インディアナポリス国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン/インターコンチネンタル)インディアナポリス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

    デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    このターミナルは、ノースウエスト航空(現・デルタ航空)のターミナルであったDaveyターミナルを移設し、2002年2月25日にオープンした。デトロイトのノースウエスト・ワールドゲートウェイとも呼ばれた。2005年3月30日に、デルタ航空とデルタ・コネクションがこのターミナルに移転した。2009年10月27日にスカイチームから離脱し、スターアライアンスへ移籍したコンチネンタル航空(現・ユナイテッド航空)を唯一の例外として、現在はスカイチーム加盟の航空会社の専用ターミナルとなっている。コンチネンタル航空は2010年3月にノース・ターミナルへ移転した。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港 フレッシュアイペディアより)

  • Continental airlines

    Continental airlinesから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    Continental airlines フレッシュアイペディアより)

  • リパブリック航空

    リパブリック航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    しかし、1978年の航空規制緩和後の激しい競争の中で同社のコスト高や航空管制官のストライキの影響で業績は悪化し、1983年には1億ドル以上もの赤字を計上してしまった。このため経営陣は交替し、コンチネンタル航空の元社長ステファン・ウルフが新社長となった。リパブリック航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル・コネクション

    コンチネンタル・コネクションから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル・コネクション(こんちねんたる・こねくしょん Continental Connection)とはコンチネンタル航空のために4つの地域航空会社が運航している名称である。これらに参加している航空会社は、コンチネンタル航空の便名でコンチネンタル航空のハブ空港と地方空港の間の路線を小型ジェット機などで運航している。コンチネンタル・コネクション フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示