137件中 21 - 30件表示
  • パシフィックアイランド航空

    パシフィックアイランド航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    2001年のアメリカ同時多発テロ事件(911)の後、乗客が劇的に減少したため、その対策としてサイパンとグアムの間の郵便配達事業を開始した。しかし競合会社のコンチネンタル航空がさらに範囲を拡大した郵便サービスを開始したため、うまくいかなかった。ノースウエスト航空とのコードシェアリングだけでは採算が取れなくなり、2005年2月に運行を停止した。パシフィックアイランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ロレンツォ

    フランク・ロレンツォから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1981年、ロレンツォは業績の悪化していたコンチネンタル航空の買収に着手した。当初、コンチネンタル航空では労使ともにロレンツォの買収について警戒していたが、その抵抗は内外から崩され、同年11月に同社は買収された。翌1982年にテキサス・インターナショナル航空と合併、さらに1983年には連邦倒産法第11章(チャプター11)を適用することで一旦コンチネンタル航空を破産させて従業員を全員解雇し、大幅な賃金カットによる雇用条件を受け入れた従業員だけを再雇用した。破産による運航停止から運航再開までわずか3日という、手荒な方法であったが、その後の航空会社再建の戦略の1つとして注目されることになる。フランク・ロレンツォ フレッシュアイペディアより)

  • エミリー (猫)

    エミリー (猫)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    その後、帰国に向けて検疫所で一ヶ月間滞在の後、12月1日に飛行機でジェネラル・ミッチェル国際空港に帰還し、家族と再会した。帰りは、コンチネンタル航空の好意でビジネスクラスのシートと機内食が提供され、行きとは対照的な優雅なものであった。エミリー (猫) フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル・コネクション

    コンチネンタル・コネクションから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル・コネクション(Continental Connection)とは、コンチネンタル航空(現・ユナイテッド航空)のために4つの地域航空会社が運航していた名称である。これらに参加している航空会社は、コンチネンタル航空の便名でコンチネンタル航空のハブ空港と地方空港の間の路線を小型ジェット機などで運航していた。ユナイテッド航空との合併により2011年11月30日に、ユナイテッド・エクスプレスに統合された。コンチネンタル・コネクション フレッシュアイペディアより)

  • カフルイ空港

    カフルイ空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン/インターコンチネンタル、ロサンゼルス)カフルイ空港 フレッシュアイペディアより)

  • アイゾッド・センター

    アイゾッド・センターから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1981年7月2日にこけら落とし。当時のニュージャージー州知事であったブレンダン・バーンにちなんでブレンダン・バーン・アリーナとして完成した。1982年1月にはNBAオールスターゲームが行なわれていた。1996年にはコンチネンタル航空が12年契約の命名権を取得しコンチネンタル・エアラインズ・アリーナとなった。命名権消滅後、カジュアルブランドのアイゾッド(Izod)が命名権を取得し2007年10月31日から現在の名称になった。アイゾッド・センター フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ国際空港

    ピッツバーグ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 ゲートD77, D79 (ヒューストン国際)ピッツバーグ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ国際空港

    カンザスシティ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン/インターコンチネンタル)カンザスシティ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • カヤホガフォールズ (オハイオ州)

    カヤホガフォールズ (オハイオ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    カヤホガフォールズに最も近い商業空港は、アクロンのダウンタウンから南東へ18km、アクロンとカントンの中間に立地するアクロン・カントン空港(IATA: CAK)で、カヤホガフォールズの中心部からは南へ29kmである。この空港にはデルタ航空とユナイテッド航空のほか、サウスウエスト航空、USエアウェイズ、およびアレジャイアント航空が就航しており、13都市・14空港への直行便がある。より規模の大きな空港としては、クリーブランドのダウンタウンの南西17kmに立地するクリーブランド都市圏の第1空港で、旧コンチネンタル航空のハブ空港であったクリーブランド・ホプキンス国際空港(IATA: CLE)があり、こちらへはカヤホガフォールズの中心部から北西へ約55kmである。カヤホガフォールズ (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウェイン空港

    ジョン・ウェイン空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 (ヒューストン/インターコンチネンタル、ニューアーク、ホノルル(季節便)、カフルイ(季節便))ジョン・ウェイン空港 フレッシュアイペディアより)

137件中 21 - 30件表示