136件中 31 - 40件表示
  • コンベア240

    コンベア240から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンベア240の1号機は1947年3月16日に初飛行した。生産航空機は1948年2月28日に最初に引き渡され、ウエスタン航空やコンチネンタル航空などのアメリカの航空会社をはじめ、KLMオランダ航空や東亜航空など世界各国の航空会社に176機が引き渡された。コンベア240 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ロレンツォ

    フランク・ロレンツォから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1981年、ロレンツォは業績の悪化していたコンチネンタル航空の買収に着手した。当初、コンチネンタル航空では労使ともにロレンツォの買収について警戒していたが、その抵抗は内外から崩され、同年11月に同社は買収された。翌1982年にテキサス・インターナショナル航空と合併、さらに1983年には連邦倒産法第11章(チャプター11)を適用することで一旦コンチネンタル航空を破産させて従業員を全員解雇し、大幅な賃金カットによる雇用条件を受け入れた従業員だけを再雇用した。破産による運航停止から運航再開までわずか3日という、手荒な方法であったが、その後の航空会社再建の戦略の1つとして注目されることになる。フランク・ロレンツォ フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空11便爆破事件

    コンチネンタル航空11便爆破事件から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    アメリカ合衆国国内の定期便として運航中のコンチネンタル航空11便(ボーイング707、機体記号N70775)は、1962年5月22日にシカゴからロサンゼルスへの飛行の最初の経由地であるミズーリ州カンザスシティに向かう途中アイオワ州とミズーリ州を飛行していた午後9時半(現地時間)ごろ爆発が発生し、ミズーリ州ユニオンビルに墜落した。コンチネンタル航空11便爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エアシステムの就航路線

    日本エアシステムの就航路線から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    また、合併以前はコンチネンタル航空との提携・コードシェア運航のための協議を行っていた。日本エアシステムの就航路線 フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ国際空港

    ピッツバーグ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 ゲートD77, D79 (ヒューストン国際)ピッツバーグ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • フロンティア航空

    フロンティア航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    元々フロンティア航空はコンチネンタル航空とユナイテッド航空と競合していて、コロラド州デンバーの Stapleton空港を本拠地としていた。この航空会社は1985年にピープルエキスプレス (PeopleExpress) によって買収される。フロンティア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・エア

    ニューヨーク・エアから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    収益性の高い基幹路線を失ったニューヨーク・エアは、1987年2月1日にコンチネンタル航空へ吸収合併された。ニューヨーク・エア フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ国際空港

    カンザスシティ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン/インターコンチネンタル)カンザスシティ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • カフルイ空港

    カフルイ空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン/インターコンチネンタル、ロサンゼルス)カフルイ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社

    ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ニューアーク・リバティー国際空港 - ニュージャージー州ニューアークとエリザベスにまたがる。ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港に次ぐ、コンチネンタル航空第2のハブ空港である。ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示