136件中 51 - 60件表示
  • チューリッヒ空港

    チューリッヒ空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

     コンチネンタル航空 (Continental Airlines)チューリッヒ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ブラニフ航空

    ブラニフ航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    国内外における競争が激化する中、1965年にはコンチネンタル航空の副社長であったハーディング・L・ローレンスを招く。ローレンスは、他社との差別化を打ち出すべく、広告代理店の役員であったメアリー・ウェルズを広告担当重役に招き、中規模広告代理店であるジャック・ティンカー&パートナーズをパートナーに、ウェルズの知人であった著名なイタリア人デザイナーのエミリオ・プッチとアレキサンダー・ジラルドとともに「The End of the Plain Plane(退屈な飛行機の終焉)」キャンペーンを企画する。ブラニフ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージン・アメリカ

    ヴァージン・アメリカから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    最大の反対活動を行ったのは乗員組合連絡会議(Air Line Pilots Association)と、ヒューストンに本社をおくコンチネンタル航空であった。彼らの反対は、同社がアメリカ資本ではなく、外資系企業によって運営されることによるものだった。のみならず、カリフォルニア州やニューヨーク州の州議会議員・市議会議員の一部もこれに同調したこともあって、ヴァージンアメリカの先の申請は、2006年12月末、ついに却下される事態となった。ヴァージン・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • ラガーディア空港

    ラガーディア空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(アルバ、クリーブランド、ヒューストン/インターコンチネンタル)ラガーディア空港 フレッシュアイペディアより)

  • ボーモント (テキサス州)

    ボーモント (テキサス州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ボーモントに最も近い商業空港は市の中心部から南東へ約16km、ボーモントとポートアーサーの中間に立地するジャック・ブルックス地域空港(旧名称: サウスイースト・テキサス地域空港、IATA: BPT)である。しかし、この空港に発着している定期旅客便はコンチネンタル航空によるヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港からの便のみである。同社最大のハブ空港であるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港はボーモントから直接利用可能な距離であり、市の中心部から車で1時間40分ほどである。ボーモント (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン (テキサス州)

    ブライアン (テキサス州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ブライアン・カレッジステーション地域の空の玄関口となる空港は、テキサスA&M大学のキャンパスの南西に隣接する、同学所有のイースターウッド空港(IATA: CLL)である。同空港にはアメリカン航空によるダラス・フォートワースへの便、およびユナイテッド航空(旧コンチネンタル航空)によるヒューストンへの便が就航しており、それぞれ1日4便ずつ発着する。市中心部の北東約5kmにも、市が所有するクールター・フィールド(IATA: CFD)が立地しているが、こちらはゼネラル・アビエーションと呼ばれる、主に自家用機やチャーター機の発着に使われる空港である。ブライアンには州間高速道路は通っていないが、州道6号線がブライアン・カレッジステーション両市の北東をバイパスしており、この区間のみ高速道路規格になっている。州道6号線は北西へはウェーコへ、南東へはヒューストン北西郊のヘンプステッドへと通じている。また、ブラゾス交通局はブライアン・カレッジステーションの両市をカバーする7系統の路線バス網を運営している。ブライアン (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ国際空港

    マイアミ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 (ヒューストン/国際, ニューアーク)マイアミ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • マイレージ・プラス

    マイレージ・プラスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    マイレージ・プラスとは、アメリカ合衆国の航空会社、ユナイテッド航空が提供するマイレージサービスである。2012年の旧コンチネンタル航空との合併により、同社が提供していた「ワンパス」に加盟していたコパ航空も本サービスに加盟している1。マイレージ・プラス フレッシュアイペディアより)

  • マッカレン (テキサス州)

    マッカレン (テキサス州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    マッカレン・ミラー国際空港が2009年にリオグランデ・バレーでは最も繁忙な空港になった。ダラス・フォートワース国際空港にはアメリカン航空が、ヒューストン国際空港へはコンチネンタル航空が、ラスベガス国際空港とオーランド・サンフォード国際空港にはアレジャイアント航空が、テネシー州メンフィス国際空港にはデルタ・コネクションが直行便を飛ばしている。マッカレン (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • ポートアーサー (テキサス州)

    ポートアーサー (テキサス州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ポートアーサーに最も近い商業空港は市の中心部から北西へ約12km、ポートアーサーとボーモントの中間に立地するジャック・ブルックス地域空港(旧名称: サウスイースト・テキサス地域空港、IATA: BPT)である。この空港にはコンチネンタル航空によるヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港からの便のみが就航している。ポートアーサーには州間高速道路は通っていないが、国道69号線が北西に隣接するネダーランドから高速道路規格になっており、ボーモント市内でI-10と接続している。ポートアーサー (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示