137件中 51 - 60件表示
  • 2010年の経済

    2010年の経済から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    3日(現地時間) - ユナイテッド航空とコンチネンタル航空が合併合意を発表。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アクロン (オハイオ州)

    アクロン (オハイオ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    アクロンに最も近い商業空港は、ダウンタウンから南東へ18km、アクロンとカントンの中間に立地するアクロン・カントン空港(IATA: CAK)である。この空港にはデルタ航空とユナイテッド航空のほか、サウスウエスト航空、USエアウェイズ、およびアレジャイアント航空が就航しており、16都市・17空港への直行便がある。この空港はアクロン・カントン両都市圏の空港であるのみならず、クリーブランド都市圏の第2空港という位置づけにもなっている。より規模の大きな空港としては、クリーブランド都市圏の第1空港で、クリーブランドのダウンタウンの南西17km、アクロンのダウンタウンからは北西へ約60kmに立地する、旧コンチネンタル航空のハブ空港であったクリーブランド・ホプキンス国際空港(IATA: CLE)がある。ダウンタウンの南東約7kmに立地するアクロン・フルトン国際空港(IATA: AKC)は、移民・関税執行局(ICE)の施設を持っており、そのため「国際空港」としての要件を満たし、空港名にも「国際空港」とついているものの、実態はゼネラル・アビエーション空港である。アクロン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社

    ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ニューアーク・リバティー国際空港 - ニュージャージー州ニューアークとエリザベスにまたがる。ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港に次ぐ、コンチネンタル航空(現在は合併してユナイテッド航空)第2のハブ空港であった。ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 フレッシュアイペディアより)

  • マイアミ国際空港

    マイアミ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 (ヒューストン/国際, ニューアーク)マイアミ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ホットスプリングス (アーカンソー州)

    ホットスプリングス (アーカンソー州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ホットスプリングスの玄関口となる空港はリトルロックのリトルロック・ナショナル空港(IATA: LIT)である。この空港にはデルタ航空・アメリカン航空・ユナイテッド航空・コンチネンタル航空の4大航空会社がすべて就航しているほか、サウスウエスト航空とUSエアウェイズも就航しており、各航空会社のハブ空港を中心に13都市16空港からの直行便が発着する。ホットスプリングスにも、市中心部から南西約5kmにホットスプリングス・メモリアル・フィールド空港(IATA: HOT)が立地しているが、ゼネラル・アビエーションと呼ばれる、自家用機やチャーター機の発着が主となっている規模の小さい空港で、定期旅客便はシーポート航空によるメンフィスからのただ1路線が1日3便発着するのみである。ホットスプリングス (アーカンソー州) フレッシュアイペディアより)

  • ポート・コロンバス国際空港

    ポート・コロンバス国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空(ヒューストン、ニューアーク)ゲートA5-A7ポート・コロンバス国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • スカイウェスト航空

    スカイウェスト航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1995年、コンチネンタル航空のロサンゼルス便の運航を開始。スカイウェスト航空が、2年後にユナイテッド航空便の運航に着手するまで継続された。スカイウエスト航空によるユナイテッド・エクスプレス便は、サンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港、デンバー国際空港発のもので、1990年代末には、最大の運航となった。コンチネンタル航空との提携は、2003年にジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港便で再開したが、2005年6月には終了した。2005年8月15日、デルタ航空がを4億2500万ドルでホールディングカンパニーであるスカイウエストに売却することを発表した。買収は2005年9月8日に完了したスカイウェスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンベア240

    コンベア240から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンベア240の1号機は1947年3月16日に初飛行した。生産航空機は1948年2月28日に最初に引き渡され、ウエスタン航空やコンチネンタル航空などのアメリカの航空会社をはじめ、KLMオランダ航空や東亜航空など世界各国の航空会社に176機が引き渡された。コンベア240 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・エクスプレス

    ユナイテッド・エクスプレスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    これらの航空会社はユナイテッド航空の便名で、ユナイテッド航空のハブ空港と地方空港の間の路線を小型ジェット機などで運航している。2010年10月1日のユナイテッド航空とコンチネンタル航空の合併により、コンチネンタル・コネクションとコンチネンタル・エクスプレスのユナイテッド・エクスプレスへの統合が進められた。2011年11月30日に米国連邦航空局よりユナイテッド航空の単独運航許可 (Single Operating Certificate, SOC) が認可されたことにより、約550の航空機がユナイテッド・エクスプレスとして運航するようになった。ユナイテッド・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ヤングスタウン (オハイオ州)

    ヤングスタウン (オハイオ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ヤングスタウン都市圏の空の玄関口となる空港は市の北約19km、トランブル郡に立地するヤングスタウン・ウォーレン地域空港(IATA: YNG)である。しかし、この空港にはアレジャイアント航空しか就航しておらず、就航路線もセントピーターズバーグ・クリアウォーターとプンタゴルダへの2路線のみである。より規模の大きく、就航路線数・便数の多い空港としては、西北西へ約120km(車で約1時間20分)に立地し、コンチネンタル航空のハブ空港であるクリーブランド・ホプキンス国際空港や、南南東へ約90km(車で約1時間)に立地するピッツバーグ国際空港が挙げられる。ヤングスタウン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示