137件中 61 - 70件表示
  • ウィリアム・P・ホビー空港

    ウィリアム・P・ホビー空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1957年の公式ガイドによれば、平日の発着便の内訳は、イースタン航空が26便、ブラニフ航空が20便(そのほかに南アメリカ大陸への路線が週4便)、コンチネンタル航空・デルタ航空・トランステキサス航空(当時)が各社とも9便、ナショナル航空が4便、パンナムが2便、アメリカン航空が1便となっていた。各社ともニューヨークやワシントンには直行便を運航していたが、シカゴとデンバー、またはそれ以西の路線の開設はされていなかった。1957年には、KLMオランダ航空がモントリオール経由でアムステルダムから乗り入れた。これらの各社は、その後ヒューストン・インターコンチネンタル空港(当時)に移転し、就航を続けている。ウィリアム・P・ホビー空港 フレッシュアイペディアより)

  • ノーフォーク (バージニア州)

    ノーフォーク (バージニア州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ノーフォークを含むハンプトン・ローズ都市圏の玄関口となる空港は、ダウンタウンの北東約5.5km、バージニアビーチとの市境のすぐ内側に位置するノーフォーク国際空港(IATA: ORF)である。この空港には4大航空会社(デルタ航空・アメリカン航空・ユナイテッド航空・コンチネンタル航空)のほか、USエアウェイズとサウスウエスト航空も就航しており、21都市25空港への直行便が就航している。また、ハンプトン・ローズの対岸、ニューポートニューズ市北西部に立地するニューポートニューズ・ウィリアムズバーグ国際空港(IATA: PHF)にはデルタ航空によるアトランタへの便やUSエアウェイズによるシャーロットへの便が就航しており、ハンプトン・ローズ都市圏における第2空港としてノーフォーク国際空港を補完する役割を果たしている。ノーフォーク (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・マックス

    ピーター・マックスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空ボーイング777飛行機の1機(登録ナンバーN77014)の機体全面にマックスは絵を描いた。("Peter Max" special colours 1999年11月 - 2008年1月まで運航)ピーター・マックス フレッシュアイペディアより)

  • カレッジステーション (テキサス州)

    カレッジステーション (テキサス州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    テキサスA&M大学のキャンパスの南西に隣接する、同学所有のイースターウッド空港(IATA: CLL)は、カレッジステーションおよびブライアンの玄関口となる商業空港としての役割も果たしている。同空港にはアメリカン航空によるダラス・フォートワースへの便、およびユナイテッド航空(旧コンチネンタル航空)によるヒューストンへの便が就航しており、それぞれ1日4便ずつ発着する。カレッジステーション (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • ナンディ国際空港

    ナンディ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 : ホノルル、グアムナンディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッドクラブ

    ユナイテッドクラブから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    2010年のユナイテッド航空とコンチネンタル航空の合併に先立ち、ユナイテッド航空のラウンジは「レッドカーペットクラブ」、コンチネンタル航空のラウンジは「プレジデントクラブ」として知られていた。ユナイテッドクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ピードモント航空

    ピードモント航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    USエアとの合併と前後して退社した社員の中に、後にコンチネンタル航空の再建で広く名を知られるようになるゴードン・ベスーンとC.D.マクリーン、ジョージ・メイスンにジュン・ツルタ(鶴田国昭)がいた。ベスーンは1994年以降のコンチネンタル航空再建にあたって、ピードモント航空で運航・整備部門に携わっていたエキスパートとして、マクリーンを筆頭に3人をコンチネンタル航空に招いた。コンチネンタル航空の再生が報道された中で、1997年12月1日付「ビジネス・マンデー」誌は、ベスーンとその盟友CD・マクリーン、ジョージ・メイスンやツルタの4人に対して「Piedmond West」(ピードモントのマフィア)と呼んだ。ピードモント航空 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島航空基地

    硫黄島航空基地から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    2003年(平成15年)3月30日には、グアム発仙台行きのコンチネンタル航空931便(ボーイング737)が、エンジン片方停止により緊急着陸した。硫黄島航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • マイレージ・プラス

    マイレージ・プラスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    マイレージ・プラスとは、アメリカ合衆国の航空会社であるユナイテッド航空が提供するマイレージサービスである。2012年の旧コンチネンタル航空との合併により、同社が提供していた「ワンパス」に加盟していたコパ航空も本サービスに加盟している1。マイレージ・プラス フレッシュアイペディアより)

  • エリリア (オハイオ州)

    エリリア (オハイオ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    エリリアを含むクリーブランド都市圏の第1空港は、クリーブランドのダウンタウンの南西17km、エリリアのダウンタウンからは東へ約25kmに立地する、クリーブランド・ホプキンス国際空港(IATA: CLE)である。同空港は旧コンチネンタル航空のハブ空港であった空港で、同社を合併したユナイテッド航空をはじめ、デルタ・アメリカン両航空会社やサウスウエスト航空、ジェットブルー航空も就航しており、各社のハブ空港からの便を中心に全米から多数の直行便がある。エリリア (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示