136件中 61 - 70件表示
  • ラ・アウロラ国際空港

    ラ・アウロラ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空は週3便体制に増発した。ラ・アウロラ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • メリダ (ユカタン州)

    メリダ (ユカタン州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    IATA空港コードはMID。メキシコ国内・米国・キューバの便が充実しており、日本から最もロスの無いように訪問するには2006年11月18日から就航したアエロメヒコ航空のメキシコ直行便で成田→ティファナ→メキシコシティ→メリダが一番早いコンチネンタル航空で成田→ヒューストン→メリダも比較的ロスが少なく到着できる。メリダ (ユカタン州) フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド (オハイオ州)

    クリーブランド (オハイオ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    クリーブランドの玄関口となる空港はダウンタウンの南西14km、クリーブランド市域の南西端に位置するクリーブランド・ホプキンス国際空港(IATA: CLE)である。同空港はコンチネンタル航空のハブ空港である。同空港はI-71とI-480の2本の州間高速道路が交わるジャンクションの南西角に位置する。1925年開港の同空港は全米で最も早くに開港した市営空港のひとつである。1930年代には滑走路に誘導灯が設置され、管制塔が建てられた。いずれも全米の空港で初であった。1968年にはクリーブランド地下鉄が延伸され、同空港に乗り入れたことにより、全米で初めて空港と市街地とが地下鉄で結ばれた空港となった。クリーブランド (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • UFJカード

    UFJカードから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ワンパスUFJカード (コンチネンタル航空UFJカード フレッシュアイペディアより)

  • ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故

    ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    この墜落した機体は、マクドネル・ダグラスMD-82型(1986年製造) である。これは以前コンチネンタル航空が所有していた。ウエスト・カリビアン航空は2005年1月10日にこの航空機の引き渡しを受けた。ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウェイン空港

    ジョン・ウェイン空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 (ヒューストン/インターコンチネンタル、ニューアーク、ホノルル(季節便)、カフルイ(季節便))ジョン・ウェイン空港 フレッシュアイペディアより)

  • スクラントン (ペンシルベニア州)

    スクラントン (ペンシルベニア州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    スクラントンを含むワイオミング・バレーの玄関口となる空港は、ダウンタウンから南西へ約11km、スクラントンとウィルクスバリのほぼ中間に位置するウィルクスバリ・スクラントン国際空港(IATA: AVP)である。この空港にはデルタ航空(デトロイト)、ユナイテッド航空(シカゴ・オヘア)、コンチネンタル航空(ニューアーク)、およびUSエアウェイズ(シャーロット、フィラデルフィア)の便が就航している。スクラントン (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ウィルクスバリ (ペンシルベニア州)

    ウィルクスバリ (ペンシルベニア州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ウィルクスバリを含むワイオミング・バレーの玄関口となる空港は、ダウンタウンから北東へ約17km、ウィルクスバリとスクラントンのほぼ中間に位置するウィルクスバリ・スクラントン国際空港(IATA: AVP)である。この空港にはデルタ航空(デトロイト)、ユナイテッド航空(シカゴ・オヘア)、コンチネンタル航空(ニューアーク)、およびUSエアウェイズ(シャーロット、フィラデルフィア)の便が就航している。市の北約5km、サスケハナ川対岸のフォーティーフォートに位置するウィルクスバリ・ワイオミングバレー空港は、規模が小さく、ゼネラル・アビエーションと呼ばれる、自家用機やチャーター機の発着が主となっている空港である。ウィルクスバリ (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • カレッジステーション (テキサス州)

    カレッジステーション (テキサス州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    テキサスA&M大学のキャンパスの南西に隣接する、同学所有のイースターウッド空港(IATA: CLL)は、カレッジステーションおよびブライアンの玄関口となる商業空港としての役割も果たしている。同空港にはアメリカン航空によるダラス・フォートワースへの便、およびユナイテッド航空(旧コンチネンタル航空)によるヒューストンへの便が就航しており、それぞれ1日4便ずつ発着する。カレッジステーション (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • エリー (ペンシルベニア州)

    エリー (ペンシルベニア州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    エリー国際空港(IATA: ERI; IACO: KERI)は、エリー市の南西5マイル (8 km)にあり、民間航空機、チャーター便および定期便が利用している。航空会社はデルタ航空、コンチネンタル航空、USエアウェイズおよびノースウエスト航空である。トム・リッジ・フィールドは、州の交通局によって1番目、連邦政府の交通局によって全米で3番目に成長速度の速い空港と認識されている。エリー (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

136件中 61 - 70件表示