136件中 71 - 80件表示
  • イーストン (ペンシルベニア州)

    イーストン (ペンシルベニア州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    イーストンに最も近い商業空港は、市の中心部から西へ約21kmに立地するリーハイ・バレー国際空港である。この空港にはデルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空、およびUSエアウェイズがそれぞれハブ空港からの便を発着させているほか、エア・カナダによるトロントからの便も就航している。また、コンチネンタル航空は地元バス会社トランス・ブリッジ・ラインズと提携し、同社のハブ空港であるニューアーク・リバティー国際空港とリーハイ・バレー国際空港とを結ぶバスの便を運行している。イーストン (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • セスナ 150

    セスナ 150から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1971年8月4日 - ロサンゼルス国際空港に着陸しようとしたコンチネンタル航空の ボーイング707-324Cが セスナ 150Jと衝突、セスナの乗員2名は負傷したがボーイング707は着陸できた。セスナ 150 フレッシュアイペディアより)

  • スタンフォード (コネチカット州)

    スタンフォード (コネチカット州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    スタンフォードは玄関口となる空港を有さないが、ニューヨークの3空港を利用することができる。3空港のうち、国際線はジョン・F・ケネディ国際空港とニューアーク国際空港に発着する。前者はニューヨーク・クイーンズ区に位置する全米有数の大空港で、米系のみならず欧州系・アジア系を含む航空主要各社の路線が数多く発着する。一方、後者はニュージャージー州に位置するためスタンフォードからの距離は遠いが、アムトラック1本でアクセスが可能である。同空港をハブ空港にしているコンチネンタル航空はアムトラックとのコードシェアで、スタンフォードのアムトラック駅にZTFというコードを割り当てている。このほか、国内線はニューヨークのマンハッタン島とスタンフォードの両方に最も近いラガーディア空港からも利用することができる。スタンフォード (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • ベスレヘム (ペンシルベニア州)

    ベスレヘム (ペンシルベニア州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ベスレヘムに最も近い商業空港は市の中心部から北西へ約6kmに立地するリーハイ・バレー国際空港(IATA: ABE)である。この空港にはデルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空、およびUSエアウェイズがそれぞれハブ空港からの便を発着させているほか、エア・カナダによるトロントからの便も就航している。また、コンチネンタル航空は地元バス会社トランス・ブリッジ・ラインズと提携し、同社のハブ空港であるニューアーク・リバティー国際空港とリーハイ・バレー国際空港とを結ぶバスの便を運行している。ベスレヘム (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ヤングスタウン (オハイオ州)

    ヤングスタウン (オハイオ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ヤングスタウン都市圏の空の玄関口となる空港は市の北約19km、トランブル郡に立地するヤングスタウン・ウォーレン地域空港(IATA: YNG)である。しかし、この空港にはアレジャイアント航空しか就航しておらず、就航路線もオーランド・サンフォード国際空港への1路線のみである。より規模の大きく、就航路線数・便数の多い空港としては、西北西へ約120km(車で約1時間20分)に立地し、コンチネンタル航空のハブ空港であるクリーブランド・ホプキンス国際空港や、南南東へ約90km(車で約1時間)に立地するピッツバーグ国際空港が挙げられ、いずれも利用可能な距離である。ヤングスタウン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • スカイチーム

    スカイチームから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    2004年9月13日 : KLMオランダ航空、コンチネンタル航空、ノースウエスト航空が加盟。スカイチーム フレッシュアイペディアより)

  • 全日空機高知空港胴体着陸事故

    全日空機高知空港胴体着陸事故から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    なお、この様な報道傾向が影響してか、ボンバルディア機の事故の際には運航会社ではなく製造会社「ボンバルディア」が記事タイトルにされるようになり、同年8月に日本エアコミューターのDHC-8-Q400がプロペラの回転異常を示す計器表示を受けて緊急着陸した事故においても、運航会社ではなく製造会社「ボンバルディア」が記事タイトルにされた。また同年9月にはスカンジナビア航空の同型機が、デンマークとリトアニアで着陸時にボルト脱落のために左主脚が分断して胴体着陸する連続事故が発生したが、これも製造会社名を報道する一方航空会社名を報道しなかったところもあった。さらに2009年2月12日にアメリカ合衆国で発生した同型機によるコンチネンタル航空3407便墜落事故の報道では、事故原因がはっきりしないにもかかわらず、新聞社の表題は便名を使用していた「コンチネンタル航空」でも運行航空会社の「コルガン・エア」でもなく、「ボンバル機墜落」と機種名を全面に出した上に「高知空港の事故と同型機」と関連があるかのように報道しており、当該機種は航空機事故の代名詞であるかのような扱いであるともいえる。全日空機高知空港胴体着陸事故 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空

    イースタン航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    このため、1986年2月にイースタン航空の経営陣は同社をテキサス・インターナショナルに売却することを決定した。テキサス・インターナショナルを率いるフランク・ロレンツォは経営危機に陥っていたコンチネンタル航空を連邦倒産法第11章適用という荒療治で再生した実績を持っており、経営陣はイースタン航空をコンチネンタル航空のように再生してくれることを期待したのである。イースタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンコルド墜落事故

    コンコルド墜落事故から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    また同報告書ではタイヤ破裂の原因として、タイヤ破片に残った金属片が食い込んだ跡に注目した。その痕跡に一致するチタン製金属部品(長さ43cm 幅2.5cm)も程なく滑走路脇から回収された。これにより離陸滑走中に金属片を踏んだことでタイヤが破裂したと結論付けた。タイヤ破裂の原因とみられる金属部品について、5週間かけて検索をしたところDC-10のエンジン部品の一つ(スラストリバースの構成部品)と判明した。事故機が離陸する5分前に同じ滑走路を離陸したアメリカのコンチネンタル航空のDC-10のエンジン部分を確認したところ、第2エンジンの該当部品が脱落して無くなっていることが確認された。コンコルド墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • イーストラザフォード

    イーストラザフォードから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    ニューヨーク都市圏は3つの規模の大きい空港を持っているが、このうちイーストラザフォードから最も便利に利用できるのはニューアーク国際空港である。同空港はコンチネンタル航空のハブ空港であり、全米、ヨーロッパ各国、さらには日本の成田国際空港からも直行便がある。また、前述ニュージャージー・トランジットの近郊電車も同空港に駅を有しており、イーストラザフォードやニューヨークへのアクセスも便利である。イーストラザフォード フレッシュアイペディアより)

136件中 71 - 80件表示