136件中 81 - 90件表示
  • ナンディ国際空港

    ナンディ国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 : ホノルル、グアムナンディ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • DC-8

    DC-8から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    なお、日本航空がオーダーする直前にユナイテッド航空やデルタ航空が大量発注したことや、初の本格的な国際線用機材であったこともあり、引き渡しが競合他社に比べ大幅に遅れることがわかったため、日本航空の技術駐在員がダグラス社との間で引き渡し順を繰り上げるよう交渉を行い、1960年7月には引き渡しを受けられるようになった。さらに1959年9月に予定されていたパンアメリカン航空のボーイング707の太平洋横断路線導入とのギャップを埋めるべく、ボーイングとコンチネンタル航空に対して、早期に引き渡される予定の2機のボーイング707をリースできるよう両社と交渉を行ったが、この交渉は不調に終わった。DC-8 フレッシュアイペディアより)

  • ノースチャールストン (サウスカロライナ州)

    ノースチャールストン (サウスカロライナ州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    チャールストン郡のチャールストン国際空港とチャールストン空軍基地は地域の商業便と軍事利用に供している。毎年の乗客数110万人、取り扱い貨物量1,490万ポンド (6,700 トン)、発着便数108,438便となっている。民間の航空会社としてはアメリカン航空、コンチネンタル航空、デルタ航空、ノースウェスト航空、ユナイテッド・エキスプレス、およびUSエアウェイズが利用している。エアトラン航空が国際空港を利用していたが、そのルートが「経済的に割に合わない」として2009年12月3日に撤退した。サウスウエスト航空が2010年後半か2011年初期に就航する予定である 。ノースチャールストン (サウスカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • グアム国際空港

    グアム国際空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1964年より民間供用が開始され、パンアメリカン航空やコンチネンタル航空、ノースウェスト航空が就航を開始し、1970年には初の外国航空会社として日本航空が就航を開始した。最初の旅客ターミナルは1982年に建てられた。現在のターミナルは1998年に新設されたものである。グアム国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・マックス

    ピーター・マックスから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空ボーイング777飛行機の1機(登録ナンバーN77014)の機体全面にマックスは絵を描いた。ピーター・マックス フレッシュアイペディアより)

  • 羽田空港発着枠

    羽田空港発着枠から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    長距離国際線については、2010年2月16日、デルタ航空はアメリカ合衆国運輸省に羽田空港とシアトル、デトロイト、ロサンゼルスおよびホノルルの間の無着陸航路の申請を提出した。また同日に、アメリカン航空は合衆国運輸省に羽田空港とニューヨーク/ジョン・F・ケネディ空港およびロサンゼルスの間の同年10月1日よりの通年航路の申請、ユナイテッド航空も合衆国運輸省に羽田空港とサンフランシスコの間の無着陸航路の申請、コンチネンタル航空も合衆国運輸省に羽田空港とニューヨーク/ニューアーク空港およびグアムの間の無着陸航路の申請、ハワイアン航空も合衆国運輸省に羽田空港とホノルルの間の同年10月末よりの毎日2便の無着陸航路の申請を提出している。羽田空港発着枠 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン航空191便墜落事故

    アメリカン航空191便墜落事故から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    この損傷のために、飛行中に、左翼の第1エンジンがパイロンもろとも脱落していた。このような亀裂は、同様の整備方法を採っていたアメリカン航空と他の航空会社1社の複数のDC-10にもあったことが判明した。また、同じ方法で整備を行っていた別の航空会社(コンチネンタル航空)でも同様の事象が見られ、事故前にマニュアルに則った方法で修理がなされていた。なお、この整備方法を考案したオヘア空港の整備担当主任は事故調査委員会での証言直前に自宅で自殺している (アメリカ人の引責自殺は極めて稀)。アメリカン航空191便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ピードモント航空

    ピードモント航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    USエアとの合併と前後して退社した社員の中に、後にコンチネンタル航空の再建で広く名を知られるようになるゴードン・ベスーンとC.D.マクリーン、ジョージ・メイスンにジュン・ツルタ(鶴田国昭)がいた。ベスーンは1994年以降のコンチネンタル航空再建にあたって、ピードモント航空で運航・整備部門に携わっていたエキスパートとして、マクリーンを筆頭に3人をコンチネンタル航空に招いた。コンチネンタル航空の再生が報道された中で、1997年12月1日付「ビジネス・マンデー」誌は、ベスーンとその盟友CD・マクリーン、ジョージ・メイスンやツルタの4人に対して「Piedmond West」(ピードモントのマフィア)と呼んだ。ピードモント航空 フレッシュアイペディアより)

  • アイゾッド・センター

    アイゾッド・センターから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1981年7月2日にこけら落とし。当時のニュージャージー州知事であったブレンダン・バーンにちなんでブレンダン・バーン・アリーナとして完成した。1982年1月にはNBAオールスターゲームが行なわれていた。1996年にはコンチネンタル航空が12年契約の命名権を取得しコンチネンタル・エアラインズ・アリーナとなった。命名権消滅後、カジュアルブランドのアイゾッド(Izod)が命名権を取得し2007年10月31日から現在の名称になった。アイゾッド・センター フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル空港

    ブリュッセル空港から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空 (Continental Airlines)ブリュッセル空港 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示