137件中 81 - 90件表示
  • スタンフォード (コネチカット州)

    スタンフォード (コネチカット州)から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    スタンフォードは玄関口となる空港を有さないが、ニューヨークの3空港を利用することができる。3空港のうち、国際線はジョン・F・ケネディ国際空港とニューアーク国際空港に発着する。前者はニューヨーク・クイーンズ区に位置する全米有数の大空港で、米系のみならず欧州系・アジア系を含む航空主要各社の路線が数多く発着する。一方、後者はニュージャージー州に位置するためスタンフォードからの距離は遠いが、アムトラック1本でアクセスが可能である。同空港をハブ空港にしているコンチネンタル航空はアムトラックとのコードシェアで、スタンフォードのアムトラック駅にZTFというコードを割り当てている。このほか、国内線はニューヨークのマンハッタン島とスタンフォードの両方に最も近いラガーディア空港からも利用することができる。スタンフォード (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • セスナ 150

    セスナ 150から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1971年8月4日 - ロサンゼルス国際空港に着陸しようとしたコンチネンタル航空の ボーイング707-324Cが セスナ 150Jと衝突、セスナの乗員2名は負傷したがボーイング707は着陸できた。セスナ 150 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空

    イースタン航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    このため、1986年2月にイースタン航空の経営陣は同社をテキサス・インターナショナルに売却することを決定した。テキサス・インターナショナルを率いるフランク・ロレンツォは、経営危機に陥っていたコンチネンタル航空を連邦倒産法第11章適用という荒療治で再生した実績を持っており、経営陣はイースタン航空をコンチネンタル航空のように再生してくれることを期待したのである。イースタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • フロンティア航空

    フロンティア航空から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    フロンティア航空の歴史は1941年の11月27日に遡る。コロラド州デンバーのステープルトン国際空港を本拠地としてニューメキシコ州、ユタ州、アリゾナ州などにDC-3を運行して始まった。以後成長を続け、1980年代までにDC-3、Convair 340/440、B727、B737、MD-80など多機種での運用を行った。当時は米国エアライン乱戦期であり、コンチネンタル航空やユナイテッド航空と競合していたため、価格競争、空港ゲート数、政治的要因などの結果、1985年にピープルエキスプレスに買収されて第一期の幕を閉じた。サムネイル|Frontier's New A321フロンティア航空 フレッシュアイペディアより)

  • オハイオ州

    オハイオ州から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    クリーブランド・ホプキンス国際空港 (CLE)、コンチネンタル航空のハブ空港オハイオ州 フレッシュアイペディアより)

  • アイダホ州

    アイダホ州から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    アイダホ州内で操業したかあるいはその根源がある会社でフォーチュン500に入っているものとしては、ツインフォールズのJ.C.ペニー(ゴールデンルールとして)、アメリカンフォールズのセイフウェイ、ボイシのアルバートソンズ、州南部のJRシンプロット、ルイストンのポトラッチ、およびルイストン・クラークストンのジマリー・エアー・トランスポートがある。ジマリー・エアー・トランスポートはワシントン州パスコのバーニー・フライング・サービスを中心に合併した5社の1つであり、その後ユナイテッド航空に、さらにその後コンチネンタル航空になったバーニー・エアー・グループになった。アイダホ州 フレッシュアイペディアより)

  • ボンバルディア機の航空事故とインシデント

    ボンバルディア機の航空事故とインシデントから見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    最も過去の事故は、1990年11月にタイのバンコク・エアウェイズが起こした事故で38名の死傷者を出したが、この事故原因はパイロットの連続ミスである。多数の死傷者を出した事故として、1995年にアンセット・オーストラリア航空の子会社が起こした703便墜落事故と2009年2月にコンチネンタル航空と委託契約を結んだコルガン・エアのコンチネンタル航空3407便墜落事故が挙げられるが、双方とも原因はCFITによるものである。ボンバルディア機の航空事故とインシデント フレッシュアイペディアより)

  • コンコルド墜落事故

    コンコルド墜落事故から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    また同報告書ではタイヤが破裂した原因として、タイヤの破片に残った金属片が食い込んだ跡に注目した。その痕跡に一致するチタン製金属部品(長さ43cm、幅2.5cm)も程なく滑走路脇から回収された。これにより離陸滑走中に金属片を踏んだことがタイヤの破裂を引き起こしたと結論付けた。タイヤの破裂を引き起こしたとみられる金属部品について、5週間かけて捜索をしたところDC-10のエンジン部品の一つ(スラストリバースの構成部品)と判明した。4590便が離陸する5分前に同じ滑走路を離陸したアメリカのコンチネンタル航空55便(DC-10)のエンジン部分を確認したところ、第2エンジンの該当部品が脱落して無くなっていることが確認された。コンコルド墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ジョンストン島

    ジョンストン島から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    1930年代以降はアメリカ軍の貯蔵庫や空港、港湾施設が置かれ、軍人や軍属を中心に数百から1,000人程度の居住者がおり、ホノルルなどからのコンチネンタル航空の定期便も就航していた。ジョンストン島 フレッシュアイペディアより)

  • ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故

    ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故から見たコンチネンタル航空コンチネンタル航空

    この事故で墜落した機体は、マクドネル・ダグラスMD-82型(1986年製造) である。同機は、以前コンチネンタル航空が所有していた(当時の機体記号はN72824)が、ウエスト・カリビアン航空は2005年1月10日にこの航空機の引き渡しを受けた。ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示