92件中 21 - 30件表示
  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たピープル・エキスプレス

    本社・ハブ空港はヒューストンだが、ニューアーク国際空港もそれに次ぐ規模を持つ大型ハブ空港であった。これは、1987年にニューアークをハブとして東海岸路線に就航していたピープル・エキスプレスを買収した際に得た権利がそのまま引き継がれているものであった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たフランク・ロレンツォ

    1981年には単年度で1億ドルもの赤字を計上するなど、業績の悪化していたコンチネンタル航空は、フランク・ロレンツォに買収されることになった。当初、コンチネンタル航空側は買収を警戒しており、労働組合は従業員持ち株制度(ESOP)の制定を会社側に要求していた。また、社長のアルビン・フェルドマンは、アメリカ民間航空局に対してロレンツォの買収差し止めを訴えていた。しかし、労働組合からのESOPを承認した翌日の1981年8月9日に、フェルドマンはロサンゼルス国際空港のコンチネンタル航空事務所で自殺をしてしまった。さらに追い討ちをかけるように、同年10月13日には、ロナルド・レーガン大統領が「今後アメリカ民間航空局は、航空会社の事業には一切口出しをしない」と表明した。これにより、コンチネンタル航空の抵抗は内外から崩れ、同年11月にロレンツォに買収された。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たロナルド・レーガン

    1981年には単年度で1億ドルもの赤字を計上するなど、業績の悪化していたコンチネンタル航空は、フランク・ロレンツォに買収されることになった。当初、コンチネンタル航空側は買収を警戒しており、労働組合は従業員持ち株制度(ESOP)の制定を会社側に要求していた。また、社長のアルビン・フェルドマンは、アメリカ民間航空局に対してロレンツォの買収差し止めを訴えていた。しかし、労働組合からのESOPを承認した翌日の1981年8月9日に、フェルドマンはロサンゼルス国際空港のコンチネンタル航空事務所で自殺をしてしまった。さらに追い討ちをかけるように、同年10月13日には、ロナルド・レーガン大統領が「今後アメリカ民間航空局は、航空会社の事業には一切口出しをしない」と表明した。これにより、コンチネンタル航空の抵抗は内外から崩れ、同年11月にロレンツォに買収された。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た仙台空港

    仙台 - グアム(週4便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た中部国際空港

    名古屋/中部 - グアム(週14便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た関西国際空港

    大阪/関西 - グアム(週14便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た労働組合

    1981年には単年度で1億ドルもの赤字を計上するなど、業績の悪化していたコンチネンタル航空は、フランク・ロレンツォに買収されることになった。当初、コンチネンタル航空側は買収を警戒しており、労働組合は従業員持ち株制度(ESOP)の制定を会社側に要求していた。また、社長のアルビン・フェルドマンは、アメリカ民間航空局に対してロレンツォの買収差し止めを訴えていた。しかし、労働組合からのESOPを承認した翌日の1981年8月9日に、フェルドマンはロサンゼルス国際空港のコンチネンタル航空事務所で自殺をしてしまった。さらに追い討ちをかけるように、同年10月13日には、ロナルド・レーガン大統領が「今後アメリカ民間航空局は、航空会社の事業には一切口出しをしない」と表明した。これにより、コンチネンタル航空の抵抗は内外から崩れ、同年11月にロレンツォに買収された。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た成田国際空港

    2009年11月1日に成田国際空港のターミナルもスカイチーム加盟航空会社が集結する第1ターミナル北ウィングからスターアライアンス加盟航空会社が集結する第1ターミナル南ウィングに移転。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た新千歳空港

    札幌/新千歳 - グアム(週2便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たビジネスクラス

    コンチネンタル航空の座席は、国内線、国際線とも2クラス制である。国際線のボーイング777、767型機のビジネスクラスは、「ビジネスクラスの料金でファーストクラス並みのサービスを」という趣旨で、「ビジネスファースト」と呼ばれている。ボーイング777型機では2-2-2配列、ボーイング767型機では2-1-2配列であり、他社の平均的な配列よりも横1席少なく、座席幅に余裕を持たせている。特にボーイング777型機では他社に先駆けて、ライフラット形のシートを取り入れた。2009年秋から、フルフラットになる新シートを導入予定。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示