90件中 31 - 40件表示
  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た成田国際空港

    2009年11月1日に成田国際空港のターミナルもスカイチーム加盟航空会社が集結する第1ターミナル北ウィングからスターアライアンス加盟航空会社が集結する第1ターミナル南ウィングに移転。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たマイレージサービス

    コンチネンタル航空のマイレージサービスであった。加算マイルの有効期限はない。かつては米系航空会社で唯一、加算マイルの有効期限が無いプログラムであった。規約上、「18ヶ月間内に一度もマイレージの加算がない口座に関してはキャンセル(会員資格剥奪)、またマイレージ残高が無効とさせることがある」と明記されているが、実際にキャンセル、マイレージ残高が無効化されたことはない。初回搭乗ボーナスとして5,000マイルが加算されている。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たピードモント航空

    このような状況の中、コンチネンタル航空の再建のために招聘されたのが、かつてピードモント航空にいたゴードン・ベスーンである。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たコーポレートアイデンティティ

    1963年7月、本社をロサンゼルスに移転した。この時期、ベトナム戦争に赴く米軍の輸送にも関わっている。この時の太平洋の輸送経験を基にして、1968年にはミクロネシア航空としてミクロネシアの輸送に進出することになった。サイパンからホノルルまで、7つの島を経由しながら4000マイル以上の距離を結ぶ路線は、「Ju Ju」という愛称が付与されたボーイング727-100により運航された。同年には、金・赤・オレンジ色の3色となった新しいコーポレートアイデンティティを導入した。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たイカロス出版

    月刊エアライン2005年4月号「信頼の翼コンチネンタルのサクセス秘話」(イカロス出版コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たニューヨーク・エア

    1986年にはチャプター11の手続きを終了、1987年2月1日にはピープル・エキスプレス、フロンティア航空、ニューヨーク・エアを合併し、アメリカで3番目に大きい規模の航空会社となったが、経営状態はなかなか好転しなかった。1990年にロレンツォはコンチネンタル航空の運営から手を引いたものの、同年12月に発生した湾岸戦争による燃料費の高騰はコンチネンタル航空の財政事情を直撃し、2度目のチャプター11適用申請となった。1991年2月12日には紺青色とグレーの新しいアイデンティティを制定、1992年10月には上級クラス「ビジネスファースト」の運用を開始するなど、再建への模索が続いたが、1994年までに経営陣が8回も交代したにもかかわらず経営状態は改善せず、1992年11月にはエア・カナダから4億5000万ドルの出資を受けることになった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たフロンティア航空

    1986年にはチャプター11の手続きを終了、1987年2月1日にはピープル・エキスプレス、フロンティア航空、ニューヨーク・エアを合併し、アメリカで3番目に大きい規模の航空会社となったが、経営状態はなかなか好転しなかった。1990年にロレンツォはコンチネンタル航空の運営から手を引いたものの、同年12月に発生した湾岸戦争による燃料費の高騰はコンチネンタル航空の財政事情を直撃し、2度目のチャプター11適用申請となった。1991年2月12日には紺青色とグレーの新しいアイデンティティを制定、1992年10月には上級クラス「ビジネスファースト」の運用を開始するなど、再建への模索が続いたが、1994年までに経営陣が8回も交代したにもかかわらず経営状態は改善せず、1992年11月にはエア・カナダから4億5000万ドルの出資を受けることになった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たコードシェア

    なお、ノースウエスト航空が出資していた関係もあり、スカイチームの前身のひとつであるKLM-ノースウエスト連合に参加していたことや、コードシェア便を運航するなど、同社との関係は特に深かった(ノースウエスト航空はコンチネンタル航空の議決権を左右する株式、通称・ゴールデンシェアを保有していたが2008年4月に同社はデルタ航空との合弁を発表し100ドルでその権利をコンチネンタル航空に売却した)。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たテキサス州

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たヒューストン

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

90件中 31 - 40件表示