92件中 61 - 70件表示
  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た中華人民共和国

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たサンタフェ (ニューメキシコ州)

    ウォルター・T・ヴァーニーとルイス・ミューラーによって、「Varney Speed Lines」として1934年に設立されたのが始まりである。1934年7月15日運航開始された時点では、テキサス州エルパソとコロラド州プエブロ、ニューメキシコ州アルバカーキ、サンタフェ、およびラスベガスを結ぶ路線であった。1937年7月1日に社名を「コンチネンタル航空」に変更し、同年10月には本社をエルパソからデンバーに移転した。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た湾岸戦争

    1986年にはチャプター11の手続きを終了、1987年2月1日にはピープル・エキスプレス、フロンティア航空、ニューヨーク・エアを合併し、アメリカで3番目に大きい規模の航空会社となったが、経営状態はなかなか好転しなかった。1990年にロレンツォはコンチネンタル航空の運営から手を引いたものの、同年12月に発生した湾岸戦争による燃料費の高騰はコンチネンタル航空の財政事情を直撃し、2度目のチャプター11適用申請となった。1991年2月12日には紺青色とグレーの新しいアイデンティティを制定、1992年10月には上級クラス「ビジネスファースト」の運用を開始するなど、再建への模索が続いたが、1994年までに経営陣が8回も交代したにもかかわらず経営状態は改善せず、1992年11月にはエア・カナダから4億5000万ドルの出資を受けることになった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たファーストクラス

    コンチネンタル航空の座席は、国内線、国際線とも2クラス制である。国際線のボーイング777、767型機のビジネスクラスは、「ビジネスクラスの料金でファーストクラス並みのサービスを」という趣旨で、「ビジネスファースト」と呼ばれている。ボーイング777型機では2-2-2配列、ボーイング767型機では2-1-2配列であり、他社の平均的な配列よりも横1席少なく、座席幅に余裕を持たせている。特にボーイング777型機では他社に先駆けて、ライフラット形のシートを取り入れた。2009年秋から、フルフラットになる新シートを導入予定。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た日本

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たインド

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たポリネシア

    グアムをベースにハワイ、ポリネシア、ミクロネシア、オーストラリア、東南アジアを結んでいたミクロネシア航空と統合した、コンチネンタル・ミクロネシアが運航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たシカゴ

    1953年12月10日にはパイオニア航空と合併、テキサス州とニューメキシコ州の16都市に新たに乗り入れた。1957年にはシカゴとロサンゼルスを結ぶ路線で「Gold Carpet Service」を開始した。1959年6月8日には、コンチネンタル航空初のジェット旅客機としてボーイング707-120の運航を開始。ボーイング707を週7日、1日16時間運航に充当するべく、当時としては革新的かつ進歩的なメンテナンスプログラムを導入している。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た航空会社

    コンチネンタル航空(コンチネンタルこうくう、Continental Airlines)は、かつて存在したアメリカの航空会社。2010年10月、ユナイテッド航空と持株会社方式で経営統合し、2012年3月にユナイテッド航空と完全統合されて消滅した。合併時には米国第4位の規模の航空会社であった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たレイオフ

    同社の特徴として、社内情報の徹底的な公開を行なっているという点が挙げられた。本社・支社および空港の同社事務所には、アメリカ国外も含めた全ての部署に「Go Forward Plan Board」と称される掲示板が設置されており、前日の定時到着率、搭乗率、手荷物の紛失件数、さらには社内の大きな出来事などが掲示されている。またエレベーターホールなどのように、待ち時間が生じるような箇所では、電光掲示板や液晶ディスプレイなどが設置されており、定時到着率・搭乗率・株価情報などが流されており、1分程度で同様の情報が得られるようになっている。これらの情報公開により、どの社員でも会社が現在どのような状況になっているかが分かるようになっている。また、社内伝達事項は毎日メールで送信されるほか、毎週金曜日には各社員の電話に会社についての情報をCEO自らメッセージを録音する「ボイスメール」というシステムも採用されている。これらのことから、アメリカ同時多発テロ事件後のレイオフ(一時帰休)や賃金一部カットの際には、経営陣が考えていたよりも労働組合との交渉は順調だったという。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示