90件中 71 - 80件表示
  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た香港

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たラスベガス

    ウォルター・T・ヴァーニーとルイス・ミューラーによって、「Varney Speed Lines」として1934年に設立されたのが始まりである。1934年7月15日運航開始された時点では、コロラド州プエブロとエルパソ、テキサス州サンタフェ、ニューメキシコ州アルバカーキとラスベガスを結ぶ路線であった。1937年7月1日に社名を「コンチネンタル航空」に変更し、同年10月には本社をエルパソからデンバーに移転した。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た連邦倒産法第11章

    1982年10月31日にはロレンツォの保有していた航空会社であるテキサス・インターナショナル航空と合併し、本社もヒューストンに移転した。この後にロレンツォは強引な手法を採った。1983年9月23日に連邦倒産法第11章(チャプター11)の適用を申請、コンチネンタル航空を破産させてしまったのである。全ての便の運航は停止され、12000人の従業員は全員解雇された。そして、ロレンツォは新たに4200人の再雇用を提案したが、給与水準は破産前の半分以下となり、これを了承した従業員だけを再雇用した。運航規模も76都市から25都市に削減された新生コンチネンタル航空が運航を再開したのは、破産からわずか3日後の9月27日からであった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た最高執行責任者

    1994年2月にベスーンが社長兼COO(最高執行責任者)に着任してから数ヶ月は、それまでの経営陣の支援を得られず、なかなか改革は進まなかったというが、同年12月に社長兼CEO(最高経営責任者)に着任すると、次々と改革を断行していった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た新千歳空港

    札幌/新千歳 - グアム(週2便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た大統領

    1981年には単年度で1億ドルもの赤字を計上するなど、業績の悪化していたコンチネンタル航空は、フランク・ロレンツォに買収されることになった。当初、コンチネンタル航空側は買収を警戒しており、労働組合は従業員持ち株制度(ESOP)の制定を会社側に要求していた。また、社長のアルビン・フェルドマンは、アメリカ民間航空局に対してロレンツォの買収差し止めを訴えていた。しかし、労働組合からのESOPを承認した翌日の1981年8月9日に、フェルドマンはロサンゼルス国際空港のコンチネンタル航空事務所で自殺をしてしまった。さらに追い討ちをかけるように、同年10月13日には、ロナルド・レーガン大統領が「今後アメリカ民間航空局は、航空会社の事業には一切口出しをしない」と表明した。これにより、コンチネンタル航空の抵抗は内外から崩れ、同年11月にロレンツォに買収された。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たカナダ

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た新潟空港

    新潟 - グアム(週2便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たハワイ

    グアムをベースにハワイ、ポリネシア、ミクロネシア、オーストラリア、東南アジアを結んでいたミクロネシア航空と統合した、コンチネンタル・ミクロネシアが運航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た広島空港

    広島 - グアム(週2便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

90件中 71 - 80件表示