1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示
  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たグアム国際空港

    東京/成田 - グアム(週21便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た最高経営責任者

    1994年2月にベスーンが社長兼COO(最高執行責任者)に着任してから数ヶ月は、それまでの経営陣の支援を得られず、なかなか改革は進まなかったというが、同年12月に社長兼CEO(最高経営責任者)に着任すると、次々と改革を断行していった。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たロサンゼルス

    1953年12月10日にはパイオニア航空と合併、テキサス州とニューメキシコ州の16都市に新たに乗り入れた。1957年にはシカゴとロサンゼルスを結ぶ路線で「Gold Carpet Service」を開始した。1959年6月8日には、コンチネンタル航空初のジェット旅客機としてボーイング707-120の運航を開始。ボーイング707を週7日、1日16時間運航に充当するべく、当時としては革新的かつ進歩的なメンテナンスプログラムを導入している。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たニューヨーク

    ヒューストン・ニューアーク(ニューヨーク)を拠点とした中米・カリブ海方面の路線に非常に強く、全米でも最大級の本数を運航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た岡山空港

    岡山 - グアム(週2便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たニュージーランド

    1969年9月9日からは、アメリカ本土とホノルルを結ぶ路線の運航を開始した。大型機材の導入も進められ、1970年6月26日にはボーイング747、1972年6月1日からはダグラスDC-10の運航を開始している。1976年8月には、ミクロネシア航空が日本とサイパンを結ぶ路線の運航を開始。翌年にはニュージーランドとオーストラリアへの路線を開設している。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た福岡空港

    福岡 - グアム(週7便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たグアム

    グアムをベースにハワイ、ポリネシア、ミクロネシア、オーストラリア、東南アジアを結んでいたミクロネシア航空と統合した、コンチネンタル・ミクロネシアが運航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見た香港国際空港

    東京/成田 - 香港(週14便)コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンチネンタル航空

    コンチネンタル航空から見たヨーロッパ

    本部はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市。国際線は、カナダ、中南米、欧州、日本、中華人民共和国、香港、インドへ就航していた。コンチネンタル航空 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示