コンピューター言語 ニュース&Wiki etc.

コンピュータ言語(コンピュータげんご)とは、コンピュータにおいて用いられる言語の総称である。一般に人工言語で、もっぱら形式言語である(親しみやすさなどの目的で、自然言語風にデザインされることもある)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「コンピュータ言語」のつながり調べ

  • Extensible Markup Language

    Extensible Markup Languageから見たコンピュータ言語

    XMLは、個別の目的に応じたマークアップ言語群を創るために汎用的に使える。マークアップ言語とは、コンピュータ言語の一種で(広義の「コンピュータ言語」であり、プログラミング言語ではないデータ記述言語などを含む意味)あるが、詳細は「マークアップ言語」の記事を参照のこと。XMLは、その「入子状にタグで囲まれたもの」という構文を共通としたことで、拡張が容易であるとして「extensible」と主張している。(Extensible Markup Language フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・タイター

    ジョン・タイターから見たコンピュータ言語

    ジョン・タイターは、IBM 5100の入手が、過去へ来た目的であると語っている。タイターがこの任務を任された理由については、彼自身が「祖父がIBM 5100の開発に携わっていたため」と書きこんでいる。IBM 5100には、マニュアルにはないコンピュータ言語の翻訳機能があることが2036年にわかったという。彼の使命は、2年後に迫っている2038年問題に対応するためのものであり、過去から受け継いだコンピュータプログラムをデバッグするためにIBM5100が必要なのだという。実際のところ、IBM 5100は、内部でSystem/370のエミュレーションをおこなっており、メインフレーム上のプログラムのデバッグに使用できる機能がある。このことは、著「」 にある。(ジョン・タイター フレッシュアイペディアより)

「コンピュータ言語」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「コンピューター言語」のニューストピックワード