前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 人工言語

    人工言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    コンピュータで用いるコンピュータ言語などの形式言語人工言語 フレッシュアイペディアより)

  • バートランド・メイヤー

    バートランド・メイヤーから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    バートランド・メイヤー (フランス語読みではベルトラン・メイエル、1950年 - ) は、オブジェクト指向プログラミング言語 Eiffel を開発したフランス出身のコンピュータ科学者、コンピュータ言語における書籍の著者、研究者、コンサルタント。バートランド・メイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 基本情報技術者試験

    基本情報技術者試験から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    また、コンピュータ言語のプログラミングに関する問題が出されることから、主にプログラマ向けの能力認定試験として、情報産業界では古くから重要視される。基本情報技術者試験 フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング用語 (分野別)

    プログラミング用語 (分野別)から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    プログラミング言語は人工言語、コンピュータ言語の中の1群である。プログラミング用語 (分野別) フレッシュアイペディアより)

  • バーティカルバー

    バーティカルバーから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    特に、コンピュータ言語や数学などで主に使用され、手紙や一般的な書物で使用されることは少ない。バーティカルバー フレッシュアイペディアより)

  • Extensible Markup Language

    Extensible Markup Languageから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    マークアップ言語とは、コンピュータ言語の一種で、文章の論理的な構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を、文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。Extensible Markup Language フレッシュアイペディアより)

  • 問い合わせ言語

    問い合わせ言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    問い合わせ言語(といあわせげんご、query language:略記QL)とは、コンピュータのデータに対して問い合わせをするためのコンピュータ言語である。問い合わせ言語 フレッシュアイペディアより)

  • スタイルシート

    スタイルシートから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    スタイルシート言語()とは、構造化文書の見た目を記述するコンピュータ言語。構造化文書とは、節や段落が明確に定義・分類された文書である。内容が明確に分類されているので、その文書を表示するプログラムは任意の表示スタイルを設定できる。広く使われているスタイルシート言語としてはCSSがあり、HTML、XHTML、SVG、XUL、その他のマークアップ言語で書かれた文書のスタイルを指定するのに使われる。構造化文書の利点の一つとして、内容を様々な状況で再利用でき、様々な方法で表示可能という点が挙げられる。構造化文書の論理構造に異なるスタイルシートを付与することで、異なる表示が得られる。スタイルシート フレッシュアイペディアより)

  • 擬似言語

    擬似言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    擬似言語(ぎじげんご)とは国家試験である基本情報技術者試験の午後試験において2009年春の問題から出題されている、コンピュータ言語のひとつである。擬似言語 フレッシュアイペディアより)

  • 名前解決

    名前解決から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    コンピュータ言語の式には、識別子が含まれる。式の意味は、その識別子が指す実体が何であるかに依存する。識別子がその文脈において何を指すのかを決定するアルゴリズムは、その言語の定義の一部である。名前解決 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「コンピューター言語」のニューストピックワード

  • クラウド・アプリケーション基盤開発担当グループ・バイスプレジデント

  • マイクロサービス向けを強化

  • RxJava 2.0.0