58件中 11 - 20件表示
  • 言語プロセッサ

    言語プロセッサから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    言語プロセッサ(げんご?、language processor)はあるコンピュータ言語を別のコンピュータ言語に翻訳・変換するソフトウェアの総称。言語プロセッサ フレッシュアイペディアより)

  • RDFクエリ言語

    RDFクエリ言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    RDFクエリ言語(英: RDF query language)とは、Resource Description Framework (RDF) 形式で格納されたデータの検索と操作が可能なコンピュータ言語である。RDFクエリ言語 フレッシュアイペディアより)

  • 変換言語

    変換言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    変換言語(へんかんげんご、Transformation Language)とは、入力テキストを所定の形式言語に変換して出力するコンピュータ言語の一種のことである。変換言語 フレッシュアイペディアより)

  • データ記述言語

    データ記述言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    データ記述言語(データきじゅつげんご)またはデータ言語とは、コンピュータにおいて扱うデータを記述するための人工言語である。プログラミング言語などと同じコンピュータ言語の1種であり、HTMLに代表されるマークアップ言語などがある。データ記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • インタフェース記述言語

    インタフェース記述言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    インタフェース記述言語()またはインタフェース定義言語()は、ソフトウェアコンポーネント間のインタフェースを記述するのに使われるコンピュータ言語である。IDL と略記されることもある。IDL はプログラミング言語に依存しない形式でインタフェースを記述するため、異なるプログラミング言語で書かれたソフトウェアコンポーネント間の通信を可能にする。例えば、C++とJavaで書かれたコンポーネント間などに利用できる。インタフェース記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • データ定義言語

    データ定義言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    データ定義言語(データていぎげんご、)は、コンピュータ利用者あるいはアプリケーションソフトウェアが、コンピュータのデータを定義するコンピュータ言語もしくはコンピュータ言語要素である。データ定義言語 フレッシュアイペディアより)

  • トップダウン構文解析

    トップダウン構文解析から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    トップダウン構文解析(トップダウンこうぶんかいせき、)は、関係の不明なデータを解析するにあたって、仮説的な汎用構文木構造を使い、既知の基本構造がその仮説に適合するかどうかを調べる戦略である。自然言語とコンピュータ言語の解析に使われる。トップダウン構文解析 フレッシュアイペディアより)

  • アーキテクチャ記述言語

    アーキテクチャ記述言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    アーキテクチャ記述言語(Architecture Description Language、ADL)とは、ソフトウェアアーキテクチャやシステムアーキテクチャを記述するためのコンピュータ言語である。ソフトウェア開発者がアーキテクチャについてやり取りする場合や、開発者と発注元との認識あわせに使う。アーキテクチャ記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • インテンショナルプログラミング

    インテンショナルプログラミングから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    このコードには多くのコンピュータ言語に必ず存在する制御構造であるループが出てくる。この場合それは for という構文で表されている。これをコンパイルし、リンクして実行すると、10回ループを実行し、ループする度に i がインクリメントされ、表示される。インテンショナルプログラミング フレッシュアイペディアより)

  • XHTML Mobile Profile

    XHTML Mobile Profileから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    XHTML Mobile Profile(XHTML MP)は、ハイパーテキスト型コンピュータ言語の規格であり、携帯電話などのリソースの限られた機器で利用することを目的として設計された。XHTML Mobile Profile フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「コンピューター言語」のニューストピックワード