58件中 21 - 30件表示
  • ページ記述言語

    ページ記述言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ページ記述言語(ページきじゅつげんご、、略称PDL)は、プリンターに対して描画を指示するためのコンピュータ言語である。ページ記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • カール・サセンラス

    カール・サセンラスから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    カール・サセンラス(英: Carl Sassenrath、1957年 - )は、オペレーティングシステムとコンピュータ言語の設計者。1985年、AmigaOSのカーネルを開発し、パーソナルコンピュータにマルチタスクをもたらした。最近では、REBOL言語を設計し、REBOL Technologies の CTO を務めている。カール・サセンラス フレッシュアイペディアより)

  • 言葉

    言葉から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    各種符号 - 狼煙・旗・モールス符号?コンピュータ言語言葉 フレッシュアイペディアより)

  • m4 (プログラミング言語)

    m4 (プログラミング言語)から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    それ以前のマクロプロセッサとは異なり、特定のコンピュータ言語や自然言語を対象としたものではない。ただし、本来はFORTRANの方言であるRatforの開発で使うためのものだった。他のマクロプロセッサとは異なり、m4 は一般的なプログラミング言語と同様、チューリング完全である。m4 (プログラミング言語) フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスプロセス管理

    ビジネスプロセス管理から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    このような問題に対処するため、ビジネスプロセス全体をコンピュータ言語で記述し、それをコンピュータが直接実行するというソフトウェアが開発されてきた。このシステムは各種アプリケーションを統合して利用し、プロセスが複雑すぎて自動化が困難な場合は人間に入力を促すメッセージを出力する。従来の方式に比べると、プロセスの定義を直接実行する方式は直観的で改善しやすい。しかし、このような自動化を行うには柔軟性のある新たなインフラストラクチャを必要とし、古くからあるIT資産上では実装できない。ビジネスプロセス管理 フレッシュアイペディアより)

  • チャートパーサ

    チャートパーサから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    チャートパーサはコンピュータ言語の構文解析にも利用可能である。アーリー法は任意の文脈自由文法の構文解析が可能で、特定の言語の文法記述が容易であることから、パーサジェネレータで使われてきた。しかし、他の一般的手法よりも効率が低いため、主要なコンパイラでは使われていない。チャートパーサ フレッシュアイペディアより)

  • 総合的な学習の時間

    総合的な学習の時間から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    BASICや機械語などの人工言語(コンピュータ言語)が存在することや、簡単なコンピュータゲームなどのプログラムを自分自身で動かすことで、人間の作業によって情報環境が整えられることを理解すること。総合的な学習の時間 フレッシュアイペディアより)

  • データベース言語

    データベース言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    データベース言語(データベースげんご、)は、コンピュータのデータベースを扱うためのコンピュータ言語である。データベース言語 フレッシュアイペディアより)

  • 予約

    予約から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    コンピュータ言語の予約語。言語仕様上のキーワード等に使われるため、プログラマは予約語を識別子として使うことはできない。予約 フレッシュアイペディアより)

  • S言語

    S言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    S言語 (えすげんご) とは、1984年、AT&Tベル研究所のJohn Chambers、Rick Becker、Allan Wilks らによって研究・開発された統計処理言語である。当初は「Sシステム」と呼ばれ、UNIX上における統計処理を行うソフトのコマンドの役割を果たす言語として開発された。S言語 フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「コンピューター言語」のニューストピックワード